エムケイタクシー 全国で1万人の正社員雇用計画を発表

  • 2008/12/13(土) 17:36:08

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング



株式会社アイウェーブのHP  



12月11日 毎日新聞

<エムケイ>全国で1万人の正社員雇用計画を発表

タクシー事業を展開するエムケイ(京都市)は11日、今後1年間を目標に、全国で計約1万人もの正
社員を雇用するとした「MKタクシー緊急全国雇用創出計画」を発表した。

 同社は現在、開業が見込まれている5社を含めグループ計10社で車両1523台、社員3050人の規模。計画によると、それを1年間で5932台、1万3050人に増やすとしている。

 ただし、計画書には「新規参入や増車に障壁を設けた国土交通省のタクシー再規制が重大な支障を来す」などと記されており、現状では実現性は未知数だ。
(引用ここまで)

駅から遠いところや地方都市に行ったときなど、タクシーに乗ることは最近になって結構ありますが、その都度景気の話と規制緩和の話が出てきます。

小泉さん批判をする人も多く、私も少しは話をあわせながら話を聞いていますが、自分のことだけしか考えていないような発言は、あまり気分もよくないもので、あえて私の考え方など話し、反論することもあります。

そこで気まずくなることはありませんが、過去の結果ばかりの話をしないでもっと前向きに今後の日本のこと、雇用問題、社会保障制度、税制改革などを真剣に考えて、自身の意見を末端から国会議員や地方議員あげてもらうぐらいの元気がほしいです。

話がまったく違う方向にいきましたが、エムケイタクシーといえば、京都ではかなり有名な(もちろん全国でも有名ですが)企業です。

企業規模もそうですが、会社のカラーもおもしろいですし、ユニークなことをどんどん仕掛けていく企業で、その内容の良し悪しは別として、注目しています。

大学卒業してすぐ入社される方もいらっしゃいますが、今回の雇用計画はものすごいものです。

国がタクシー台数に再規制を検討していますが、いずれにしても世の中は規制緩和の流れになっているわけで、今まで守られてきた既得権益や業界の悪い慣習などは徐々になくなってきています。

企業の中でも資本力が強いところが買収したり、弱小企業を倒産に追い込まれているなど自然淘汰されてきていることは、これまでの動きをみているとあきらかです。

タクシー台数を増やすこと → 雇用を促進する → 非正規労働者が低賃金をもらえる
競争さらに激化 →  低賃金 → 過重労働 → 体調不良 → 生活保護

などというサイクルになってしまうことも考えられますので、私自身は今回の計画発表がいいことだとはあまり思いませんが、非正規雇用労働者が失業状態にある現状では、このような計画の発表は、広告効果も含めていい印象が一般国民に残ったのではないでしょうか。

スポンサーサイト