過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令

  • 2010/02/17(水) 07:18:19

2月16日 yomiuri online

過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令

長時間勤務による過労で意識不明の寝たきり状態になったとして、鹿児島県鹿屋市の元ファミリーレストラン支配人松元洋人さん(35)と両親が、店を経営する康正産業(鹿児島市、肥田木康正社長)に約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。

 山之内紀行裁判長は、介護費用や慰謝料など約1億9000万円と、未払いの給与約730万円の支払いを命じた。

 判決などによると、松元さんは2003年9月から鹿屋市内の店で支配人を務め、残業代が支給されない「名ばかり管理職」として、接客や仕入れ、パートの募集など休日返上で働いたが、04年11月10日未明に心臓発作を起こし、低酸素脳症で意識不明となった。発症までの半年間の時間外労働は月平均約202時間に上っていた。山之内裁判長は、「会社の長時間労働に対する無関心ともいえる姿勢と、一切の残業代を支払わない労務体制が原因」と批判した。

 同社の柳田敏安常務は「判決文を見て、社内で対応を検討したい」と話した。

(引用ここまで)


介護費用や慰謝料など約1億9000万円とは、かなり高額ですが、本人の年齢、勤務状況、会社が放置していた事実などを考えると当然かもしれません。控訴されて、今後は金額がもっとあがるかもしれませんし、なんともいえません。

発症までの半年間の時間外労働は月平均約202時間に上っていたという考えられないような過重労働の事実に言葉もありません。支払命令の額が多いとか少ないとかの問題ではなく、経営者自身の責任を追及できないのかと疑問に思ってしまいます。

このような企業もHPを見ると次世代育成支援対策などと掲載していますが、それ以前にやることがたくさんあるだろうと思います。今も過重労働で働いている従業員がたくさんいるかと思うと、心配です。  

居酒屋やファミリーレストランなどの飲食業、外食産業、小売業などは、小規模とはいえない中堅規模というべき従業員100人~300人ぐらいの企業がたくさんありますが、このようなところはコスト削減のため従業員の採用を抑えて、1人にできるだけ仕事を全部任せているケースが増えています。いわゆる名ばかり管理職の問題ですが、このような裁判結果を見て、ひとごとではないということを受け止めて、まずは少しでもリスクを軽減するためにも残業時間を削減させないといけません。

長時間労働の改善に頭を悩ませている企業様からのご相談をお待ちしております。労働時間を削減し、従業員と企業の双方がハッピーになれる方法を一緒に考えていきましょう。

参考リンク康正産業

鹿児島県を中心にたくさんの飲食店を経営している会社で、HPによると資本金は1200万円で、売上高90億、従業員数2100人(パート含む)という企業です。



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


スポンサーサイト