「資格試験合格後の本」 自由国民社 に掲載されました。 

  • 2007/03/29(木) 19:47:26

株式会社アイウェーブのHP  



私のことを取り上げていただいている書籍が3月15日に発売になりました。
以前インタビューをお受けして、試験合格前から試験合格後の話、そして仕事の内容や営業方法などいろいろな話をしました。

その話をもとに「社会保険労務士」のコーナーで私に関する内容は
約6ページ分書かれています。
 
 他の資格者の方も含めて全体的には、読者が一番気になるところ
がよくまとまっていてとても読みやすいです。他の資格者の方の生の話も
とても参考になりますし、少しでも興味のある方はぜひとも読んでみて
ください.

先日みたら秋葉原の大手書店には、平積みしていたこともあり、かなり売れているのではないかと思っています。今までなかった本ということで笠木さんがこだわって書いた本なので私も掲載していただいて光栄に思っています。



「資格試験合格後の本」 自由国民社  笠木恵司



11-1[1].jpg



社会保険労務士に限らず、独立開業を目指している方には、とても参考になると思います。私個人は行政書士の方と税理士の方のお話が結構おもしろかったです。 

スポンサーサイト

社会保険労務士試験の合格発表についてちょっと考える。

  • 2006/11/16(木) 01:20:30

きたる11月10日 金曜日に社会保険労務士試験の合格発表がありました。受験した皆様、また関係者の皆様結果が出て、それぞれまた歩む方向が変わっている方もいらっしゃることでしょう。

さて、私のころは、正解が発表されることもなく、自分が何点取れているかわかるようなこともありませんでした。今は、正解をきちんと発表するので当時から問題の質の低さが露呈してしまい、正解2つなどということがよくあります。

それから、一番最初は官報で私は名前を発見しましたが、今は番号のみなので、これも時代の流れです。(個人情報保護法)

合格してもそこは、まだスタートラインにたっただけですので、引き続き勉強を続けていってもらいたいと思いますし、先輩である私たちはもっと業界を盛り上げていかないといけないと思っています。

さて、今年の合格者は、3925人ということで合格率8.5%。どうやらかなり救済(通常ですと科目別足切にかかる人が救われること)されているようで、また択一試験もかなり、基準点が低かったとのことです。受験生の質はかなり落ちてきているということを推測することができます。また、平成16年をピークに合格者も受験者も下降傾向にあり、今後も、この傾向は続いていくでしょう。

資格ビジネスを盛り上げて、一時期は儲かっていた資格予備校側も、今後は生き残りをかけて、いくことになります。受講生を集めるために必要なことを考えれば、わかることですがどうしてもうまくいかないところがあるようです。

さて、資格もとっただけでは、何ら意味をなしません。お酒飲んだときのネタの1つ、まじめに取り組んで仕事を継続する力を認めてもらえるぐらいでは仕方ないでしょう。

ここは、資格を生かしてぜひとも開業することを皆さんにはお勧めしたいと思います。まだまだ、やり方次第では面白いビジネスができると思っているのは私だけでしょうか?

参考までに下記に掲載しておきます。


参考 社会保険労務士試験センター サイト

第38回社会保険労務士試験の合格者の発表について

社会保険労務士試験は、社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)第10条の規定に基づいて、実施されるものである。

第38回試験は、去る8月27日(日)に全国19都道府県で実施され、その結果は次のとおりである。
(1) 受験申込者数59,839人(前年61,251人、対前年2.3%減)うち科目免除者1,080人(うち公務員特例の免除者483人)
(2) 受験者数46,016人(前年48,120人、対前年4.4%減) うち科目免除者925人うち公務員特例の免除者424人
(3) 受験率76.9%(前年78.6%)
(4) 合格者数3,925人(前年4,286人)
うち科目免除者111人(うち公務員特例の免除者55人)
(5) 合格率8.5%(前年8.9%)

3 合格者の年齢別・職業別・男女別構成は次のとおりである。
(1) 年齢別構成
20歳代以下(23.8%) 、30歳代(42.5%) 、40歳代(18.7% 、) 50歳代(12.2%) 、60歳代以上(2.8%)
最年少者20才、最高齢者71才
(2) 職業別構成
会社員(45.4%) 、無職(24.0%) 、公務員(7.3%) 、その他(23.3% )
(3) 男女別構成
男性(63.2% )、女性(36.8%)
4 合格者のうち、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者は、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士となることができる。

なお、平成18年9月30日現在、社会保険労務士登録者数は、30,709人である。