コンビニ店長ら、残業代求め提訴 長野地裁松本支部

  • 2007/09/09(日) 21:19:30

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


今回は、前回私が、弊社ホームページで2月に取り上げた記事の続報という形になりますが、興味のある記事だったようでたくさんのアクセスをいただいています。

2月5日
セブン・イレブンのFC加盟会社に労組 バイトも参加

こちらの記事もあわせてご覧ください。

■ 9月5日 朝日新聞

コンビニ店長ら、残業代求め提訴 長野地裁松本支部

 コンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンのフランチャイズチェーンに加盟するシーブイエストヨクラ(本社・長野県松本市)の6店舗で働く店長ら7人が4日、「コンビニの店長管理監督者ではなく、残業代が支払われるべきだ」として、時間外、休日、深夜労働手当など計約3000万円の支払いを求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。

 訴えたのは、前セブン―イレブン塩尻西店長の勝野正一さん(47)ら7人。

被告のシーブイエストヨクラは松本、安曇野、塩尻市でコンビニ7店舗を経営している。

 労働基準法では「経営者と一体的立場にある人」は管理監督者とされ、残業のための労使協定はいらず、残業代を払う必要もない。

コンビニの雇われ店長管理監督者にあたるかどうかを争点にした訴訟は、全国的にも珍しいという。

 訴えによると、7人には店長であることを理由に、時間外手当などが支給されていない。

しかし、詳細なマニュアルに従って働くだけで、店長としての裁量の余地や予算への権限はなく、経営にも参画していないという。

このため、7人は「店長は管理監督者でない」と主張し、時効が成立していない05年5月から約2年間の未払い手当の支払いを求めている。

スポンサーサイト