弊社のエントランスに絵を飾ってみました。

  • 2009/01/08(木) 07:09:50

弊社へ来社されたことのない皆様のために、今日は弊社のエントランスの受付コーナーをご紹介したいと思います。

以前から、受付テーブルは、形状がユニークで使い勝手がいい木目調の色合いがでているハイタイプのカウンターテーブル(コクヨ製)です。

あとは、緑もあったほうがいいということで植物をちょっとだけ置いています。水をやるのは、みんなで交替でといいながらも、結構任せてしまっています。(反省)

そして今回は、スチールのローパーテーショに、絵を飾ることにしたですが、結構悩みました。

あまりアート色が強くてなってもいけないし、また暗い気持ちになるような絵でもいけないのである程度明るくて、元気の出るようなものがいいかなと思い選んだのが、昔私が好きだったオーストラリアの画家ケン・ドーンの作品。



この作品は、1995年にKen Doneが描いた真夏のシドニー湾です。題名は「君がここにいたならなあ」。間接照明を左側から使っているので少し光っていますが、それがまたいい味を出しているのではないかと勝手に思い込んでいます。

最後に今日いいたかったことは、今はオフィスの環境もワークライフバランス対応にしていかなければなりませんので、お客様だけでなく毎日働く社員が目にする回数も多いエントランスにも工夫をしなければいけないということです。そうはいってもあまり関係ないんじゃないかと思っている方も多いと思います。でも一度騙されたと思ってやってみてください。朝からとてもすがすがしい気持ちになりますよ。

さて、皆さんは、この絵を選んだセンスどう評価しますか? 

「まあまあじゃない」と思った方ぜひとも応援クリックをお願いします。
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  





スポンサーサイト