「若者はなぜ3年で辞めるのか?」 を読んでの感想

  • 2006/11/25(土) 00:25:16

先日、途中まで読んでいて、しばらく読んでいなかった本で、やっと一気に読み上げることができた本があります。最近読んだ中では、一番良かった本といってもよいでしょう。私がずっと心の中にひっかかっていたことをずばり書いているので実に気持ちがいいものであります。

 また私も、上場企業に勤め、悩んだ結果として、レールの上から降りた人間だったので、当時を振り返ってみても私が思っていたことを鋭く分析し提言している点は、とても素晴らしいです。

その本とは、 「若者はなぜ3年で辞めるのか?」 年功序列が奪う日本の未来 です。

出版社と著者の紹介文によると

出版社/著者からの内容紹介
年功序列は終わったと言われて久しい。いまや、上場企業の約9割で成果主義が取り入れられている。とすれば、やる気と才能、そしてハッキリ
したキャリアビジョンさえ持ち合わせていれば、若くても活躍できる時代になったのだろうか。いや、そんなことはない。状況はむしろ逆だ。いまの時代、汗水たらして働いても、若いときの苦労はけっして報われない。下手をしたら、一生下働きで終わる可能性もあるのだ--「3年で3割辞める」新卒離職率、「心の病」を抱える30代社員の急増、ニートフリーター問題......。ベストセラー『内側から見た富士通成果主義」の崩壊』の著者が、若者の視点で、いまの若者をとりまく問題の核心に迫る。

はじめの方に書かれている「昭和的価値観」という言葉について、みなさんも本を読めば、納得してしまうのではないでしょうか。

「勉強して一流の大学に進学して大企業に就職すれば定年まで安泰」という年功序列の昭和的価値観には、就職して、はじめて何かがおかしいと気づくわけです。それは当然のことですが、最近の若者はこの価値観の崩壊にとまどうわけです。もちろん就職してすぐこの価値観は崩壊していて、先行きに疑問を感じ,退職していくのは優秀な人なのかもしれません。

昭和的価値観についていえば、時代的には私も含めて私の高校時代の同級生などは、あまり深く考えず偏差値の高い大学に入学し、大企業に入り、銀行に入行するのが親も安心するし、給料もいいし、レールにのっているだけで、自動的に保証されて定年まで何ら不自由がないと思っていたわけです。

しかしながら経済が右肩あがりで続く前提であれば、大企業に就職し、昇進していき、定期昇給し、管理職のポストについていい給料をもらえるから、最初は安くて、つまらない仕事であってもがまんしてやってきたわけですが、現状はそういうことにはなっていません。

年功序列の崩壊を成果主義という名を使った人事制度でカバーし、その結果若者が被害を受けてきています。かっこいい言葉を使いながらも年功序列の中で今の部長などについている人には、何ら影響のないものであることも著者がここでよく使っている和製成果主義の特徴であるわけです。

若者にはこの本を読んで、みんなで自己主張し、自分のキャリアを深く考えるきっかけにしてもらえればと思っています。
そして経営者の方には、特に若者の価値観を理解するように努め、会社の制度なども変えていかないと 優秀な人材は、採用してもすぐに退職してしまうでしょう。これからは、年功序列はすでに崩壊しているわけですから、中途半端な年功序列は残さず、初任給も基準などはあまり設けず、職務で判断される完全実力制度であるべきだと私も思っています。既得権益にこだわる政治家や仕事のできない50代管理職という抵抗勢力に負けているようでは、会社経営は難しいといえるかもしれません。

スポンサーサイト

大学のOB会に行ってきました。

  • 2006/10/17(火) 01:14:17

先日、お誘いを受けて大学のOB会に行ってきました。会場は、ホテルでしたが、100人近くの参加者で、大いに盛り上がり充実した1日を過ごすことができました。

 ちなみに私の母校は、立命館大学で京都に学校があります。私のころにはまだなかったのですが、大分の別府にも 特色があってかなり外部の評価の高い立命館アジア太平洋大学(APU)もでき、その卒業生も社会に出て活躍しております。

京都にある大学ということで、首都圏でのOBの数は、関西地区に比べるとかなり少ないですし、ネットワークなども慶応に比べると劣ることは確かですが、私たち立命人は負けてはいけないと思っています。

またOB会では、交流会の前に、文学部の本郷教授の講演を拝聴し、本当に感銘を受けました。熱意があって、はっきりと批判(意見)を言えて、頭が柔らかくて、若くて優秀な教授には、ぜひとも期待したいと思いました。あの教授なら改革がきっとできます。

そして校友会事務局長もおっしゃっていましたが、今後の教育の大競争時代に勝ち組であり続けるためには、大学、付属校同窓、校友OB
 「34万人」 の結集が絶対に欠かせません。

今年は、立命館大学附属小学校も新たに開校し、附属中学校3校 附属高校4校とネットワークはますます拡大しております。

1人1人の力は、微々たるものですが、それが集まったときに大きいパワーになります。私もその1人としてできることから考えて、学校にそして社会に貢献していこうと思います。

立命館大学は、最近出版社などから高い評価を受けております。そして就職への支援については、私たちのころからも評価も高く、ほぼ常にトップであり、卒業生として誇りをもてる部分でした。

就職支援だけでなく、学校法人立命館の戦略を同じように真似するライバルも最近増えてきて差別化していくことが大変になっているという話も聞きました。教育界のリーダーであるために新しいことを行っていかなければならないわけですが、この原点もヒトのつながりや絆が大事になってくるのではないかと私は思っています。

最後に、お誘いしていただいた先輩や友人には、とても気を遣っていただき、いろいろな方を紹介してくださりありがとうございました。ほんとに心から感謝いたします。

このブログを偶然読んで、東京など首都圏で私も立命館出身という方がいらっしゃいましたら是非ともご連絡ください。熱い思いのある方、今まで校友会などに参加したことないという方、メールでもいただけると嬉しいです。メールは、info@iwave-inc.jp まで。 新しい集まりでも立ち上げませんか?

校友会ではいろいろな種類の活動もしていますし、若い人でも決して参加しにくいということはありません。いろいろな遊びのイベントも多くみんなで集まるのも楽しそうです。私も次回はi遊びのイベントに参加してみようかなと思っています。