残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定

  • 2010/01/19(火) 07:25:36

1月18日 yomiuri online

残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定

日本マクドナルド(東京)に勤務していた長男(当時25歳)が急性心機能不全で死亡したのは過重な業務が原因として、母親が、遺族補償給付などを支給しない処分を取り消すよう国に求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。

 渡辺弘裁判長は、「業務の過重な負担により病気を発症し死亡した」と述べて労災を認定し、不支給処分を取り消した。

 判決によると、長男は1999年4月に同社に入社し、2000年6月から、川崎市内の店舗に勤務。同年11月7日正午から翌8日午前5時半まで働いた後、正午に再び出勤したが間もなく倒れ、死亡した。

 判決は、「同社の業務形態は深夜勤務を含む不規則なもので、正社員はサービス残業が常態化していた」と指摘。病気を発症するまでの6か月間で、自宅でのパソコン作業も含め時間外労働が80時間を超えた月が相当あったと認定した。
(引用ここまで)

マックに労働問題に関するニュースについては、こちらのブログでも過去に取り上げましたが、今回の件は、労災の過労死認定ということです。気になる点としては、自宅でのパソコン作業なども含めて80時間を超えている月が相当あったと判断され、出された結果ということです。

店舗管理者だけでなく自宅で仕事をしているホワイトカラーの従業員はかなり多数いると想定されます。会社からは残業代削減のため、ノー残業デーの実施や全面残業禁止になっている会社もあり、やむを得ず自宅で仕事しないと追いつかないといったケースがあるようですので、企業経営者が残業なんて命じていないし、申請も出てきていないので知らないということでは済まされませんので注意してください。経営者をはじめとして経営幹部はこのような大きな事件にならないよう、日頃からよく現場を観察するようにしておいていただきたいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

スポンサーサイト

「日本海庄や」 「名ばかり」解消へ店長ら2400人に残業代

  • 2009/10/08(木) 12:57:31

10月8日 読売新聞

  「名ばかり」解消へ店長ら2400人に残業

居酒屋チェーン「日本海庄や」などを展開する大庄(本社・東京都)は7日、権限がないのに管理職扱いされる「名ばかり管理職」を解消するため、店長や調理長など計約2450人に対し、11月から残業代を支払う賃金体系に改めると発表した。

 同社は過去2年分の残業実態を調査し、実際の残業代が、受け取っていた役職手当を上回っていた約1200人に対し、10月末までに差額分計約5億5000万円を支払うという。

 同社によると、残業代を支払う必要がない「管理監督者」としていた名ばかり管理職は、正社員の8割超に上っていた。 (引用ここまで)

管理監督者が8割超では、それはおかしいということが一般の人が見ても明らかです。

賃金体系をあらためるということですが、これは、下記の訴訟を受けてのことですので、マクドナルド事件から時間が経っている割にはかなり遅い対応だったような気がします。

下記記事も参考までにご覧ください。

7月8日 読売新聞「日本海庄や」元店長、“時間外手当”求め提訴 全国チェーンの居酒屋「日本海庄や」などを経営する大庄(本社・東京都大田区)の元男性社員(24)が、店長としての決定権がなかったのに時間外手当などが払われなかったのは不当として、同社を相手取り、未払いの手当や慰謝料など約570万円の支払いを求め、名古屋地裁に提訴した。 訴状によると、男性は2007年に入社し、4か月後に名古屋市内の店舗で店...
「日本海庄や」元店長、“時間外手当”求め提訴




この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

  • 2009/03/13(金) 15:03:08

3月12日 asahi.com

カレーうどん「古奈屋」、残業代不払い容疑で書類送検

従業員に長時間のサービス残業をさせていたとして、池袋労働基準監督署は12日、カレーうどんチェーン店「古奈屋」(本社・東京都豊島区)と同社の戸川貞一社長を、労働基準法違反(時間外、休日及び深夜の割増賃金不払い)の疑いで書類送検した。07年に同労基署が是正勧告したが従わず、悪質性が高いと判断した。

 調べでは、古奈屋は当時、残業代について1カ月に30時間を上限とする打ち切り制を導入していた。その場合でも、超過分については、残業代や深夜割増賃金を支払う義務があるが、不払いだった。

 07年4月~08年2月に働き、違反が確認された6人の正社員の事例では、残業が月100時間を超し、1カ月当たりの不払い残業代が約20万円にのぼる人もいたという。

 古奈屋は83年に東京・巣鴨本店を創業。現在は六本木ヒルズなど東京のほか、兵庫県西宮市などにも計13の直営店を展開している。
(引用ここまで)

古奈屋は、3回ぐらい利用したことがありますが、このような事件がニュースになってしまうのは残念です。経営に影響があるとかないとかではなく、このような歴史がある立派な企業が経営理念に矛盾するような行動はおかしいですし、正しい専門家はそばにいないのでしょうか?

指導を受けて、是正しようとしないのはどういう判断からなのか推測がつきませんが、悪質であれば書類送検されるのはこれまで明らかになっていることですので、同業の皆様も早めに是正していきましょう。

弊社も最近は常に3件以上の労働基準監督署是正勧告案件に対応していますが、企業側が今後きちんと労務管理していこうと前向きに考えているところはやりがいもありますし、今後の成長に貢献したいと心から思って必要以上のサービスを提供したくなるものです。

飲食店やサービス業などは、まだまだ古奈屋のようなところもあるでしょうけど、法律にはさからえないのですから専門家の知識をうまく活用するのが得策といえるでしょう。

弊社も残業代の削減のために、法的な視点と仕事の仕方などの改善の視点からのコンサルティングサービスを行っていますのでどうぞ御気軽にご連絡ください。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  





ああ残業 昔ふろしき、今メール 過労相談が急増

  • 2006/08/16(水) 18:52:12

8月15日 朝日新聞

インターネットを活用し、帰宅後も会社の仕事を続ける「メール残業」の広がりへの懸念が、労働相談の現場で増している。かつての、書類を自宅に持ち帰る「ふろしき残業」より手間がかからないが、仕事と余暇の区別が一層つきにくくなる危険をはらむ。働き手が知らず知らずのうちに過労に追い込まれる可能性も指摘されている。メールで「いつでもどこでも残業」 「夫は、休日も自宅で仕事。寝る時も携帯電話を近くに置き、システムトラブルが起きないか、と常に心臓がドキドキしている」(40代のシステムエンジニアの妻)

 日本労働弁護団が6月に1日だけ実施した「残業・労働トラブルホットライン」にこんな相談が寄せられた。相談総数419件のうち、99件が長時間労働についてだった。「心配した家族がこっそり電話相談してくる例が多かった」という。

 小川英郎弁護士は「『添付ファイル残業』の悩みの相談がここ3~4年で目立ち始めた」と指摘する。職場でやり残した仕事のファイルをメールで自宅のパソコンに送って帰宅後に作業したり、休日も携帯電話で心理的に拘束され続けたりするケースだ。

 厚生労働省は、日本経団連などの要望を受け、高年収者向けに働く時間を自ら決めて残業代をなくす「自律的労働制度」の導入を検討している。これに対し、連合などの労働団体は人員削減で1人当たりの仕事量が増えており、新制度がさらに長時間労働を助長しかねない、と反発している。
(引用ここまで)

添付ファイル残業は、残業時間という視点ではなく、重要書類の持ち出しの会社の規則に反することになるので控えるべきです。会社側は厳しく管理していかなければいつ大問題になるかわかりません。

また確かに携帯で自宅にいながらも緊急事態が発生したら対応してくれと会社に言われて、ずっと待機時間のような労働者もなかにはいますが、これらの場合は、原則として賃金が発生しますが、実務上きちんとできているか疑問です。

心理的な負担が大きくなると、うつ病の原因になりかねません。
まずは、持ち帰り残業ストップ運動をおこしてみてはいかがでしょうか。