「家族と早帰りデー」 三井住友銀行

  • 2009/08/13(木) 11:00:21

8月12日 MSN産経新聞

「家族と早帰りデー」 三井住友銀行


三井住友銀行は12日、夏休み中の行員の子供らに職場見学をしてもらったあと、終業時刻の午後5時10分に、家族と一緒に帰宅してもらう「家族と早帰りデー」を全国の営業拠点で実施した。

 「家族と過ごす時間の大切さを実感してもらおう」との趣旨で、開催は今回が初めて。大阪市中央区の大阪本店では、23人の行員の家族約60人が参加した。子供たちは父親が勤務している職場で、事前に作ってもらっていた自分の名刺を父親の上司や同僚らに配った。

 妻と2~7歳の3人の男児が見学に訪れた法人審査第2部の桜井昭礼さん(35)は「こんなに早く帰ることは普段はまずない。家に帰って食事をして、子供たちを風呂に入れてやりたい」と話していた。(引用ここまで)

同じニュースですがちょっとだけ内容が違うのでこちらもアップしておきます。

8月13日 日テレ NEWS24

三井住友銀行「家族と早帰りデー」

三井住友銀行」は12日、従業員の家族を職場に招待し、従業員と家族が定時の終業時刻に一緒に帰宅するイベント「家族と早帰りデー」を行った。

 このイベントは、従業員の家族を職場見学に招待し、終業時刻の午後5時10分に従業員と家族が一緒に帰宅するというもの。ワークライフバランスの推進を目的に、今年から全国の店舗で実施している。

 東京・大手町本部のコンサルティング事業部では、従業員の子供たちが職場での父親の姿を見て「いつもと雰囲気が違う」「意外と机の上が片付いている」などと感想を話していた。(引用ここまで)



ワークライフバランスの推進のためには、このような制度は欠かすことができません。子供がお父さんの職場、お母さんの職場をみるというのは、子育てのため、将来のため、またお父さんの違った一面をみせてあげるためにも必要です。

ちょうどお盆前ということで、会社にとっても最高のタイミングで実行したわけですが、ほんとうに5時10分で帰ったみたいです。NHKのBSニュースでは退社する模様がニュースで取り上げられていました。

子供が名刺交換したりするのが楽しかったというインタビューを聞いて、やはりいいイベントだと思いました。キッザニアに人気が集まるのはよくわかりますが、ほんものの銀行に入れて、金庫とかを見せてもらえるのですから、子供にとっては貴重な経験ですね。

いずれにしても銀行をはじめとした大手金融機関こそ、普段帰りが遅いのですから、たまには家族サービスのためにも会社が協力するのもよいでしょうし、企業のイメージに良くなりますので、ぜひとも今後も続けてほしいです。


参考までに約1年ほど前に紹介している三井住友銀行のブログ記事

8月21日 フジサンケイ ビジネスアイ三井住友銀も参観日 接客にドキドキ

只今、ブログランキングに参加中です。是非、応援のクリックをお願いします↓ 株式会社アイウェーブのHP  ■8月21日 フジサンケイ ビジネスアイ三井住友銀も参観日 接客にドキドキ三井住友銀行は21日、夏休み中の行員の子供に職場を見学してもらう「子供参観」を東京都千代田区の東京営業部で開催した。職場見学を通じて家族の理解を深め、行員が仕事と家庭生活を両立させる「ワーク・ライフ・バランス」の向上につ...
三井住友銀も参観日 接客にドキドキ



この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2


スポンサーサイト