精神疾患の休職教員、過去最多の4995人 わいせつ教師はやや減少

  • 2008/12/25(木) 23:10:31

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



12月25日 MSN 産経 

精神疾患休職教員、過去最多の4995人 わいせつ教師はやや減少

鬱(うつ)病などの精神疾患で平成19年度に休職した全国の公立学校の教員は、前年度より320人増の4995人にのぼり、15年連続で過去最多を更新したことが25日、文部科学省のまとめでわかった。文科省では「子供や保護者との人間関係で自信を失い、ストレスをため込んでいる」と分析している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一部省略
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

19年度1年間で病気休職した教員は、全教員の0・88%の8069人。このうち、鬱病やパニック障害、統合失調症といった精神疾患を理由に休職した教員が、病気休職者全体で占める割合は61・9%と前年に引き続き6割を超えた。

 精神疾患による休職者の内訳は、小学校教員が2118人(42・4%)、中学校で1516人(30・4%)と全体を7割を超えた。年代別では、40代1872人(37・5%)、50代以上1756人(35・2%)-と中高年の教員に多くみられた。
(引用ここまで)

精神疾患を理由とした病気休職者が増えていることは、一般企業の社員の状況を常にみているので、実感しています。教員は、モンスターペアレンツや教育の改革の中でストレスを抱えやすい環境にいるので今回の結果は予想のとおりです。

時代の変化に対応できない40,50代の教職員は、自分が20代の当時、先輩から教えらたやり方が通じなくなっていることを肌で感じながらも、「こんなはずじゃないのに」と悩み、自信喪失していっていることと思われます。これは、まじめな方が多いから、余計真剣に悩み、もがくからともいえるでしょう。

またメディアが教師の犯罪や教育の質の低下について過激に報道していることに対してもストレス
が増えることにつながっているのではと思います。

ここ2年ぐらい私の身近なところで精神疾患を理由として休職したりしている人は多く、その対応にはかなり悩んでいますし、常に勉強の連続です。

メンタルヘルス対策は、まず「働きやすい職場づくりから」ということを意識して、私も仕事を続けていきたいと思います。

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



スポンサーサイト