助成金の申請に行ってきました。

  • 2006/08/15(火) 18:37:24

本日は、助成金の申請に行ってきましたが、お盆ということもあって受付窓口に来ている人は少ないようでした。

申請の締め切りがちょうどギリギリということもあって、昨日結構多くの人が申請に来ていたようです。

助成金の申請と簡単にいいますが、もらうまでの苦労はものすごいものです。一回に添付する用紙の枚数はものすごいです。

多い場合ですと500枚ぐらいコピーしている場合もありますし、同じだけのお客様控えと事務所控えをコピーします。

長いものですと2年ぐらいは関わっていますし、支給されるのもほんとに忘れた頃ですので、あまり計算にいれないでおいてくださいと話をすることが多いですが、やはり期待してしまうようです。

事業主が全部自分でやろうとして、途中でギブアップするというのも多いようです。実際に何件か途中から引き受けたものもありましたが、そもそもの要件をクリアできていないのに、気づかずに一生懸命やっていたというケースもありました。

今回の助成金は、税理士行政書士、または経営コンサルタントなどが申請できるものではなく、社会保険労務士(弁護士も可)のみの業務となっているので、窓口の方も社会保険労務士がもってくると安心するようです。

餅は餅屋といいますが、素人があのややこしいものに手を出しても、失敗する可能性を考えれば専門家に任せるべきだと思います。私は助成金についてはそれほど営業も業務の受注もしていません。お断りするケースも結構ありますが、やはり中味とその経営者の考え方次第ということで判断しています。

PS
社長の給与が時給1,000円位なら、それがうまくいけばそのほうが安上がりかもしれませんけど・・・。

スポンサーサイト