ねぎしで一人ランチ

  • 2009/02/18(水) 02:00:00

先週、新宿でアポイントの合間に珍しく時間に余裕があったので、牛タンを食べるために、牛タン新宿ねぎしにて寂しく1人ランチをしました。普段は、残念ながらゆっくりランチできるということはまずないのですが、たまにビジネスパートナーとゆっくりいろいろ情報交換しながらランチをするのはひそかな楽しみになっています。

negishi

牛タンが売りの店なので、やはり1200円の牛タンねぎし定食を注文すると上記のとおり。

味は、なかなかおいしい。オーストラリア産の牛タンは、カロリーも他のお肉よりはかなり低めです。仙台の太助というお店の牛タンが大好きな私にとっては、★3つとはいえないが、月に1度くらいはいきたいところです。

チェーン店はある程度安心感があるので、私などは気がつくと入ってしまう習慣があるようです。それは田舎や外国でもマクドナルドがあれば安心して入ってしまったりすることが多いのと同じだと思います。それはやはりブランドでもあるわけですが、このねぎしですが、現在22店舗あります。

創業は、昭和43年と結構歴史のある会社ですが、企業コンセプトがしっかりしているところが魅力です。株式会社ねぎしフードサービスは、今後どのような方向に向かっていくのか見守っていきたいと思います。

スポンサーサイト