解雇紛争、金銭で解決・厚労省検討、補償金を年収の倍以上に

  • 2006/11/20(月) 12:26:23

11月18日 日経新聞  

解雇紛争、金銭で解決・厚労省検討、補償金を年収の倍以上に

厚生労働省は解雇トラブルを補償金で解決する新制度を導入する方向で調整に入った。

補償金の下限を年収の2倍程度とすることで労使の理解を得たい考え。

労働紛争の防止を目的に制定する「労働契約法」に盛り込む方針で、審議会の議論を経て来年の通常国会への法案提出を目指す。

 労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の労働条件分科会が21日、解雇紛争の金銭解決を含めた労働契約法について具体的な議論を始める。

(引用ここまで)

年収の「2倍」ですか? こんなに高すぎては話はまとまらないでしょう。解雇といってもいろいろな理由があるわけで、下限が2倍では採用するのも慎重にならざるを得ません。
そもそもお金で何でも解決という考え方は嫌いです。何でも裁判をやりたがる社長がたまにいますが、白黒つければいいという問題ではなく、今後お互いのために一番いい解決方法を探すのが一番大事だと私は思っています。


スポンサーサイト