「正社員並み賠償」で決着 すかいらーく契約店長過労死

  • 2009/05/15(金) 23:20:27

5月14日 asahi.com

「正社員並み賠償」で決着 すかいらーく契約店長過労死

外食大手「すかいらーく」の契約社員として店長を務めていた前沢隆之さん(当時32)=埼玉県加須(かぞ)市=が過労死した問題で、前沢さんの遺族が13日、厚生労働省で記者会見し、同社との団体交渉が決着したと発表した。会社側が、正社員の年収をもとに算出した損害賠償を遺族に支払うことなどで合意した。支援した労組は「非正規労働者の過労死問題の解決として画期的だ」としている。

 前沢さんは06年3月から「すかいらーく栗橋店」(埼玉県栗橋町)の店長を務めた。1年契約を更新する非正規の「契約店長」だったが、残業が月200時間を超えるなど長時間労働が続き、07年10月に脳出血で死亡。春日部労働基準監督署は08年6月に過労死と認定した。遺族は全国一般東京東部労組の支援を受け、会社に謝罪などを求めて団体交渉してきた。

 合意文書では、会社が安全配慮義務違反を認め「深く謝罪する」とした上で、長時間労働を抑制する仕組みづくりなど、再発防止を約束した。

 これに加え、未払いだった残業代122万円の支払いと、慰謝料などの損害賠償(金額は非公表)でも合意した。前沢さんの年収は約360万円だったが、入社2年目の正社員平均(約450万円)を基準に賠償額を算出した。すかいらーくは「店長として正社員並みの重責を担っていたことなどを考慮した」と説明している。

 前沢さんの母・笑美子さんは会見で「事故が起きてからの対応では遅すぎる。企業は過労死を絶対起こさないように手当てして、過労死という言葉を死語にしてほしい」と訴えた。
(引用ここまで)

すかいらーくは、何度もこのようなことを繰り返しており、ちょっと残念に思います。以前にも中島さんという方が過労死し、そのときも同じような謝罪とともに和解していますが、今後にいかされることはありませんでした。

過去のすかいらーく過労死事件の概要紹介の参考HP  

そういうわけで2度も大きな事件をおかしている企業は、信用がなく今後もダメだろうと一般の人は思ってしまい、働く労働者や消費者にもそっぽをむかれてしまう可能性があります。

それでも何とかやっていくのでしょうが、すかいらーくは時代の移り変わりとともに大きく内部も変わりました。昔は東証1部の上場企業ですからね。

業界や会社の厳しい事情もあるかと思いますが、コンプライアンスが重視されることは当然のことです。今まで以上に「ヒト」を大事にして、安全配慮、労働時間管理、健康診断など再度見直ししてもらいたいと思います。もtろん名ばかり店長と残業や深夜残業代の支払いについても細かく社内チェックできる体制を構築してもらいたいと思います。

応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



会社ロゴ



只今、ブログランキングに参加中です。是非、応援のクリックをお願いします↓ 株式会社アイウェーブのHP  ■ 7月18日 産経新聞 すかいらーく店長を過労死認定 長時間労働が原因と判断 春日部労基署外食チェーン大手「すかいらーく」(本部・東京)で店長として勤務していた前沢隆之さん=当時(32)、埼玉県加須市=が昨年10月に脳出血で死亡したのは過度の長時間労働が原因だったとして、春日部労働基準監督署(同...
すかいらーく店長を過労死認定 長時間労働が原因と判断 春日部労基署

スポンサーサイト