定額給付金で父子家庭を支援、NPO法人が基金設立

  • 2009/02/13(金) 23:12:05

2月13日 特定非営利活動法人(NPO法人)ファザーリング・ジャパン  ニュースリリースより

定額給付金父子家庭を支援、NPO法人が基金設立

政府が家計支援として支給する定額給付金などの寄付を募り、父子家庭への支援金にする「フレンチトースト基金」を設立すると、特定非営利活動法人(NPO法人)ファザーリング・ジャパンが2月12日に発表した。

 政府は定額給付金を1人当たり1万2000円、18歳以下と65歳以上には8000円加算して支給する予定で、規模は総額2兆円。同NPO法人は1億円を目標額に、2009年4月―2010年3月の期間に寄付を募る。

 支援対象は年収300万円以下で、子供の学齢が小学校3年生までの父子家庭。応募時に子育てに関する作文の提出を求め、それをもとに審査する。

 支援金は2009年10月から給付を始める計画で、1年間限定で家庭ごとに月4万円、子供の誕生日に1人当たり5万円を給付する。このほかに基金の運用委員会が認めた「父子家庭支援団体」に対しては年1回100万円を給付するとしている。
(引用ここまで)

父親の子育て支援で有名なファザーリング・ジャパンさんは、代表の安藤さんのアクティブな活動が目立っておりますが、今回の定額給付金を募金してもらおうというユニークなアイデアはいいですね。

メディアもきっと興味を持つことでしょう。そしてほんとうに心の底から、何かできることはないかと思っている人たちに声がとどくことを願っています

企業側のワークライフバランスが進まない中で、子育てにほとんど時間をかけれずに、もがいている父親も多いはずです。そして奥さんからもいろいろ言われるので、ストレスになっている人もきっと多いことでしょう。

さて、定額給付金については、まだ確定していませんが、このような政治も経済も機能していなくなっている不透明な時代には、これを機会にと思い、募金する人も結構いるはずと思っていますが、いかがでしょうか? それこそ議員さんなどが積極的に寄付することは問題になるのでしょうか?そのあたりはいまいちわかりませんが、 ファザーリング・ジャパンのサイトやセミナーなどの活動には今後も注目していきたいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリック
お願いします。

     ブログランキング



スポンサーサイト