育休取得率…女性90.6%、男性1.2%

  • 2009/08/19(水) 23:02:43

8月18日 yomiuri online

育休取得率…女性90.6%、男性1.2%

2007年度に妻が出産した男性会社員の育児休業取得率は、前年度比0・33ポイント減の1・23%にとどまったことが厚生労働省の調査でわかった。

女性は過去最高の90・6%が育休を取得しており、男女の差が大きく開く結果になった。

調査は昨年10月、従業員5人以上の約1万事業所を対象に実施。7324事業所から回答を得た。

 07年度中に育休が終了し、復職した人の育休取得期間を男女別にみると、女性は「10か月以上12か月未満」が32・0%で最も多く、「12か月以上18か月未満」も16・9%。一方、男性は「1か月未満」が54・1%を占め、長期間の育休は取得できない現状も明らかになった。

(引用ここまで)

今年は、男女間の差が一層広がりましたが、男性の育児休業は取得できない事情などもわかっているだけに私のような立場にあるときついです。

本人が取りたくて、会社が推奨していて、それであとは自分の仕事のやりくりさえできればというところまでいけば、なんとか1ヵ月ぐらいはならないのかと私は思っています。

いうのは簡単ですが、そんなの無理に決まっているという声が聞こえてきそうですが、そういって挑戦しないのはもっとよくないです。

弊社は両立支援制度の導入と定着について、中小零細企業につちえは特に積極的に支援しておりますのでどうぞお気軽にまずはご相談ください。


この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


会社バナー 2













スポンサーサイト

ガイアックス、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」を提供

  • 2009/02/20(金) 23:02:49

2月17日 NIKKEI NET it plus

ガイアックス、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」を提供
ガイアックスの提供する企業向けSaaS型SNS統合ブランド「エアリー」第一弾として、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」販売開始

 株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)は、09年度新卒採用で400社以上の導入実績があるSaaS型内定者フォローSNS「フレッシャーズ」シリーズ及び、ガイアックスが提供する企業向けSaaS型SNSの統合ブランドとして「エアリー」を立ち上げたことをお知らせいたします。

 それに伴い、「フレッシャーズ」は「エアリーフレッシャーズ」へ商品名を変更いたします。また、エアリーシリーズの新商品として、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」を販売開始いたします。


●企業向けSNSの統合ブランド 「エアリー」の立ち上げに関して
 ガイアックスはこれまで内定者フォローSNS「エアリーフレッシャーズ」など、400社以上に企業向けSNSを提供しています。「エアリー」は今後、ガイアックスが展開する企業向けSNSの統合ブランドとして、低価格で高品質なSNSを提供して参ります。なお、今年度エアリーシリーズ500社の導入を目標にいたします。


●「エアリーダイバーシティ」リリースの背景
 2010年に管理職の30%を女性にするという内閣府の目標に合わせ、「くるみんマーク」に代表される政府による従業員の子育て支援のための取り組み認定制度や、21世紀職業財団による女性の復職支援制度など、企業に向けた国からの支援が進んでいます。
 一方、企業各社では団塊世代の退職に合わせ、将来の管理職となる女性労働力の活用を見直し、ダイバーシティ推進室の設置や、産前・育児休業制度の充実を急速に図っています。

 ガイアックスは400社にご活用いただいている「エアリーフレッシャーズ」で培った企業内SNSのプラットフォーム、サポート体制、開発体制、顧客・代理店網を活用し、高品質のサービスを低価格で提供して参ります。


●「エアリーダイバーシティ」の導入効果
 「エアリーダイバーシティ」は、育児休業者の復職、職場復帰を支援し、人事業務の効率化を実現する企業向け育休取得者SNSです。育児休業者同士のコミュニケーションを促進するとともに、100種類以上のeラーニングからお選びいただき、育児休業者のスキルアップを図ることができます。
 また、「エアリーダイバーシティ」を導入することで下記の効果も狙うことが可能です。

 ・人事の業務効率化
 ・優秀な人材の流出阻止とコスト削減
 ・新卒・中途での採用アピール
 ・休業中にもスキルアップ
 ・CSRでの企業イメージ向上
(引用ここまで)

ガイアックスの内定者専用のSNSは、実績もあり、知っている人は知っている有名なサービスですがこれを育児休業者向けにカスタマイズしたということのようです。

国の動きの流れにのっているサービスは、企業側も導入しやすいことと思います。

eラーニングが職場復帰支援のためのプログラムとしてのぞましいかどうかは、私は疑問に思いますが、このような事業に取り組むガイアックスの企業スタンスは評価したいです。

このようなサービスがどんどん広まることにより、他にも似たようなサービスのアイデアがうまれ、具体的な商品となり社会的な価値を生み出すことを願っています。

ワークライフバランスを国が支援している状況においては、このような取り組みをしている企業を弊社も応援していくとともに事例紹介をしていきたいと思っています。

今後,利用企業の声を早く聞いてみたいと思います。

この記事が少しでも
参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP