日産に派遣法是正指導

  • 2009/06/20(土) 20:30:46

ちょっと前の派遣関連のニュースになりますが、押さえておきたいニュースですので、メモ代わりにしたいと思います。

弊社も派遣事業を行っているクライアントが多数ありますが、やはり業績悪化による派遣契約解除は、多数ありその後の働いていた人のケアなどにもできるだけ力をいれていただきたいと思い、スタッフの退職後のことまで含め、いろいろアドバイスしています。

もちろん派遣労働者のなかには、自分勝手な権利を主張してくる人も多く、そういった人たちには私どもの専門家がこれまでの経験と法的知識を活用して問題を解決していきます。

単なる法律論では、問題は解決しません。弁護士の先生がよく口にする判例がどうだとか、争った場合にどうなるかということよりも、まずそんなことにはならないという前提で即実行にうつし、解決したいというニーズに真摯に取り組むことです。

人間の心理面やその人の環境、性格やこれまでの行動や会話などから、最適な解決方法は意外と簡単にみつかることもあります。派遣会社側が感情的になっては、いけません。人材は最大の資産ですし、これまで利益を生み出してくることをできたのも働いていくれるスタッフのおかげだということを忘れないで、双方にとっていい関係を築いて、今後どこかでまた縁があるかもわからないので素敵な別れ方をしていただきたく思います。

それでは、以下は派遣関連の是正指導のニュースです。



6月10日 yomiuri online

日産に派遣法是正指導

労働者派遣法の定める派遣期間を超えて労働者を受け入れたとして、東京労働局が5月28日付で、派遣先の日産自動車(東京都中央区)に是正指導を文書で行っていたことがわかった。

 同社や派遣労働者などが加盟する首都圏青年ユニオンによると、同社は派遣期間に制限がない専門業務を担う契約で、20代の女性2人を事務系の派遣労働者として受け入れた。しかし、実際の業務に専門以外の内容が含まれており、同法で派遣期間は最長3年という制限を受けるにもかかわらず、その後も派遣労働者として業務に従事させた。

 同法は3年を超えた場合、派遣先は派遣元に労働者の直接雇用を申し入れなければならないと定めているが、2人のうち、2003年10月から勤務していた女性(28)は契約が更新されずに、今年5月いっぱいで退職した。同社広報部は「改善策などを記した回答書を近日中に労働局に提出したい」としている。
(引用ここまで)

派遣法で定められている3年縛りのない業務に従事しているとみせかけているのは、悪質だとみなされてしまいます。マツダでも同じようなニュースがありましたが、このような厳しい社会情勢の中で企業側の気持ちもわかりますが、やはりコンプライアンスが重要なことはいうまでもありません。

双方でしっかり話し合い、前向きな解決を目指していただきたいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2






スポンサーサイト