ボッシュ、人材教育で新組織 語学・財務の研修実施

  • 2009/09/19(土) 12:20:01

9月18日 NIKKEI NET

ボッシュ、人材教育で新組織 語学・財務の研修実施

ボッシュ日本法人(東京・渋谷、織田秀明社長)は人材教育を担当する専門組織を社内に新設した。これまで人事部内の1機能だった語学や財務の研修を実施するチームを部レベルの独立組織に格上げした。ものづくり関連の分野の教育は各工場などの製造部門が担当するが、人事部主管の人材育成については新組織に順次、集約する。

 新組織名は「ボッシュ・トレーニングセンター・ジャパン」。現在は従業員向けに語学や財務の研修を担当するが、今後、順次教育機能を拡大していく方針だ。
(引用ここまで)

今は、人材教育に投資をできない企業が多いですが、こちらのボッシュの場合は、かなり本格的な取り組みのようです。今だからこそあえて逆に社員へ投資するのだと思います。

これからも働く人が一番の主役であることは変わりません。ますます知的労働の質を高めていくためにも企業は、費用対効果の高い研修を行っていく必要があります。

研修が活発に行われているイメージがある大手企業ですが、一部伝わってくる声を聞いていると
、ある年齢以降になると、企業が人材育成をする人とそうでない人に分けていくようです。実際にパフォーマンスが悪く、将来への期待があまりできない人にはお金をかけないというスタンスは、仕方ないのかもしれません。

連休中ではありますが、この機会にゆっくり情報収集して、人材育成に関するニュースにも注目していきたいと思います。


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

スポンサーサイト

セーレン:新入社員の自宅研修 社長「苦渋の決断」 /福井

  • 2009/04/09(木) 18:11:45

セーレン新入社員の自宅研修 社長「苦渋の決断」 /福井

セーレンの川田達男社長は8日、福井市毛矢1の本社で報道陣と懇談し、新入社員の自宅研修を決めたことに、「いろいろな選択肢がある中、雇用を守るためにはやむを得ない措置だった」と述べ、苦渋の決断だったことを強調した。
 川田社長は役員や管理職が7~25%の賃金カットをしている現状も説明。自宅研修に対する新入社員の反応を問われると、「非常に理解して前向きにとらえている、と聞いている。新入社員の夢や希望をなくすことはしない」と答えた。
 また、自宅研修の内容も明らかにし、期間中は英語能力試験「TOEIC」や「ニュース検定」受験のほか、簿記3級取得などを目指してもらうという。川田社長は「非常に綿密な計画を組み、自宅研修が実りあるものになるよう、万端の準備をしている」と述べた。研修中、新入社員に補償した給料の6割支給の一部を、国の助成金で賄う考えを示した。【大久保陽一】
(引用ここまで)

グループの新卒社員101人のうち、その7割が自宅待機とのこと。期間は半年とのことです。セーレンといえば東証一部上場企業で福井では、名門企業です。雇用している労働者の数も多くこの発表はインパクトがあったことと思います。

賃金が6割保障されるとはいえ、この先どうなるのか不安でどうしたらいいかわからないというのが新入社員たちの本音でしょう。でもこういうときに誠意のある対応をできるかどうかで会社の今後は大きく変わるのではないかと思います。

参考
ゲインの卒業直前の内定切りのニュース
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-412.html


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP