ママさん医師の復職を後押し 人材不足を軽減

  • 2009/01/10(土) 11:15:42

1月7日 NIKKEI NET

ママさん医師復職を後押し 人材不足を軽減

出産育児のため離職した女性医師の職場復帰を支援する取り組みが相次いでいる。現場勘を取り戻すための臨床研修プログラムを持つ病院が増えており、eラーニング(インターネットを使った遠隔教育)による学習支援を始める大学もある。「ママさん医師」の復職を後押しすることで、医師不足の軽減を目指している。

 「ほとんど“ペーパードクター”で、復職は半ばあきらめていた」。東京都内の大学病院小児科で働く阿部和代さん(35)は振り返る。1996年に医師免許を取得したが、翌年には出産のため休職。その後、4人の子どもを産み、約10年間のブランクがあった。子育てが一段落した2005年、東京都が補助金を出す女性医師復職支援プログラムに参加し、同病院で研修を開始。現在は週3回の短時間勤務を続けている。「勘を取り戻すまで医療行為には恐怖が伴う。徐々に現場復帰できる仕組みがあったおかげで医師として再び働けた」と話す。
 (引用ここまで)

医師不足の現状は、メディアの報道からもよく理解できますし、何らかの対策を国家レベルでしなければならないことは確かです。今回は、ママさん医師の復職ということで簡単なものではないのは、本人が一番わかっているので、その経験などをよくヒアリングしてよりいいものをつくることができると思います。

社会保険労務士も弁護士や司法書士や税理士などママさんさむらいが、たくさん活躍していますが医師と比べて柔軟な働き方をしようと思えば、なんとかできると思います。ただし、やはり組織作りができていることや、時間が限られた中だとどうやって仕事の仕方を工夫するかということです。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  


スポンサーサイト