愛車を磨いて、水道橋まで走ってみました。

  • 2018/05/20(日) 07:10:55


201805200210271c4.jpeg


最近買った愛車。といっても入門用の
クロスバイクで、ちょっと慣らしで
自宅から飯田橋、水道橋方面へサイクリングに出かけました。

最近、半年くらいずっと自転車がなく、歩いて
ばかりいましたが、いい季節になり風を感じる
のもいいかと思い、思い切って購入しました。

タイヤの細さはクロスバイクそのものですが
その他は街乗りしやすい仕様なので、まだまだ
何ちゃって感がありますが、ブランドは一応
有名メーカーです。

不安定だけど走っている感、伝わる感じが心地いいです。
少しはダイエットになるかなと思います。



ほんとうはビアンキのクロスバイクでローマ2の
チェレステカラーがデザイン的にも性能的にも
かっこよくて憧れていてずっと欲しかったのです。

ただ仕事でも一部使うし、ちょっとそこまでという
軽い使い方が多く、長距離乗ることはあまりないし、
盗難リスクも高いので安心して乗れないのもネック。

まあ予算的なこともありまして、今回の決断に至りました。

昨日はかなり、走ったので休んだ後疲れて、ふと考えごとを
していて、帰りに自転車で来ていることを忘れて歩いて駅に
向かってしまいました。習慣は染み付いているし、脳が疲れて
体も疲れて、楽をしたくなったのかもしれません。



下記はサイクリングに使うのにちょうどいいメッセンジャーバッグ。

財布二つ、スマホ、携帯、Wi-Fi、充電器、メモ帳だけを
入れて、乗りましたが、汗もかくので、ミニタオルも必要かなと。


201805200210285c9.jpeg

ほんとうは、サコッシュも欲しいのですが
我慢します。

会社バナー 2






スポンサーサイト

社員旅行 ベンチャー企業で人気?

  • 2018/05/19(土) 10:42:40


昨日のWBSの社員旅行のニュースですが、
大変興味深い内容でした。

ベンチャーは、「次の社員旅行を目標にして
仕事を頑張れる」といっていたインタビューは
まさにそのとおりだと思います。

大手企業とは違い、自分たちの頑張りが
すぐに業績にあらわれます。


社員旅行のメリットは、離職率の低さをあげていた
創設7年目のベンチャー企業では、
過去4人退職しただけで、離職率4,3%の
会社ということでいい事例で紹介されて
いました。

その会社年二回社員旅行うち一回は海外。
年間予算1500万円だそうです。なんだか、
学生のサークルのような感じの楽しさ、
ノリがありました。

このような旅行の企画をたてたり、役割を
任されたりしながら、さらに個人は成長していく
人が多いことと思います。





お祭りです。弊社周辺は、賑やかです。


会社バナー 2







ピーク ・エンドの法則

  • 2018/05/18(金) 07:30:16

ある出来事について、楽しさや苦しさ、喜びや悲しみが深く印象に残る
のは、ほぼ完全に、その出来事のピーク(絶頂期)とエンド(最終局面)の
状況に依存します。

この心理現象を、心理学では「ピーク・エンドの法則」と言い、
あらゆるところで活用されています。

詳細は省きますが、かなりビジネスでも実践できることが
ありそうです。最後の別れ際に、インパクトのある演出とか
いいかもしれません。

株式投資の例でもビジネスでも恋愛でもいいですが
こちらがわかりやすい記事ですのでご紹介します。
http://psychological-jp.com/analysis2/peakend.html


プロスペクト理論で有名な あの ダニエル・カーネマン が
発表したとのことでプロスペクト理論といえば、このブログの読者
なら知っているヒトも多いかもしれません。

参考 プロスペクト理論とは、人は利益を得る場面では「確実に手に入
れること」を優先し、反対に、損失を被る場面では「最大限に回避
すること」を優先する傾向があるという行動心理を表した理論です。

引用 
https://swingroot.com/prospect-theory


外回りをしていて、ついついこの窓が気になりました。
記憶に残るビルなので少しお得かもしれません。
20180510153825a1d.jpeg

会社バナー 2




第一生命保険株式会社様 ビズプライム インタビュー取材 と 記事監修

  • 2018/05/17(木) 07:30:14

2018年 6月 第一生命保険株式会社 様が発行している
マネジメント情報誌の「ビズプライム」の記事の巻頭特集で
インタビュー取材を受け、その内容をかなり反映してプロに
に書いてもらいましてその内容の法律面、その他表現について
監修しました。かなり難しいテーマでもあり、私もいろいろたくさんの
ことを話したのですが、大変よくまとめていただきました。

文章はほんとうにプロが書いているので読みやすく、文章力も
あり、企画も含めてそのつながり、最後の部分にいたるまとめの
ところまでとても素晴らしい読んでいて納得のいくすっきりした記事でした。

巻頭特集ということでトータル6ページにわたる盛りだくさんの内容
でしたがとても役に立つ内容になっておりますのでぜひ中小企業の経営者
様には読んでいただきたく思います。第一生命保険株式会社様との
お付き合いがある方は騙されたと思ってぜひご覧になってみてください。

特集 人材確保の成否のカギ 福利厚生で選ばれる企業に
20180511235208-0001.jpg

20180511235147-0001.jpg




会社バナー 2




裁量労働の28歳男性社員、過労死認定

  • 2018/05/16(水) 23:08:38

産経新聞によると

不動産関連のIT会社で、裁量労働制を適用されて働いていた28歳の社員
が昨年、くも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署(東京)が今年4月に
過労死として労災認定していたことを遺族側代理人が明らかにしたことで
今回、このようなニュースになり、今、問題になっている裁量労働制の
悪用です。

今回、労基署は最長で月約184時間の残業を認定したとのことで
単純に考えるなら、普通の人の倍の労働時間働いていたと
いうことになります。

専門型裁量労働制を悪用しているIT関連企業はたくさんありますが
これだけ騒がれていてもそのまま運用を変えないでいるのはリスクであります。

小さな会社でもこのような過労死認定されれば、さすがに企業経営に
影響が出ますし、取引停止される可能性もあります。何より人の命が
関わっているものです。会社は全責任を負うことになります。


わかっていて放置する、どうしようもない、ひらきなおって解決方法に
ついて考えず文句ばかりを言っても意味はありません。

このようなきっかけで変わることができれば一番いいと思います。



以下 

産経新聞より そのまま引用

不動産関連のIT会社(東京都豊島区)で、裁量労働制を適用されて働いていた男性社員=当時(28)=が昨年、くも膜下出血で死亡し、池袋労働基準監督署(東京)が今年4月に過労死として労災認定していたことが16日、分かった。遺族側代理人が明らかにした。労基署は最長で月約184時間の残業を認定した。

 代理人の川人博弁護士によると、男性は平成25年5月に入社し、システム開発業務に従事していた。昨年7月にチームリーダーに昇格すると、「専門業務型裁量労働制」が適用された。

 同月下旬には「頭が痛い」と家族に訴えていたが、8月18日に自宅のアパートで死亡しているのを発見された。それ以前から友人に「身体の疲れ方が尋常じゃない」などとツイッターで伝えていたという。

 労基署の認定によると、死亡前2カ月の残業時間は平均87時間だったが、3カ月前は月約184時間だった。昨年7月4~6日にかけては、納期に追われて会社に泊まり込みで連続3日間勤務していた。

 男性の母親(58)は「今後、息子と同じような犠牲者が出ないように会社に求めます」とコメント。同社は「担当が不在であり、認定通知を受け取っていない」としてコメントを控えた。

 裁量労働制をめぐっては、野村不動産の50代男性社員が過労自殺したことが3月に発覚。厚生労働省の労働時間調査に異常値が多数見つかったことで、今国会の働き方改革法案から裁量制の対象業務拡大を切り離した経緯がある。




大戸屋のばくだん丼 ヘルシーなので気に入っています。

2018042721514415a.jpeg




会社バナー 2