激安スーパー玉出、パートが過労死 時間外147時間

  • 2009/12/08(火) 12:32:35

12月4日 asahi.com

激安スーパー玉出、パートが過労死 時間外147時間


 大阪の激安スーパーとして知られる「スーパー玉出(たまで)」(大阪市西成区)が、パート従業員らを違法に長時間労働させていたなどとして、淀川労働基準監督署は3日、スーパー玉出の前田託次社長(65)と同社を労働基準法違反などの疑いで大阪地検に書類送検し、発表した。長時間働かせていたパート1人が亡くなっており、同署は「過労死」と認定した。

 淀川労基署によると、スーパー玉出東淀川店に勤務していた50代の女性パート従業員が2007年9月、勤務中にくも膜下出血で倒れ、約1カ月後に死亡した。1日平均約12時間働き、時間外労働は月147時間に及んでいた。同署は、遺族の申請に基づき違法な超過勤務による死亡と判断、08年5月、女性の労災を認定した。

 女性の過労死をきっかけに、同署は東淀川店を調査。その結果、前田社長と同社は07年7~9月、亡くなった女性を含むパート従業員の男女計18人に、月平均約120時間の違法な時間外労働をさせたうえ、同年7~10月分の時間外の割増賃金約146万円も支払わなかった疑いが判明。また、労働安全衛生法で定められた年1回の健康診断を受けさせなかった疑いも持たれている。

 同署は、東淀川店のパート従業員の給料明細書やタイムカードを提出しなかったとして、当時同社顧問だった社会保険労務士(53)も労基法違反容疑で書類送検した。

 スーパー玉出管理本部は「長時間労働と健康診断は指導を受け是正した。割増賃金は通常の賃金の中に含まれており、支払っていると認識している。女性の遺族とは和解した」としている。

 民間信用調査会社などによると、スーパー玉出は1978年に創業され、09年2月期の売り上げは約450億円。大阪府内で約50店舗を展開している。

(引用ここまで)

こちらも過労死のニュースです。パートなのにこんなに残業時間があるというのも異常な環境にあったといえます。企業の経営環境が厳しい中で、犠牲になってしまったともいえるでしょう。大阪府内では有名なお店のようですが、スーパーに限らず、似たようなリスクは飲食業にもあります。

パートタイマーの割増賃金は未払いということですが、通常の賃金の中に含まれているという企業側の言い分がよくわかりません。こういう言い訳は通じないということを理解しておかないといけません。

顧問の社会保険労務士も給料明細書やタイムカードの提出を拒否したということで書類送検されていますが、相当悪質と判断されてのことだと思います。


社労士書類送検されたとのことで、同じ仕事をしていて恥ずかしい限りですが、労働基準監督署には逮捕権があるということを覚えておいていただきたいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




スポンサーサイト

仕事で埼玉県所沢市へ 新しい発見

  • 2009/08/31(月) 07:00:39

先週は、所沢に行ってきましたが、同じ埼玉でも大宮浦和方面は、よく行くのですが所沢方面はたまにしか行きません。

埼玉県は、さいたま市に行政が集中しているので、私たちでいえば雇用能力開発機構や21世紀職業財団などに行く際には、所沢方面からはかなり不便だと思います。

今回は、労働保険の新規の適用で労働基準監督署と公共職業安定所に行きましたが、何ら問題なくまた丁寧に窓口で対応していただきました。

航空公園は、拠点となっている所沢から1駅ですが、駅舎も駅前もすっきり綺麗に整備されていて役所までの歩道も道路も広く、歩いていて心地よかったです。

所沢方面は、昔はお客さんが数社ありましたのでよく行っていたのですが最近は、役所への手続業務は郵送で済ませて、ひさびさの訪問でした。

私は予備校生時代に田無に住んでいたことがあり、西武線はいろいろな思い出があります。ライオンズの試合をたまに見にいっていましたが、あれからもう数十年ですから時の移り変わりは早いものです。

さて、所沢の監督署などの役所は、航空公園という駅から歩いて10分ほどのところにありますが、ここには合同庁舎もあり、近くに警察署などもあります。車で動くことが前提でここにあるのでしょうが、歩くと微妙に遠く、バスを利用する方も多いようです。

さて、素朴な疑問ですが駅名がどうして「航空公園なの?」と思う方は、埼玉県民や地元の人以外では、多いかももしれません。大体は想像できましたが、あえていろいろ勉強してみました。何事にも興味を持ち、新しい発見をするということ知識をつけるということは大切です。仕事と関係あるとかないとかではなく、今後も向上心を持ち続けていきたいと思います。

詳しいことは他のサイトで紹介しているのをみていただくこととして所沢が、日本における航空発祥の場所であるから、このように下記の写真のとおり駅前に飛行機を展示したり、記念館や記念公園をつくったりしているのです。

駅前に展示されているエアーニッポンの飛行機


所沢労働基準監督署 所沢公共職業安定所(ハローワーク所沢)


ハローワークはものすごい人であふれていました。ここでも保険の営業レディを勧誘している女性がいましたが、役所が注意書きの看板を出していても、それに従うはずなどもなく、実際求職者に通報させるようにお願いする程度では意味がないでしょう。このような不況のときは、勧誘するほうも必死ですし、なかには基本給がもらえるならと就職する人もいるのかもしれません。


西武新宿線 航空公園駅


時計に注目すると、飛行機のプロペラをかたどったデザインですが、今何時?と聞かれるとよくわからないような気がしますね。


参考になるサイト

所沢航空記念公園の歴史
http://www.parktown-tokorozawa.net/park_info/history.html

停車場ストーリー 西武新宿線・航空公園駅 空への熱い魂宿る発祥の地
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080322/trd0803221104014-n1.htm

所沢航空発祥記念館
http://tam-web.jsf.or.jp/contx/index.php

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2


長時間の勤務でうつ病発症 東京地裁、東芝元社員の労災認定

  • 2009/05/19(火) 13:06:23

長時間の勤務でうつ病発症 東京地裁、東芝元社員の労災認定

新規プロジェクトに伴う過重な業務でうつ病になったのに、労災と認めないのは不当として、東芝の元社員、重光由美さん(43)が国に労災の補償不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(渡辺弘裁判長)は18日、労災と認定し、処分を取り消した。

 渡辺裁判長は判決理由で、重光さんは新規プロジェクトを任され、業務や労働時間が大幅に増えたと指摘。「精神的に追いつめられた状況で、トラブル発生で作業量が増え、上司から厳しい叱責(しっせき)にさらされた。心理的負荷は過重だった」と指摘した。

 判決によると、重光さんは2000年から、埼玉県の深谷工場で液晶ディスプレーを増産する新規プロジェクトを担当。01年4月にうつ病と診断され、同年から療養した。重光さんはうつ病が業務に起因するとして、熊谷労働基準監督署に療養費などの支給を求めたが、労基署は労災と認めなかった。
(引用ここまで)

東芝の事件ですが、地裁でひっくりかえって労災認定されました。最近は、労災認定基準も変更になったりしていますので、こういう訴訟も増えてくると思われます。

訴訟になって労災認定されるされない以前に、メンタル不調のヒトを出さない組織作りのほうが重要なのはいうまでもありません。

応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



会社ロゴ



只今、ブログランキングに参加中です。是非、応援のクリックをお願いします↓ ■ 4月22日 毎日新聞東芝訴訟:「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決東芝深谷工場(埼玉県深谷市)で勤務していた元社員の重光由美さん(41)が、激務でうつ病になったのに解雇されたのは不当として、東芝に解雇の無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁(鈴木拓児裁判官)は22日、解雇を無効とした上で未払い賃金や慰謝料など約2800万円...
東芝訴訟:「激務でうつ病」認め解雇無効 東京地裁判決

解雇・不払い不服4万件 08年労基署申し立て、53年ぶり高水準

  • 2009/04/17(金) 19:02:01

今週も、お客さんをはじめとして役所などあちこち飛び回っていましたが、ある長期間のコンサルティングの仕事が一区切りつきましたので、いろいろ振り返ってみました。

コンサルティングをすることによって改善することの難しさを実感するとともに、やはり課題に取り組む際の分析の重要性や仮説の構築などは勉強になりましたし、今後に大きく活かせるようにしたいと思います。

この不況の中で中小企業の場合。、従業員をいかに大切にできるかそしてそれをわかりやすく伝えていかなければいけない中で、経営陣の心の豊かさのようなものを感じとってもらえるといいのかなと思っています。

解雇やリストラの相談件数も増えてきましたが、継続してお付き合いをしている顧問のお客様に限っては、他の同業者に比べるとそういう話は少ないほうだと思います。

また出産、育児休業の復帰後の話や仕事の割り振りについての相談、パートの評価の問題などかなり求められる相談のレベルは高いのですが、法律の答えだけではなくお客様が求めている回答、そしてどうしたいのかということをうまく引き出して、それに答えられるようにしたいと思います。

さて、日経新聞に気になるニュースがありましたので、こちらは省略版にはなりますが、ご紹介したいと思います。これからもっと解雇や雇い止めの話は、増えてくるかと思いますが、弊社も企業側の気持ちと立場をよくわかったうえで、相談を受けていきたいと思います。


4月17日 NIKKEI NET

雇・不払い不服4万件 08年労基署申し立て、53年ぶり高水準

 国内景気の後退で雇用情勢が悪化し、労働基準監督署に不服を申し立てる労働者が増えている。2008年の申し立て件数(速報)は3万9384件となり、1955年以来、53年ぶりの高水準となった。不当な解雇や賃金の不払いなどを不満とするケースが多い。厚生労働省は企業の法律違反も含めた実態調査を急ぐ構えだ。

 全国約320の労基署は、雇用問題に関する労働者の相談や申告を受けつけている。これをもとに調査を実施。労働基準法などの法律違反が判明すれば、企業に是正を勧告する。勧告に従わない企業は送検されることもある。
(引用ここまで)

労働基準監督署是正勧告を無視する企業がたまにありますが、結果的には大きな損害になってしまう可能性があり、書類送検されてしまえば、会社に大きな影響をあたえます。社長は、がんがん突っ走るタイプであっても右腕には、外部の専門家の意見を聞いて、社長に冷静にアドバイスできるような環境がそろっているような会社であってほしいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  





残業代未払い マクドナルドが原告と和解

  • 2009/03/22(日) 15:07:46

3月18日 NIKKEI NET

残業代未払い マクドナルドが原告と和解

日本マクドナルドが店長を管理職として扱い、残業代を支払わないのは違法として、埼玉県内の店長、高野広志さん(47)が未払い残業代など計約1350万円の支払いを求めた訴訟は18日、東京高裁(鈴木健太裁判長)で和解が成立した。原告勝訴の一審判決を事実上受け入れ、同社は高野さんが管理職に該当しないことを認め、約1000万円の和解金を支払う。

 権限がないのに管理職という肩書であるため残業代が支払われない「名ばかり管理職」を巡る代表的な訴訟が決着したことで、サービス業を中心とする労務管理の見直しにも影響を与えそうだ。

 原告側によると、和解条項で高野さんが労働基準法の定める管理職に該当しないことを確認。和解金は一審で支払いを命じた残業代など約755万円に、提訴後の2006年以降に生じた残業代約245万円も上積みした。さらに今回の訴訟を理由として店長からの降格や配転転換、減給処分をしないことも盛り込んだ
(引用ここまで)

弁護士費用その他のお金を差し引くと150万円も残らないのではないかといわれていますが、この訴訟は大変意義のあるものだったことは確かです。

高野さんは、争っている最中も、店長会議に出席し、評価は低いランクだったそうですが、それでもマックへの愛は貫いており、今後も会社を辞めることはないようです。

名ばかり管理職という名称が広まり、サービス業の労務管理も変わってきていますが、まだまだマクドナルドと同じ経営リスクを負っていながら、あいまいな対応でごまかしているところもあるのではないでしょうか。大企業も、中小企業も法律では同じ扱いとなってしまいますので、きちんとした知識を持ち合わせて、世間の動きに反することなく、きちんと行動するのがよいのではないでしょうか。



この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

  • 2009/03/13(金) 15:03:08

3月12日 asahi.com

カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

従業員に長時間のサービス残業をさせていたとして、池袋労働基準監督署は12日、カレーうどんチェーン店「古奈屋」(本社・東京都豊島区)と同社の戸川貞一社長を、労働基準法違反(時間外、休日及び深夜の割増賃金不払い)の疑いで書類送検した。07年に同労基署が是正勧告したが従わず、悪質性が高いと判断した。

 調べでは、古奈屋は当時、残業代について1カ月に30時間を上限とする打ち切り制を導入していた。その場合でも、超過分については、残業代や深夜割増賃金を支払う義務があるが、不払いだった。

 07年4月~08年2月に働き、違反が確認された6人の正社員の事例では、残業が月100時間を超し、1カ月当たりの不払い残業代が約20万円にのぼる人もいたという。

 古奈屋は83年に東京・巣鴨本店を創業。現在は六本木ヒルズなど東京のほか、兵庫県西宮市などにも計13の直営店を展開している。
(引用ここまで)

古奈屋は、3回ぐらい利用したことがありますが、このような事件がニュースになってしまうのは残念です。経営に影響があるとかないとかではなく、このような歴史がある立派な企業が経営理念に矛盾するような行動はおかしいですし、正しい専門家はそばにいないのでしょうか?

指導を受けて、是正しようとしないのはどういう判断からなのか推測がつきませんが、悪質であれば書類送検されるのはこれまで明らかになっていることですので、同業の皆様も早めに是正していきましょう。

弊社も最近は常に3件以上の労働基準監督署是正勧告案件に対応していますが、企業側が今後きちんと労務管理していこうと前向きに考えているところはやりがいもありますし、今後の成長に貢献したいと心から思って必要以上のサービスを提供したくなるものです。

飲食店やサービス業などは、まだまだ古奈屋のようなところもあるでしょうけど、法律にはさからえないのですから専門家の知識をうまく活用するのが得策といえるでしょう。

弊社も残業代の削減のために、法的な視点と仕事の仕方などの改善の視点からのコンサルティングサービスを行っていますのでどうぞ御気軽にご連絡ください。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  





鬱病自殺、仕事が原因 労基署の決定取り消す判決

  • 2009/02/11(水) 02:15:04

2月10日 msn産経ニュース

鬱病自殺、仕事が原因 労基署の決定取り消す判決

鬱病(うつびょう)で35歳で自殺した徳島市の会社員男性の遺族が、仕事が自殺の原因だと認めるよう求めた訴訟の判決で、高松地裁は9日、請求通り、遺族補償と葬祭料を不支給とした江戸川労働基準監督署の処分を取り消した。

 吉田肇裁判長は判決理由で「業務以外の心理的負荷は認められない」と指摘した。

 判決によると、男性は徳島県北島町の食品包装機等製造会社に設計技師として勤務していたが、平成11年5月に東京都江戸川区にある子会社に出向した後に鬱病を発症。自宅療養し、同年8月に徳島県の職場に復帰したが、11月に自殺した。

 江戸川労基署は「判決内容を東京労働局などと協議し、今後の対応を判断したい」としている。
(引用ここまで)

詳細は、わかりませんのであまりコメントするのは適当ではありませんが、ひとことだけ。

結局自殺にいたった原因は、出向させられて未経験の慣れない仕事を任されたこと以外に鬱病になった原因がないと裁判所は判断したわけです。

いずれにしても平成11年の話が今、争われていることはちょっと残念です。監督署の判断がどうだったのかは疑問が残ります。

ただいえることは、監督署の認定が取り消されたという事実は、今後もこのようなケースが増えてくると予測できます。企業側は、予防の視点から、メンタルヘルスに対する意識を全社的に高めていかなければなりません。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



不払い残業代5400万円清算へ みやぎ仙南農協

  • 2008/03/29(土) 20:54:51

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■ 3月27日 河北新報

不払い残業代5400万円清算へ みやぎ仙南農協

職員の過労死や残業代不払いが発覚したみやぎ仙南農協(宮城県柴田町)は26日、2006年分の不払い残業代計約5400万円を、対象の職員270人に支払うことを決めた。31日に払う予定。

 大河原労働基準監督署などによると、同農協は残業代を月40時間で打ち切り、超える分はサービス残業としていた。06年の不払い対象者は、一般職員378人の約7割に上った。

 農協は当初、「すべてが業務命令に基づいた残業ではない」として、残業の内容を精査した上で、職員に相当額を支払う方針を示していた。だが、労基署や労働組合との協議の結果、出退勤簿に記された出勤と退勤時間から所定労働時間を引いた分の残業代を、全額支払うことを受け入れた。

 同農協総務部は「当初は労働実態に応じて支払額を決める考えだったが、最終的には労基署の指導に従った。労働時間の管理に甘さがあった結果だと受け止めている」とコメントした。

 労働組合は「不払い残業代を支払うのは当然の話。支払期日から1年以上経過しており、本来なら利息も発生するが、農協の財務状態も考慮した結果、利息については、あきらめるのもやむを得ないと判断した」と話した。
(引用ここまで)

この農協は、企業規模としてもそれほど大きくはありませんし、支払われた金額も他の大手企業などと比べると少ないのは確かです。

しかしながら地元の宮城では、イメージダウンになりますし、監督署から指導を受けているのにこれだけの時間がかかっているのも職員のモチベーション低下につながっているはずです。

今回のニュースは、地方の中小企業でも自社でも同じことが起きる可能性があるということを常に頭にいれておきたいところです。

左遷労災:うつ病になった化粧品メーカー勤務男性を認定

  • 2006/08/31(木) 01:38:02

8月30日 毎日新聞

「左遷でうつ病になった」として化粧品製造会社に勤める東京都の男性会社員(38)が申請したうつ病による労災が認められていたことが分かった。うつ病労災申請は年々増え続けているが、過労を理由とするものが多く、左遷が理由で認められたのは極めて珍しい。厚生労働省は「過労以外のさまざまな要因が重なり合うケースがある」と話しており、ストレスが複雑化する職場の状況が浮かび上がった。

 男性によると、男性は96年に東京都渋谷区の化粧品製造会社に就職、経理部の係長などを務めた。04年7月ごろ、突然、群馬県の工場への配置転換を命じられ、同月中旬には工場の総務課に異動になった。同課では、男性の机だけが窓際に離れて置かれ、給与は約11万円減額された、という。

 同年9月に入ると、吐き気、頭痛、けん怠感などを感じ始め、うつ病の診断を受け入院。退院した翌月、体調不良を理由に本社への転勤を求めたところ解雇されたという。

 男性は太田労働基準監督署(群馬県)に労災申請し、今月15日に認定を受けた。左遷にかかわる部分が業務上と認定されたとみられる。

 神原元弁護士は「これまで左遷が原因でうつ病を発症しても、申請をためらうケースが多かった。そうした悩みを持つ人たちを勇気づける」と話した。
(引用ここまで)

最近私の関与しているお客様でもうつ病で休んでいる方が増えています。今回の場合は左遷が原因での労災認定ということですが、今後の対策の参考になると思います。

ところでこの解雇自体の有効性はどうだったのか? 
争っていないのかもしれませんが、この化粧品会社の対応はちょっと問題ありとしかいえません。