駅伝から学ぶチームプレイの重要性 

  • 2006/10/30(月) 00:37:50

先日、全日本女子大学駅伝のテレビ放送を見ていましたが、レースはもちろんおもしろかったのですがそれ以外にも駅伝の裏側だったり、選手の横顔や決意表明のインタビューなど興味をそそる場面がたくさんありました。

その駅伝は、ご存知のとおりチームプレイがとても重要なスポーツであります。1人でもブレーキになると最終順位は下がってしまい、ダントツの優勝候補のチームといってもまったくさえない成績に終わることもあります。(箱根駅伝ではよくあるパターン)

それがエースのブレーキということもあるわけです。また万が一ブレーキになったときに、これからタスキを受ける人にメンタル面をどのようにフォローしていくかはものすごい難しい問題といえるでしょう。

監督は選手起用にほんとうに悩んでいることと思いますが、有力大学では、練習を一緒にやってきても結果的に実際にレースに出れない選手がたくさんいます。特に今回の大会の場合を例にとると立命館大学や名城大学のような優勝候補のチームは選手層があつく、去年は出場していたのに4年生になった今年は下級生の台頭により選ばれないということもあるわけです。

しかし大学内選考で選ばれなくてもチームの一員であり、チームのメンバーであることには変わりありません。チームは、監督、コーチ、選手、控え選手、部員、マネージャー、支援者などから成り立っています。優秀な選手だけがいれば優勝できるという競技では決してありません。マネージャーがいなければこれだけ強いチームはできあがらなかったといえる大学もきっと多いと思います。

レース前に立命館大学アンカーの樋口選手が、自分のためではなく自分達のマネージャーを「日本一のマネージャー」にしてあげたいと力強くインタビューに答えていた映像が流れていましたが、この言葉には感激しました。

チーム内で対立関係などがあっては、精神的な影響も大きく駅伝競技においてはいい結果を出すのは難しいでしょう。チームの全員が最大限の力を発揮してこそ、最高の結果を出すことができます。チーム全員の勝利だからこそ、喜びも大きくなるのです。

これらのことは企業の組織に置き換えてみても同じようなことがいえるでしょう。

個人的には、全日本女子大学駅伝大会で母校の立命館大学が2年ぶり3回目の優勝することができ、ほんとうに嬉しいです。母校の応援には、つい気合が入ってしまいました。

逆に立命館のライバルの名城大学は1区、2区でいまいち力を発揮できなかったことが敗因といえるでしょう。レース終了後に長い時間ずっと涙を流している人がいたのが印象的でした。

スポンサーサイト

カラ残業・出張、ヤミ休暇も…労働局不正に動かぬ証拠

  • 2006/10/24(火) 22:32:26

10月23日 朝日新聞

 カラ残業、カラ出張、果てはヤミ休暇――

厚生労働省労働局を巡る不正経理問題で、様々な不正の手口の実態が、読売新聞の全国調査で明らかになった。
 このうちカラ残業は、夜間の庁舎管理用に導入された無人警報装置の作動記録データが動かぬ証拠となり、不正が発覚していたことがわかった。

国の労働行政を担う現場で、あの手この手で公金を食い物にした不正の数々

その乱脈ぶりが次々と浮かび上がった

 会計検査院による調査では、福島、高知などの労働局で、約1億円のカラ残業が判明している。

 関係者によると、実態に合わない超過勤務手当を一律に支給していた複数の労働局では、職場を最後に退庁する職員が、無人警報装置のスイッチを入れることになっていた。

ところが、同手当を受け取っていた職員の多くは、同装置の作動開始時間後も、庁舎内に残って残業していたことになり、不自然な支給実態から不正が見つかったという。

 また、宮城労働局では、超過勤務の申告を数日分まとめて行っていたが、中には、所属する部署の全職員が出席した懇親会が行われた日にも、「午後10時まで残業」と申告する職員もいた。

 「ヤミ休暇」があったのは愛知労働局

実際は休んでいるのに出勤扱いにする手口で、延べ77人が約280万円を不正に受給。

さらに、カラ残業で延べ55人が約530万円、出張の日程を途中で短縮しながら予定通りの宿泊費や日当を受け取ったカラ出張でも、延べ40人が約110万円を不正に受け取っていた。

 このほか、鹿児島労働局では、庁舎内に喫煙ルームを設置する予算(約100万円)が実際には約36万円余ったにもかかわらず、業者からの請求書では予算通りの経費がかかったことにしてもらい、職場用に冷蔵庫などを購入していた。

 京都労働局では、出張記録の「旅行命令簿」を改ざんし、実際より多くの職員が出張したかのように水増しして旅費を浮かせ、タクシー代や夜食代などを捻出(ねんしゅつ)していたという。

 検査院が昨年から今年にかけて行った調査では、業務上横領事件などに発展した広島、兵庫以外に、計23の局で総額4億円近い不正経理が判明している。

大学のOB会に行ってきました。

  • 2006/10/17(火) 01:14:17

先日、お誘いを受けて大学のOB会に行ってきました。会場は、ホテルでしたが、100人近くの参加者で、大いに盛り上がり充実した1日を過ごすことができました。

 ちなみに私の母校は、立命館大学で京都に学校があります。私のころにはまだなかったのですが、大分の別府にも 特色があってかなり外部の評価の高い立命館アジア太平洋大学(APU)もでき、その卒業生も社会に出て活躍しております。

京都にある大学ということで、首都圏でのOBの数は、関西地区に比べるとかなり少ないですし、ネットワークなども慶応に比べると劣ることは確かですが、私たち立命人は負けてはいけないと思っています。

またOB会では、交流会の前に、文学部の本郷教授の講演を拝聴し、本当に感銘を受けました。熱意があって、はっきりと批判(意見)を言えて、頭が柔らかくて、若くて優秀な教授には、ぜひとも期待したいと思いました。あの教授なら改革がきっとできます。

そして校友会事務局長もおっしゃっていましたが、今後の教育の大競争時代に勝ち組であり続けるためには、大学、付属校同窓、校友OB
 「34万人」 の結集が絶対に欠かせません。

今年は、立命館大学附属小学校も新たに開校し、附属中学校3校 附属高校4校とネットワークはますます拡大しております。

1人1人の力は、微々たるものですが、それが集まったときに大きいパワーになります。私もその1人としてできることから考えて、学校にそして社会に貢献していこうと思います。

立命館大学は、最近出版社などから高い評価を受けております。そして就職への支援については、私たちのころからも評価も高く、ほぼ常にトップであり、卒業生として誇りをもてる部分でした。

就職支援だけでなく、学校法人立命館の戦略を同じように真似するライバルも最近増えてきて差別化していくことが大変になっているという話も聞きました。教育界のリーダーであるために新しいことを行っていかなければならないわけですが、この原点もヒトのつながりや絆が大事になってくるのではないかと私は思っています。

最後に、お誘いしていただいた先輩や友人には、とても気を遣っていただき、いろいろな方を紹介してくださりありがとうございました。ほんとに心から感謝いたします。

このブログを偶然読んで、東京など首都圏で私も立命館出身という方がいらっしゃいましたら是非ともご連絡ください。熱い思いのある方、今まで校友会などに参加したことないという方、メールでもいただけると嬉しいです。メールは、info@iwave-inc.jp まで。 新しい集まりでも立ち上げませんか?

校友会ではいろいろな種類の活動もしていますし、若い人でも決して参加しにくいということはありません。いろいろな遊びのイベントも多くみんなで集まるのも楽しそうです。私も次回はi遊びのイベントに参加してみようかなと思っています。

厚生年金、パート労働者に拡大へ 首相が方針

  • 2006/10/12(木) 23:47:02

10月11日 朝日新聞

 安倍首相は6日の衆院予算委員会で、パート労働者への社会保険の適用について「厚生年金の適用、社会保険の拡大を進めていきたい」と述べ、実現に意欲を示した。

厚生年金に加入できない非正規雇用者が急増しているため、首相はパート労働者に厚生年金の門を開くことを自らの「再チャレンジ支援策」の柱の一つに据えている。

 民主党の枝野幸男氏に答えた。

厚生年金の対象をパート労働者に拡大すると、雇い主が保険料の半額を負担しなければならず、小売業や外食産業を中心に反発している。

首相は官房長官当時の7月末に、日本経団連に協力を要請したが、御手洗冨士夫会長は「性急な実現」には慎重な姿勢を示している。

 首相は答弁で「1週間にどれぐらいの仕事をしているか、そうした要件などを勘案したうえで拡大を検討したい」とも語った。

適用拡大の実施時期や規模が今後の焦点となる。


人材獲得競争に勝ち抜くための秘策はあるのか?

  • 2006/10/08(日) 23:22:20

「企業は人なり」は、今も昔も変わらず使われているフレーズですが、優秀な人材を確保するのは、難しいのでしょうか?

「うちは中小企業だから」とか「うちの業界には新卒なんて取れないよ」という後ろ向きな発言ばかりでは、一生今と変わらず優秀な人材なんて取れないでしょう。何が何でも採用するんだという気概をもって望まないと駄目です。例えばフォーバルの大久保社長は、100人の内定者全員と握手した写真を家や学校に送ったそうです。ほとんどの人が入社してきたそうですが、そこに気づく前にたくさんの失敗をしているようでした。

今は、インターネット時代で工夫次第でいろいろなことができるようになりました。中小企業大企業と同じ土俵で勝負できることがたくさんあるのです。

いまふうの学生を理解しなければ、採用競争には勝てないといわれていますが、その逆にインターネット企業が熱意あふれる一風変わった採用活動をやってみるのも手ではないでしょうか?

とにかくいろいろ試してみること。意外性をついてみるといいかもしれません。情報過多の時代に学生は移り気なところがあり、一流企業でも最後に断られるかもしれないという不安をもっています。

中小企業なら、採用できたらラッキーぐらいの気持ちで、秘策を考えて、今春の採用活動にいかしてください。

離婚時の年金分割額いくら?2日から通知・社保庁

  • 2006/10/03(火) 00:14:02

10月2日 日経新聞

社会保険庁は2007年4月に離婚時の厚生年金の分割制度を導入するのに先立ち、離婚に伴っていくら相手から年金を分けてもらえるかを通知するサービスを10月2日から始める。専門の相談員を各社会保険事務所に必ず2人以上配置。

事前に予約をすれば個室を確保できるようにするなどプライバシーの保護も各事務所に徹底する。年金分割は主に厚生年金に加入する会社員とその配偶者が対象。

たとえば、会社員の夫と専業主婦の妻が離婚した場合、妻は最大で半分まで年金の給付を受け取れるようになる。

(引用ここまで)

離婚時の年金分割は、メディアなどで取り上げるケースは多いようですが、大事なところを省略したり、細かい知識がない人が原稿などを書いたりすると間違った情報がひろまってしまいます。実際に、勘違いしている人も多いです。

人から聞いた話をそのまま信じて、それを他の人に話をすることの繰り返しによりどんどん間違った情報は広まっていきます。また広まれば広まるほど簡略化されてしまうので、仕方のないことではありますが、少なくても複数の情報ソースを確認することによって、そして専門家の意見を聞くことを重要視すると良いと思います。

ユニークな休暇制度 :失恋休暇やバーゲン休暇の効果はいかに?

  • 2006/10/02(月) 00:30:19

失恋休暇」というのをご存知でしょうか?

私たちは会社の人事コンサルティング業務をやっているのでこのような制度については敏感になっておりますし、当然コンサルティングの1つとして紹介することもございますが、最近メディアでも話題になっているようなのでご紹介したいと思います。

失恋休暇」とは、ヤフーの新語辞書によると

従業員7人のマーケティング調査を中心業務としているベンチャー企業・ヒメアンドカンパニーが、新しく設けた休暇制度。女性社員の失恋のダメージを考慮して、女性からの自己申告で失恋の傷をいやすための休暇を認めるのである。

マーケティングのターゲットとして1200人の若い女性たちを抱えているが、その女性たちの声を聞いたところ、失恋すると心はぼろぼろになり、目は泣きはらして真っ赤、会社に行くのもつらい、という声が大きいことにヒントを得た。

年1回取得でき、20代前半は1日、20代後半は2日、30代は3日と年齢に応じて休暇日数を増やしているが、これは年齢が増すとともに失恋の傷も深手になるという判断から。女性たちにとって失恋のショックは大きく、それを引きずったまま仕事をするよりは、休暇をとってリフレッシュしてから出社したほうが仕事の能率もよくなると、同社の経営者・平舘美木は述べている。
(引用ここまで)

このように女性のアンケートデータやヒアリングなどを重視した制度の導入は非常に効果もあるものと思われる。
またメディアへの露出効果もかなりあるようで、企業の業務内容から判断してもかなりプラスにはたらいていると予測できる。

なにより、従業員のやる気を引き出すのは、簡単ではない今日にいたっては、大企業並みの育児関連の支援制度などがあっても、独身女性にとっては結婚してやめてしまうことを決めている人にとっては、メリットはない。将来よりも今この瞬間に活用できるものが歓迎されるのはいうまでもない。

またこの会社では、バーゲン半休もあって、文字通り平日に行われるバーゲンに堂々と行くための制度であります。さらに、普通に半休を取るよりも「バーゲン」という名目を前面に出すことで、持ち帰った“戦利品”を社内で自慢できるようにするためということでこちらの制度も私にとっては、該当しそうな会社があれば提案したいと思う内容であります。

最近では、就業規則などを作ろうとしたり、求人広告を出す際に、こちらから提案をする前に、弊社は〇〇休暇制度をもうけるのできちんと入れておいてくださいという話も増えてきました。

採用が厳しくなる中で、中小企業に目を向けてもらうためには、かなりインパクトのある内容が必要なわけです。

皆様の会社には、どんなユニークな制度がありますか?

ぜひともおもしろい制度がありましたら、教えてください。