一般職社員も長期海外研修 損保ジャパン、幅広く人材登用

  • 2009/09/26(土) 18:30:39

9月24日 NIKKEI NET

一般職社員も長期海外研修 損保ジャパン、幅広く人材登用 

損害保険ジャパンは一般職の社員の長期海外研修を始める。10月に一般職の女性社員1人を初めてシンガポールの現地子会社へ約2カ月間派遣する。海外展開を加速するのにあわせて、海外勤務の適性のある人材を幅広く登用する。企業が将来の海外勤務を前提に一般職を海外へ長期間研修に出すのは珍しい。

 昨年10月に長期の海外研修制度を始めた。シンガポールの子会社で2~3カ月間、保険の募集などの実務をしながら、海外勤務の経験を積んでもらう。これまでに8人を派遣したが、すべて総合職の社員だった。
(引用ここまで)

損保ジャパンは、アグレッシブに取り組んでいるのが他のニュースでも伺えます。今回の海外研修制度が、一般職にまで及ぶのは珍しいと思いますし、会社の人材活用の考え方があらわれています。

これらの研修の成果をどう発揮してもらうかは、企業側にかかっていますので、遠くから見守っていきたいと思います。


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2



スポンサーサイト