第49回社会保険労務士試験 選択式を労基・安衛 と労一を解いてみた。

  • 2017/08/29(火) 00:58:50

第49回社会保険労務士試験が
平成29年8月28日に行われました。

今年の申込者は49900人くらい、実際の
受験者はその78%くらいです。

景気の変動にも影響を受けやすい資格試験ですが
社労士は、近年前年から減少がずっと続いています。

ちなみに 平成28年 
39,972人(受験者)   
1,770人(合格者)     
4.4%(合格率)

今年も弊社スタッフたちが試験を受けており、毎年試験問題の
選択式だけは目を通すようにしているが昨年同様今年は労基に
加えて、労一も解いてみました。

20170829003351ee3.jpg


昨年の社労士試験関連のブログをふりかえってみるとやはり
労基安衛の選択式は問題を解いていたので今年もチャレンジします。


昨年のブログ
2016 社会保険労務士試験 試験日 お疲れさまでした。
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-2799.html

28年 社労士試験 選択式労基安衛法を解いてみた結果
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-2798.html



結果は、労基・安衛は、比較的簡単な問題でしたので
全問正解できました。

これは問題なく4問は正解できると思いますの
で差はつかないです。労働基準法は、時事通信社
事件の最高裁判例からです。

働き方改革が旬だから長期休暇事件を
取り上げるのは、予測できます。
判例からの出題も予定どおりでした。

次に労一ですがこれはちょっとだけ
難しい問題もありました。

救済2点入るかもしれないと某○レ○ール
の動画では解説していました。まあなんとか
3点は取れるかなと思いましたが、データでは
どうなるかです。

外国人雇用状況も大体予測がつくので、実際4つある
国名の選択肢の中から一つとなるとなんとか大丈夫でしょう。

基本となる簡単な3問を押さえてあとは2問のうち
1問はとれたらいいでしょう。

労働一般は、センスや時事問題への関心も、大事で、
常識的な考え方ができればいけるかなと思いますが
普段からこういうデータに対する意識がないと
間違えるかもしれません。出題者の気持ちは、よく
わかりますし、とてもいい問題だと思いました。

私は1問間違えてしまって4問正解でしたが、
間違えてもそういう問題は他の人もできていない
から仕方ないです。

この試験は、簡単な質問を間違わないことが大事です。

皆さん、合格発表まではまだ時間がありますが
とにかく、お疲れさまでした。何かに打ち込んで
頑張る姿は、かっこいいと思います。





ドローンを展示しているお店発見。1つくらい欲しい。
一番右の黒いので50万円を超えていたような
気がしました。




会社バナー 2





スポンサーサイト

28年 社労士試験 選択式労基安衛法を解いてみた結果

  • 2016/08/30(火) 00:15:30

28年 社労士試験 選択式労基安衛法を解いてみました。
できなかったらどうしよう? 資格はく奪されないからまあいいや・・・。

まあ普通に仕事でも関係あるし、一番興味ある労働基準法と
安全衛生法の選択式だけ早速解いてみました。

時間は、5分程度で終わりましたが、1つだけ迷いました。
安全衛生法の2つめのところです。私の勉強不足なだけかもしれませんが
自信がちょっとなく、選んでみたところ、なんとか無事正解。

一応5問正解しましたが、実際にやってみると不安だったりします。

この内容では救済はないかなと思いますがどうなるでしょうか。

やっぱり試験問題対策の基本中の基本、世の中のトレンド(事件)や法改正を押さえて
おくのは大切なことです。話題になった判例とかは実務でかかわっている
人、そして社労士の先生の生の講義とかを受けている人のほうが有利かと思いました。

ストレスチェックは、実務でも大事な位置づけなので押さえて
おきたいところですね。

会社バナー 2




b_02.gif

2016 社会保険労務士試験 試験日 お疲れさまでした。

  • 2016/08/28(日) 17:00:02

8月28日は、社会保険労務士試験の日でした。

皆さんお疲れさまでした。少し涼しかったので
体調管理のほうはしやすかったかもしれません。

今日は、ゆっくり休んで、少しずつ平常モードに
切り替えていけるといいですね。

私は、当時、試験が終わっての数時間は、放心状態で
疲労もあったので、予備校に行くこともなく答えあわせも
しないで、夜は飲みにも行きませんでした。

この試験の厳しさは、よく知っておりますし、出題に
偏りもあって運も関係するのですが
同じ試験を受けるという意味では平等です。

最後まで本気で頑張れるかどうか、時間がない
なかで、どう工夫するかです。

言い訳もしたくなるし、逃げたくなるときもありますが、
結局自分自身の問題です。

昨年の2.6%という低い合格率の影響も
あり、不安な方もいたはずです。
とにかくお疲れさまでした。

さて今年の申込数は、約52000人ということです。
実際受験する人は、昨年と同じくらいでしょう。


年度 受験者数 合格者数 合格率
平26年 44546名 4156名 9.3%

平27年 40712名 1051名 2.6%


試験に合格するのは決して簡単ではありません。

その後の自分の活躍をイメージして勉強すると
苦しみも感じなくなるでしょう。



24時間テレビを少しだけ見ていたら、思わず泣いてしまう
ことが2回もありました。日本中に苦しくても頑張って
いる人がいることを忘れないようにしないといけません。
このような番組は、やはり必要だと思います。

20160723181041a3b.jpeg



会社バナー 2




b_02.gif

合格率2.6% 社会保険労務士試験 合格発表

  • 2015/11/06(金) 21:55:40

本日は、社労士試験の合格発表日でした。

合格された皆様、おめでとうございます。

残念な結果となった皆様も、また来年の合格
目指して頑張りましょう。

さて、今年の合格率は、なんと 2.6%と
いうことで、記録的な狭き門となり、
かなり難しい試験となってしまいました。

社会保険労務士試験は、社会保険労務士法第
10 条の規定に基づいて、実施するものです。
第 47 回試験は、去る8月23 日(日)に全国
21 都道府県の会場で実施され、その主な結果は
次のとお りです。

合格者数 1,051人(前年 4,156人)
合格率 2.6%(前年 9.3%)

昨年と比較すると、まさにジェット
コースターのような、急降下で、
どうして、このような低い合格率に
なったのかわかりません。



こちらは、出張先のホテルの朝食ビュッフェです。
柚子ゼリーが、美味しかったです。

201510111845279ab.jpg

20151011184525eef.jpg


会社バナー 2




b_02.gif

夏は、試験シーズン 何事も最後まで諦めない 税理士試験と社労士試験

  • 2015/08/19(水) 12:21:03

20150816154656305.jpg


今日は、税理士試験だそうです。
試験を受ける方は、頑張ってくださいね。
遠くから応援しています。

税理士試験は、税務署あがりの人などを
除くと、一般的には科目ごとに合格を重ねていき
5科目クリアすれば、晴れて合格になります。

一部大学院などに通い、科目免除される制度は
あります。昔は大学院を2つでて試験を受け
なくても税理士になれる制度がありましたが今は
ありません。

税理士試験合格者は、平均8.6年勉強しているという
データをみましたが、このデータはわかりにくいですし、
いまいちあてにはなりません。

統計やデータなどには興味があるのですが、こんな数字は
ざっくりとらえて実際にはどうかなとみると、直接聞いて肌感覚
で覚えておくくらいでしょうか。3年、5年とかのヒト、仕事をしなが
らの人も多いので8年かかかったというヒトも聞いたことがあります。

最短だと複数科目受験して2年で5科目が可能です。、でも5科目を
とるのは、仕事しないで専業でやっても難しいと思いますが、
そういう優秀な人もいるのでしょうか?

さて、今週日曜日は社労士試験もあります。この暑い時期に
やらんでもええやんと思った人は、何万人もいることでしょう。
当時私もそう思いました。

私の周りでも社労士試験を受ける方がいますが、最後の最後の1秒まで
全力で望んで、諦めないで可能性にかけてみてください。

ほんとうに運にも左右されますし、体調面の管理も難しいです。
ただ試験は、あきらめなければなくなることはありません。

でもいつか合格できたらということだと、税理士でも社労士でも
合格の確率は下がってしまいます。コツコツやるとしても
試験合格をするために逆算して、計画をたてて勉強し続けることが大切です。

直前に急カーブを描いて成長し、合格をつかんでいる人も過去には
いますし、自分ではダメだと思っても平均が低ければ合格していたと
喜んでいた人も過去にいました。

何が起こるかわからないのが試験ですが、試験会場には早くいって
独特の空気になれるのが大切です。隣に変な人がきたからといって
カリカリしてはダメです。無視するに限ります。

試験会場には会社にはいないタイプの、変わった方が結構います
ね。無職の人とかも受験していますし、記念受験の人もいますし、
勉強し過ぎてちょっとあぶない感じにみえる人もいます。

そんなわけで、夏の思い出ということで私の十数年前の人生賭けた
社労士試験の状況を思い出したのでブログを書いてみました。

会社バナー 2




b_02.gif

八千代交通事件 最一小判平25.6.6  からの出題

  • 2014/08/28(木) 10:36:17

今日は、珍しく気になった最高裁判例をとりあげておきたいと
思うわけですが、社労士試験に出題されたからというのが
本当のところで、その私自身の復習も兼ねてになります。

私も昔は、といっても10年以上前ですが
社労士受験の専門学校でいろいろお手伝いをやっていましたので
業界の裏の裏まで知っていますが、まあ試験当日、翌日の
舞台裏はすごいすごい。

ものすごく慌ただしいというだけでなく
戦場のようなもので、正確な解答速報を出すということは
ほんとうに難しいものです。

さてそんな話は置いておいて、労基法の選択式は、ある程度出題される
ことが予測できるところでした。

八千代交通事件ですから、聞いたことがある人もきっと多いはずです。

平成25年の話です。
詳細は、こちらに要約は記載してありますのでわかりやすい
と思います。よろしければご確認ください。
http://www.roudou-kk.co.jp/jlc/archives/005729.html

試験問題は、今年はズバリ全体的に簡単になっているようで
選択式の救済は、もしかするとないかもしれません。

あくまで予備校の見解ですが、少しでも努力した人が
報われる試験制度になってほしいと思っているのが
私の正直なところです。


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




社会保険労務士試験 おつかれさまでした。

  • 2014/08/25(月) 10:00:53

昨日は、社会保険労務士試験でした。

受検された皆様、ほんとうにおつかれさまでした。

今日は、ゆっくり休んで、少しずつ平常モードに
切り替えていけるといいですね。

試験の厳しさは、よく知っておりますし、出題に
偏りもあって運も関係するのですが
同じ試験を受けるという意味では平等です。

昨年の5.7%という低い合格率の影響も
今年は受験生が少し減りました。

さてなぜこの暑い時期に試験をするのかと
いうのが気になりますが、それは社労士の
繁忙期のあとで、学校が休みで会場となる
教室などが使えるからではないでしょうか。(憶測)

試験に合格するのはあくまで通過点、そのあと
どのようにこの資格をいかすのかを考えていく必要が
あります。

いずれにしてもただ資格だけとってみたというのでは
投資した時間とお金を考えるとちょっともったいない
気がします。

だからこそ、社会保険労務士の取得後のイメージも
明確にもったり、いろいろネットなどでも情報収集
してみるのもいいのではないのでしょうか。

会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




第45回 社会保険労務士試験 合格発表 合格基準 合格率は5.4%

  • 2013/11/08(金) 10:35:22

本日は、第45回社会保険労務士試験の合格者発表
とのことで厚生労働省ではホームページにて報道発表しております。

気になるのは、合格基準です。かなり救済科目が
ありますが、労災が1点だった人は残念でした。
あとは、合格率は、5.4%(昨年7%)
と各種予備校も7%くらいを予測していることを考えるとかなり
今年の合格のハードルは高かったかもしれません。

■合格基準
選択科目においての救済科目としては21点以上 各科目3点以上
ただし、救済科目あり
社会保険の一般常識が、1点
労災、雇用 徴収 健康保険が、2点

ということでした。

択一式は、46点が合格ライン 全科目4点以上

合格された方、ほんとうにおめでとうございます。
また残念だった方、来年に向けてスタートしましょう。
きっと来年こそ合格できます。コツコツやることが
合格の秘訣だと思います。

以下
厚生労働省発表資料

第45回社会保険労務士試験の合格者を別添の合格基準に基づき決定し、本日の官報に公告しました。
社会保険労務士試験は、社会保険労務士法第10条の規定に基づいて、実施するものです。

第45回試験は、去る8月25日(日)に全国21都道府県の会場で実施され、その結果は次のとおりです。
(1) 受験申込者数 63,640人(前年66,782人、対前年 4.7%減)
             うち科目免除者1,315人(うち公務員特例の免除者726人)
(2) 受験者数    49,292人(前年51,960人、対前年 5.1%減)  
             うち科目免除者1,112人(うち公務員特例の免除者618人)
(3) 受験率    77.5%(前年  77.8%)
(4) 合格者数    2,666人(前年 3,650人)  
            うち科目免除者97人(うち公務員特例の免除者62人)
(5) 合格率      5.4%(前年  7.0%)

【第45回社会保険労務士試験合格者の年齢別・職業別・男女別構成】

(1) 年齢別構成
19 ~24歳(1.9%)、25~29歳(9.9%)、30~34歳(19.7%)35~39歳(21.0%)、40~44歳(17.3%)、
45~49歳(11.2%)、50~54歳(8.6%)、55~59歳(4.7%)、60歳以上(5.7%)
   最年少者19才、最高齢者76才

(2) 職業別構成
  会社員(53.3%)、無職(17.9%)、公務員(5.4%)、団体の職員(4.6%)、 自営業(3.5%)、個人の従業者(2.4%)、自由業(2.2%)、役員(2.0%)、学生(0.6%)、その他(8.1%)

(3) 男女別構成
   男性(64.3%)、女性(35.7%)

合格者のうち、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者は、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士となることができます。


   なお、平成25年9月30日現在、社会保険労務士登録者数は、38,231人です。

※ 合格者の受験番号は、官報の他に、全国社会保険労務士会連合会試験センターホームページ( http://www.sharosi-siken.or.jp/ )に掲載するとともに、次の場所で閲覧することができます。
(1) 厚生労働省本省、都道府県労働局及び地方厚生(支)局
(2) 全国社会保険労務士会連合会試験センター及び都道府県社会保険労務士会


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング

第44回(平成24年)社会保険労務士試験 社労士試験合格発表 合格基準 合格率7.0%

  • 2012/11/26(月) 11:21:45

厚生労働省は、11月9日に第44回社会保険労務士試験の合格者について
発表いたしました。

厚生労働省のサイトによると、合格率は7%ということで
昨年よりちょっと下がりました。

救済科目について今年は大手予備校の予測が違ったことも
あり、少し混乱している方もいると思います。

見事合格された方ほんとうにおめでとうございます。
これからが本当のスタートですので新たな目標を
設定して頑張ってください。

以下サイトより

第44回社会保険労務士試験の合格者を別添の合格基準に基づき決定し、本日の官報に公告しました。

 社会保険労務士試験は、社会保険労務士法第10条の規定に基づいて、実施するものです。

 第44回試験は、去る8月26日(日)に全国21都道府県の会場で実施され、その結果は次のとおりです。
(1) 受験申込者数 66,782人(前年67,662人、対前年 1.3%減)
          うち科目免除者1,423人(うち公務員特例の免除者841人)
(2) 受験者数   51,960人(前年53,392人、対前年 2.7%減)
         うち科目免除者1,198人(うち公務員特例の免除者728人)
(3) 受験率  77.8%(前年  78.9%)
(4) 合格者数   3,650人(前年 3,855人)
         うち科目免除者167人(うち公務員特例の免除者124人)
(5) 合格率    7.0%(前年  7.2%)

 合格者の年齢別・職業別・男女別構成は次のとおりです。
(1) 年齢別構成
   20歳代(12.2%)、30歳代(41.5%)、40歳代(26.8%)、50歳代(14.0%)、60歳代以上(5.6%)
   最年少者20才、最高齢者77才
(2) 職業別構成
  会社員(53.0%)、無職(19.1%)、公務員(6.4%)、団体の職員(4.1%)、自営業(3.6%)、個人の従業者(2.5%)、役員(1.9%)、自由業(1.5%)、学生(0.8%)、
  その他(7.1%)
(3) 男女別構成
   男性(65.2%)、女性(34.8%)

 合格者のうち、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者は、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士となることができます。
 なお、平成24年9月30日現在、社会保険労務士登録者数は、37,347人です。

※ 合格者の受験番号は、官報の他に、全国社会保険労務士会連合会試験センターホームページ(http://www.sharosi-siken.or.jp/)に掲載するとともに、次の場所で閲覧することができます。
 (1) 厚生労働省本省、都道府県労働局及び地方厚生(支)局
 (2) 全国社会保険労務士会連合会試験センター及び都道府県社会保険労務士会

厚生労働省 
第44回社会保険労務士試験の合格者発表
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002nvvy.html

社会保険労務士試験 オフィシャルサイト
http://www.sharosi-siken.or.jp/




会社バナー 2



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


節電の影響で社会保険労務士試験の時間も変更に

  • 2011/05/24(火) 20:10:23

全国社会保険労務士会連合会 試験センターは、
平成23年8月28日(日)に行われる社会保険労務
士試験の時間が変更になることを発表しました。

開始時間は、1時間半早くなりました。そして選択式と択一式の時間を
午前と午後で入れ替えています。

集合時間    試験時間         出題形式
8:40     9:00~12:30(210分)   択一式試験
13:20    13:40~15:00(80分)   選択式試験

※ 選択式試験と択一式試験の試験時間を入れ替えました。

当日試験に臨む方は、暑さ対策には十分に注意してください。



会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



社会保険労務士試験の合格発表

  • 2008/11/08(土) 14:26:02

11月7日、社会保険労務士連合会の試験センターが試験の合格者やその基準について発表しました。社会保険労務士は、厚生労働省が所管となっており、年に1回試験をしています。現在登録している社会保険労務士は、3万3千人程度といわれています。

私が試験を受けたのはもう10年も前のことですが、今年も一部難問が出たりして混乱させたようですが、私の受けていたときも問題の回答がないとか、複数正解があるなどいろいろ問題がありました。

資格ブームにのって試験を受ける方も最近多かったのですが、市販のテキスト買ってちょろっと勉強して合格できるような試験ではないことは確かです。しかしながら法律の試験といっても、法学部出身でなければ無理ということはないですし、一生懸命やれば合格できます。諦めないで粘り強くやるのが合格のコツです。

社会保険労務士は、試験に合格するためには、予備校に通う場合もあれば、通信教育を受ける人、独学で勉強する方もいます。また基本的には、会社に勤務しながらでもなんとか合格できるレベルだと思われますので、サラリーマンの受験者が多いのですが最近は無職の方が結構います。その他が22.6%もいるのですが、この人たちがどういう状態なのかわかりません。

1回目の試験で合格する人もいますし、2回目の方もいます。また3回目、5回目など多い人だと10回目などという人も聞いたことがあります。平均的には、2回目の人が多いかもしれませんね。ちなみに私も2回目の試験で合格しました。

試験は一発勝負ですし、1日中の試験を耐えられるだけの精神力と体調管理も必要ですし、10科目を偏りなく勉強しないといけないので、大変です。しかし長い期間(3年)勉強しているのは、あまり理想的ではありませんし、これだけ法律が変わる中で対応が難しいのはよくいわれているところです。

勉強時間は、1800時間とか言われていますが、勉強時間は質も大事ですので実際には、絶対の要件はありません。問題は、足切りがあるので苦手な科目が1つでもあるとあると不合格になります。合計点ではクリアすることができても、涙をのんだ方は過去にたくさんいるはずです。

いずれにしても午前中の選択式、午後の択一式の合計、5時間程度の時間どれだけ集中できるかということですね。

基本的にはこの資格は、合格する人は多数いますが、ただそれだけでそのあとは何もしない人がたくさんいます。それが実態ですね。

合格後は、実務経験が2年以上であれば即登録することで社会保険労務士となります。しかし経験がない方は通信教育とスクーリングに参加することで、登録が可能になります。

登録は、開業登録と勤務登録とその他登録という形に分かれていますが、基本的には開業登録していなければ、法律で定める独占業務を仕事としてすることができません。

また最近は、法人化が可能になったので、法人社員となっている方もけっこういます。

試験に合格するのは努力すればなんとかなりますが、そのあとどういうキャリアをつくれるかどうかは、その人次第です。私としては、社会に貢献できる価値を創造してほしいと思います。

さて、参考までに今年の合格者について紹介しておきます。

詳細は以下のとおりです。

(1) 受験申込者数 61,910人(前年58,542人、対前年 5.8%増)
(2) 受験者数 47,568人(前年45,221人、対前年 5.2%増)うち科目免除者1,193人(うち公務員特例の免除者710人)
(3) 受験率 76.8%(前年 77.2%)
(4) 合格者数 3,574人(前年 4,801人)
(5) 合格率 7.5%(前年 10.6%)

ついでに合格者の年齢別・職業別・男女別構成は次のとおりとなりました。

(1) 年齢別構成
20歳代以下(17.3%)、30歳代(43.1%)、40歳代(22.3%)、50歳代(13.1%)、60歳代以上(4.2%)

最年少者20才、最高齢者74才

(2) 職業別構成
会社員(49.7%)、無職(19.2%)、公務員(8.5%)、その他(22.6%)

(3) 男女別構成
男性(64.9%)、女性(35.1%)

社会保険労務士試験に合格したその後は?

  • 2007/08/01(水) 23:11:33

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



社会保険労務士の試験は、8月26日ということで残りあと1ヶ月をきりました。

受験する人は、残された時間を、精一杯頑張ってください。

社労士試験に合格される方は、ほんとに多いのですが、その後みなさんがどのような道に進んでいるのかは意外とわからないものです。

そしてせっかく試験に合格したのだから、何とか関係ある職場に転職しようとしたり、社内で配置転換を希望したり、また社労士事務所に転職希望する人が結構私のまわりにもいらっしゃいます。

特に経験がまったくなくて、試験に合格したということでせっかくだから転職しようと決意するのはいいのですが、実際はほんとうに大変です。未経験者を採用するほど、余裕はまったくないというのが現状だと思います。

それでも諦めないで活動を続けること、そして自分に足りない部分があればそれを可能な範囲で補う努力をすること こんなことで希望の転職につながる可能性もあります。最後まで地道な活動で頑張っていただきたいと思います。

私個人的には、社労士は開業してこそ生きる資格だと思っています。しかしながら最近は、優秀な社労士がいれば、どんどん弊社で採用して力をあわせて規模を大きくして、より専門性を強めていきたいと思います。

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング




社労士スキルアップ研究会 でセミナー講師をしました。

  • 2007/05/13(日) 00:30:57

先日、社労士スキルアップ研究会で社労士の試験合格者(開業している方も結構いました)の方たちへセミナー講師として話をしてきました。

お話をきいていただいた皆様、また運営にたずさわっている皆様ほんとうにありがとうございました。

セミナーを聞く人たちのレベルも現段階では違いますし、どの位置にあわせて話すのかは迷いましたが、若干ピンとこなかった部分もあったかと思います。

懇親会とさらに2次会まで顔を出しましたが、参加人数も多くみんなパワフルでした。あとは会の運営が細部にわたり行き届いており、ほんとに素晴らしい会であります。

いろいろ考えることが多かった1日でもありましたが、皆さんのひとことひとことからいろいろ学ぶこともほんとうにたくさんありました。

自分も開業したころは、このような話を聞く機会はほとんどなかったと思いますし、そういう意味でも市場の活性化のためにも、業界が盛り上がるためにも、いい機会だったと思っています。

今回もたくさんの方と新しい出会いがありましたが、今後どのように広がっていくのかが楽しみです

社会保険労務士試験の合格発表についてちょっと考える。

  • 2006/11/16(木) 01:20:30

きたる11月10日 金曜日に社会保険労務士試験の合格発表がありました。受験した皆様、また関係者の皆様結果が出て、それぞれまた歩む方向が変わっている方もいらっしゃることでしょう。

さて、私のころは、正解が発表されることもなく、自分が何点取れているかわかるようなこともありませんでした。今は、正解をきちんと発表するので当時から問題の質の低さが露呈してしまい、正解2つなどということがよくあります。

それから、一番最初は官報で私は名前を発見しましたが、今は番号のみなので、これも時代の流れです。(個人情報保護法)

合格してもそこは、まだスタートラインにたっただけですので、引き続き勉強を続けていってもらいたいと思いますし、先輩である私たちはもっと業界を盛り上げていかないといけないと思っています。

さて、今年の合格者は、3925人ということで合格率8.5%。どうやらかなり救済(通常ですと科目別足切にかかる人が救われること)されているようで、また択一試験もかなり、基準点が低かったとのことです。受験生の質はかなり落ちてきているということを推測することができます。また、平成16年をピークに合格者も受験者も下降傾向にあり、今後も、この傾向は続いていくでしょう。

資格ビジネスを盛り上げて、一時期は儲かっていた資格予備校側も、今後は生き残りをかけて、いくことになります。受講生を集めるために必要なことを考えれば、わかることですがどうしてもうまくいかないところがあるようです。

さて、資格もとっただけでは、何ら意味をなしません。お酒飲んだときのネタの1つ、まじめに取り組んで仕事を継続する力を認めてもらえるぐらいでは仕方ないでしょう。

ここは、資格を生かしてぜひとも開業することを皆さんにはお勧めしたいと思います。まだまだ、やり方次第では面白いビジネスができると思っているのは私だけでしょうか?

参考までに下記に掲載しておきます。


参考 社会保険労務士試験センター サイト

第38回社会保険労務士試験の合格者の発表について

社会保険労務士試験は、社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)第10条の規定に基づいて、実施されるものである。

第38回試験は、去る8月27日(日)に全国19都道府県で実施され、その結果は次のとおりである。
(1) 受験申込者数59,839人(前年61,251人、対前年2.3%減)うち科目免除者1,080人(うち公務員特例の免除者483人)
(2) 受験者数46,016人(前年48,120人、対前年4.4%減) うち科目免除者925人うち公務員特例の免除者424人
(3) 受験率76.9%(前年78.6%)
(4) 合格者数3,925人(前年4,286人)
うち科目免除者111人(うち公務員特例の免除者55人)
(5) 合格率8.5%(前年8.9%)

3 合格者の年齢別・職業別・男女別構成は次のとおりである。
(1) 年齢別構成
20歳代以下(23.8%) 、30歳代(42.5%) 、40歳代(18.7% 、) 50歳代(12.2%) 、60歳代以上(2.8%)
最年少者20才、最高齢者71才
(2) 職業別構成
会社員(45.4%) 、無職(24.0%) 、公務員(7.3%) 、その他(23.3% )
(3) 男女別構成
男性(63.2% )、女性(36.8%)
4 合格者のうち、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事した者又は厚生労働大臣が指定した講習を修了した者は、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することによって、社会保険労務士となることができる。

なお、平成18年9月30日現在、社会保険労務士登録者数は、30,709人である。

今年の社会保険労務士試験受験申し込み者は、6万人

  • 2006/07/11(火) 23:00:53

社会保険労務士試験オフィシャルサイトの発表によれば、今年の受験申込者は、約6万人。

昨年は、61,251人が申し込み 実際試験を受けたのが48,120人で受験率は78.6%。

この数字を見てわかるように資格のブームは、過ぎている。資格学校が頭を悩ませているのもよくわかる。

ちなみに昨年の合格率は、8.9%。

今年も知り合いが数人受験するが、ぜひとも合格して、新たなスタートをきってほしいと心から願っている。