派遣打ち切り・内定取り消しの緊急相談窓口が開設

  • 2008/12/16(火) 07:21:43

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



12月15日 yomiuri online

派遣打ち切り・内定取り消しの緊急相談窓口が開設

雇用情勢が急激に深刻化する中、全国187か所のハローワークで15日、契約を打ち切られた派遣労働者に住宅をあっせんしたり、生活費を低利融資したりする相談受け付けが始まった。東京都もこの日、派遣労働者や採用内定を取り消された学生を対象に、緊急相談窓口を開いた。

 ハローワークでは全国に約1万3000部屋の空き室がある「雇用促進住宅」への入居を紹介したり、家賃や生活費の貸し付け相談に応じたりしている。愛知県豊田市のハローワークに相談にきた派遣社員男性(52)は「先週末、派遣会社から『1月15日で辞めてもらう。寮も出てほしい』と通告された」と話していた。

 一方、東京・飯田橋の都労働相談情報センターでの相談会には、「給与が2か月未払いなのに、会社から何の連絡もない」「来春就職する息子が、会社から『内定を取り消すかもしれない』と言われた」などの相談が電話で寄せられ、弁護士らが応対した。
(引用ここまで)

ハロワ

15日は午前中、飯田橋ハローワークに行ってきましたところ、上記の案内看板が目立つところに出ていました。いくらこのようなところに出しても、相談に来る人は想像以上に少なく、本当に相談にきてほしいというひとには、その声は届かないものです。

特に住居の問題は深刻です。急に契約更新しないで、会社の都合だけで寮も出て行ってくれというのはひどい話です。それぞれみんな事情を抱えているので、面談をするなどして、状況が厳しい人には退職後も1~2ヶ月ぐらいは、貸しておいてもいいという措置をとってもよいのかと思います。このようなときはお互い様ですので、一人一人が助け合いの精神を忘れないでいただきたいと思います。




スポンサーサイト