元横綱若乃花のちゃんこ店、未払い賃金支払い命令

  • 2009/09/18(金) 07:30:09

9月17日 yomiuri online

元横綱若乃花のちゃんこ店、未払い賃金支払い命令 

元横綱若乃花の花田勝さんがプロデュースする創作和食料理店「Chanko Dining 若」などの元従業員ら6人が、残業代が支払われなかったとして、関西で同店を運営していた飲食店経営会社「ディバイスリレーションズ」(大阪府吹田市)に未払い分など計約3400万円の支払いを求めた訴訟の判決が17日、京都地裁であった。

 辻本利雄裁判長は「時間外労働として支払うべき賃金が認められる」として計約2600万円の支払いを命じた。

 判決によると、6人は2005年2月~07年10月、同社に採用され、京都市下京区と大阪市北区などの店で勤務していた際、ほぼ毎日、1日8時間の所定労働時間を超えて長時間の残業をしていたが、1人あたり88万~425万円の残業代が支払われなかった。

 同社は「支払った賃金には残業代も含まれていた」と主張したが、辻本裁判長は「実労働時間を少なく算定し、就業月報を改ざんするなど悪質な行為もみられる」と指摘、未払い賃金に付加金計約1100万円を加えて支払いを命じた。
(引用ここまで)


今回の裁判では、2600万円の支払命令ということで、大手企業のものと比べると金額の規模は小さいですが、有名店だけにその影響は大きいことと思います。

2600万円のうち、付加金が、約1100万円ということですから裁判所の判断は悪質と判断したのでしょう。

付加金についてちょっとだけフォローしておきます。付加金については、労働基準法で定められております。

残業手当などの未払いがあった際に、労働者側からの請求があった場合には、裁判所は悪質な場合その金額と同じ金額の付加金をプラスして支払えと命じる場合があります。すなわち2倍になってしまうということですから、そのときになったら考えればいいということではまずいです。

残業代の未払い、労働時間管理が甘いところはこれから労働基準法改正を前にして早急に対策を立てる必要があるといえるでしょう。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2







スポンサーサイト