FC2ブログ

ナッジ理論とは?

  • 2018/12/14(金) 07:30:08

去年になりますが、ノーベル経済学賞受賞
で話題になったナッジ理論を思い出す
きっかけが、小泉議員の発言により運良く
ありましたのでまとめておきます。


言葉くらいは、聞いたことあると思いますが
よくわからない人もいるかと思います
のでシンプルかつ簡単にまとめておきます。

ナッジ(nudge)とは、英語で「軽く突く」
という意味であり、「そっと後押しするもの」
です。

このナッジ理論は行動経済学の分野での
言葉であり、ナッジとは
「社会や環境、そして自分にとってより
よい行動を促すこと」を指しています。

下記より一部引用
https://limo.media/articles/-/5037


例えば、身近な例でいうと、コンビニの
レジの前に足跡をつけておいて、そこに並ぶ
ことを誘導するということや、特定のメニュー
にだけ「おすすめ」を表示することなどが挙げられます。

ここで大事なのは、「あくまで消費者には選択の
余地を残した上で、自発的に選択したという感覚を
与えること」です。

イギリスの納税率アップのために、
納税通知書の中に「同じ地域の住民
たちの納税率」を併記して、納税率が
最大では20%増えるなど、お金を
かけずに、大きな成果をあげたことなどは
有名な話のようです。

イギリスでは2010年、アメリカでは2015年から、
「ナッジ」を公共政策に活用していますので
厚生労働関連についても小泉議員は、ナッジで
改革していこうとするのでしょうか。
期待しています。

ナッジは、ビジネスにおいてもいろいろ
使われていますので、勉強して損はありません。

最近、このサイトを今、5人の方がご覧になっていますとか、
あとは、楽天のサイトで、注文状況を随時、アップして、
上から下にどんどん流れていくのをみますとついつい、私も
買おうかなと思うのもナッジかと思いました。

小泉さんの今年の言葉は、ナッジ ということなので
巷であふれている、漢字一字で表すと?

などという言葉より、なんか賢い感じがしますので
いい印象が残ります。


小泉進次郎さんのブログ ナッジ
https://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-12422659472.html



こちらは最近たまに食べるミニストップのフォンダンショコラ です。
ダイエットは忘れていませんが・・・。

ソフト無料券で食べれるので絶対こちらを頼んだ
ほうがお得ですね。店員さんがよくわかっていなくて
最初使えないと言われたのは、気分が悪かったです。


20181120012329ac7.jpeg

201811200223013a8.jpeg






会社バナー 2


スポンサーサイト

出向先で役員就任の場合、雇用保険は喪失?

  • 2018/12/13(木) 16:38:05


出向先で役員就任の場合、雇用保険は喪失することに
なるのでしょうか?

在籍出向しており、給与の支払いを出向元で
支払っている場合、雇用保険はそのまま加入で
いいです。

一方で労災保険については、役員には適用に
なりませんので、注意しましょう、特別加入して
対応するという方法もありますし、民間の傷害
保険などでカバーすることを検討しても
いいかもしれません。


最近、たまに行く飲食店の中の風景を撮影。
食物ばかりなので、たまにはこんか感じがいいもの。

2018112002230123e.jpeg



会社バナー 2


魚屋路 美味しい回転寿司

  • 2018/12/13(木) 07:30:09

20181120012255eaa.jpeg

20181120012256692.jpeg

201811200122583a3.jpeg


先日、私がずっと以前から行きたかった、「魚屋路」というお店。

スシローとかよりは落ち着いた感じで価格帯もちょっとだけ
高いけど、そんなにいうほど高くなく、個人的には推している
回転寿司に行ってきました。

「魚屋路」 何と読むのか知っていますか?
ととやみち と読みます。

東京だと自宅近くまたは会社から行くとなると意外と
店舗は少なく、品川にあったのでここに決めたと
思ったらプリンスホテルのある品川駅ではなく
まあ品川区には違いないが、ちょっと遠いかなというところ。

次に候補となったのが南千住ですが、これまた
駅から遠いけどあえてチャレンジしてみました。

スシローやくら寿司、はま寿司などとはちょっと違う
グループの回転寿司です。銚子丸に近い価格帯でしょうか。

こちらのお店 魚屋路は、まだまだ店舗数は
少ないのですが、それでも人気は高く、混雑しています。

格安というわけではないですが、ネタはかなりよくて
おすすめです。どれも美味しかったです。

どうしてここに注目しているのかというと、それは
すかいらーく系だからです。

外食の雄、すかいらーくに、こんな業態があることを
知らない方も多いかもしれませんがぜひ一度行ってみてください。

変わったネタといえば、湯葉の寿司も食べました。
南千住店は行ったので、次は品川か? いや福生とかまで
行ってみるとするか。


201811200122543a4.jpeg


会社バナー 2






勤務間インターバル 実務ではどうする?

  • 2018/12/12(水) 07:30:13

勤務間インターバル  とは、勤務終了後、一定時間以上の「休息時間」を
設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保することをいいます。

だいぶ言葉自体は浸透してきている感じはしますがいかがでしょうか。

 2018 年6 月29 日に成立した「働き方改革関連法」に基づき
「労働時間等設定改善法」が改正され、前日の終業時刻から
翌日の始業時刻の間に一定時間の休息を確保することが
事業主の努力義務として規定されました。

2019 年4 月1 日から施行されることになっておりお客さんとの
話題でも最近多くなり、また就業規則にも記載する方法についても
質問されたりすることもあります。

今回、勤務間インターバル制度は努力義務ではありますが、
できれば企業は導入したいところです。

目的は従業員の健康確保にありますが、これを機会に発想を変えて
業務改革のきっかけにして、生産性を向上させることを狙いにすれば
いいのではという話をしています。

努力義務だから関係ないというのは企業のスタンスとしてはよくないですし
一応理解しておかないといけないし、また無関心ではいけません。

会社側だけではなく働く側も気にしているところでありますから
やはりどのように実務で対応するか悩むところです。

さて、実際に導入している会社の割合は、厚生労働省の
最新の調査では1.8%(平成30年就労条件総合調査)とかなり少ないです。

今回の法律の改正によりニュースでも取り上げられる機会が増えれば
認知度も高まり、徐々に意識も変わってくるものと思われます。

実際にEU(ヨーロッパ連合)加盟国では、1993年に制定され11時間の
休息時間を義務化しています。

確かに法律上では休息時間については規定がないが、厚生労働省
の有識者検討会は、休息時間を「8~12時間」と例示する報告書をまとめて
発表されておりこれらが資料に事例として掲載される見込みです。

今後もルールをどのように定めるかは厚生労働省の導入企業の
事例集などを参考にしてもいいかもしれませんが、中小企業の場合、
どのようにするか、社員数100人未満くらいのところで
あれば、できないことはないのかと思います。

インターバルをとれない理由があるわけで、原因がわかれば
現場を工夫して変えるしかないです。

インターバルが短すぎても効果がないし、無理して12時間と
規定しても現実的に守れない人がいるのでは意味がありません。

何のためにするか?ということをよく考えて
整理して、魅力的な職場づくりのことも考えて、
中途入社する社員などにアピールする材料にしても
いいでしょう。

いずれにしても労使で話し合いのうえで現状の問題点を
分析し始めてから、そのあとで個人ごとの業務の洗い出し
などから丁寧に始めてみていただきたいと思います。

やはり何事もきっかけが大事です。法律改正を理由に
会社が変わる。それが努力義務だとしても・・・使い方次第ですね。




こちらは、TOPSのチョコレートケーキ 
くるみの食感が最高。

自分へのご褒美です。持ち帰り用に一番小さい
一人から二人用を買いましたが、一人で一気に
全部食べちゃいました。こりゃもう少し多くてもいけそうです。



20181210151315135.jpeg


会社バナー 2



頑張れは禁句

  • 2018/11/16(金) 07:30:02

うつ病の人に「頑張れ」は禁句というフレーズは
流行語のように広がって、何となく理解はしているが
ついつい言葉にしてしまいがちなので注意しないと
いけません。

それはうつ病の人はまじめな人が多く、今までも
頑張ってきていたけど急に体が動かなくなったり、
してしまったり起きれなくなったりしているだけで
頑張ろうと必死に努力していることが多いのに
安易に人間関係ができていない人が、

気軽に「頑張れ」などと言えば、これ以上どう頑張れば
いいんだ。もう無理。限界ということになってしまうのです。

最近は、メンタルヘルスに関してどのように部下に接して
いけばいいか、特に復帰後、あるいは通院中の部下には
気をつかいすぎてそれがぎこちなくなり、それを敏感に
部下が察知してしまうと、それが重くなって、また部下の体調は
悪化してしまうこともあります。

本当に難しい世の中になりました。

さて頑張れ という言葉は安っぽいと思いますが無意識に使って
しまいがちなので、うつ病の人に対してだけでなく
自分自身が絶対に使うのは辞めると決めて
少しNGワードとして設けてみるのもいいかもしれません。

何かいい言葉で置き換えられるといいのですがそういう都合の
いい新しい言葉、考えてみたいところです。




こちらはサイゼのエビサラダ エビでエネルギー注入。


20181006010010210.jpeg


会社バナー 2