「日本海庄や」元店長、“時間外手当”求め提訴

  • 2009/07/15(水) 23:22:48

7月8日 読売新聞

日本海庄や」元店長、“時間外手当”求め提訴

全国チェーンの居酒屋「日本海庄や」などを経営する大庄(本社・東京都大田区)の元男性社員(24)が、店長としての決定権がなかったのに時間外手当などが払われなかったのは不当として、同社を相手取り、未払いの手当や慰謝料など約570万円の支払いを求め、名古屋地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は2007年に入社し、4か月後に名古屋市内の店舗で店長となったが、従業員の採用や勤務時間の決定権はなかった。残業は月167~92時間に及び、1日しか休めない月もあったが、時間外手当や休日手当は支払われなかった。原告側は「管理監督者にあたらないことは明らか」と主張している。

大庄広報室は「訴状を受け取った段階で、対応を検討する」とコメントしている。(引用ここまで)

マクドナルド事件同様、管理監督者であるかどうかを争う内容となっています。こういうケースは会社側がよほどのことがない限り、不利なので会社側も法律に反しないように武装して企業経営にあたらなければなりません。

昨年に出された通達を、重要視して、社内体制を見直ししてください。


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2



スポンサーサイト