<マクドナルド訴訟>店長は非管理職 東京地裁が残業代認定

  • 2008/01/28(月) 12:48:40

コナカの店長の残業事件についてもつい最近、似たような記事を書きましたが、このたびわたしたち社労士業界でも注目している人が多いマクドナルド店長の残業代請求事件の地裁の命令が出たのでご紹介します。


■毎日新聞ネット 1月28日

ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」の店長が、管理職扱いされて時間外手当を支払われないのは違法として、同社に未払い残業代や慰謝料など計約1350万円の支払いを求めた訴訟で、東京地裁は28日、約755万円の支払いを命じた。斎藤巌裁判官は「職務の権限や待遇から見て、店長は管理監督者に当たらない」と述べた。

 同社では正社員約4500余人中、約1715人(07年9月現在)が店長。チェーン展開するファストフードや飲食店では同様のケースが多く存在するとされ、判決は業界に影響を与えそうだ。

 訴えていたのは、125熊谷店(埼玉県熊谷市)店長、高野広志さん(46)。99年に別店舗で店長に昇格して以降、残業代が支払われなくなり、時効にかからない03年12月~05年11月の2年分について約517万円の支払いなどを求めた。

 労働基準法は時間外勤務に対する割り増し賃金の支払いを規定しているが、「管理監督者」は適用外になる。訴訟では、同社の店長が管理監督者に当たるかが争点だった。

 判決は管理監督者を「経営者と一体的立場で労働時間の枠を超えてもやむを得ない重要な権限を持ち、賃金が優遇されている者」と判断。同社店長について、店舗責任者としてアルバイトの採用や運営など店舗内の権限を持つにとどまり、経営者と一体的立場とは言えないと認定。さらに、品質・売り上げ管理などに加え、調理や接客なども行うため、労働時間の自由裁量性は認められず、部下の年収を下回るケースもあるなど待遇が十分とは言い難いと指摘した。

 その上で未払い残業代約503万円を認め、労働基準法に基づきその半額について懲罰的な意味合いを持つ「付加金」の支払いを命じた。
(引用ここまで)

いうまでもありませんが、私はこのようなことになることは予測しておりました。マクドナルド側も今後全国にたくさんいる店長の扱いについては、今回の決定を無視できないでしょう。

2年分の残業代は、503万円ですから、かなりの時間働いていたことは想定されます。おまけに今回は、付加金の支払命令もあり、業界を問わず与える影響は大きいと思われます。


■おまけ
付加金とは、労働基準法上に定められています。
第114条
裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第六項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

とあります。すなわち解雇予告手当、休業手当、残業手当、有給休暇の賃金の未払いがあって、裁判になったときは、その倍の金額を支払うことになるということです。



スポンサーサイト

生活保護、高齢受給者の52%が無年金・厚労省調査

  • 2008/01/27(日) 02:07:42

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■1月22日 日経新聞

生活保護、高齢受給者の52%が無年金・厚労省調査

 2005年時点で生活保護を受けている、約55万6000人の高齢者(65歳以上)のうち、52.9%の29万4000人が公的年金を受け取れない「無年金者」であることが厚生労働省の調査で分かった。保険料未納などで空洞化する公的年金の役割を、生活保護が事実上肩代わりしている実態を浮き彫りにしている。年金と生活保護の関係を含め、社会の安全網全体を再設計する社会保障改革が急務になっている。

 無年金者は、保険料の納付期間が最低基準の25年に満たず年金の受給権のない人や、制度に一度も入ったことがない人。現行制度では年金は全く受け取ることができない。
(引用ここまで)

年金をもらうより生活保護をもらうほうがいいという人が増えては困りますね。
生活保護をもらっている人がこれだけ多いということは、今後の人口高齢社会においては間違いなく社会保障制度は、崩壊してしまいます。

年金の納付期間の最低基準の見直しなども考える必要がありそうですが、それだけではすまない根深い問題がありますので、大改革が必要ではないでしょうか。

コナカ:残業代不払いの元店長に解決金600万円--労組と協定

  • 2008/01/23(水) 22:51:15

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




こちらでも7月に紳士服販売大手のコナカの残業問題については取り上げましたが、今回組合と解決金600万円支払う協定を結んだもようです。

過去の記事は、こちらから。

■ 1月23日 毎日新聞

コナカ:残業代不払いの元店長に解決金600万円--労組と協定

紳士服販売大手のコナカ(横浜市)は22日、管理職であることを理由に残業代を認めなかった元店長に解決金600万円を支払う協定を労働組合と結んだ。ファストフード店やチェーン店などで、店長の残業代不払いが問題となっており、事実上の残業代支払いは波紋を広げそうだ。

 支払いを求めていたのは全国一般東京東部労組コナカ支部メンバーで元草加店長だった高橋亮さん(36)。高橋さんは01年10月から同店などで店長を務めたが、会社は「店長は残業代の支払い対象外の管理監督者だ」として残業代を支払わなかった。

 一方で、出退勤の自由など管理監督者の権限は与えられず、残業は月100時間を超え、過去2年分の692万円の支払いを求めていた。

 この問題を巡っては横浜西労働基準監督署が「すべての店長を管理監督者として扱うには疑義がある」と是正を指導。同社は07年10月から全国の店長を残業代の支払い対象としたが、過去の残業代は支払っていなかった。

 高橋さんは「名ばかりの店長など偽装管理職にされ、残業代もなく過労死ラインの仕事をさせられている人はたくさんいる。泣き寝入りしない道が開けたと思う」と話している。

 コナカ側は「紛争を早期解決する目的で協定を結んだが、制度改革前の店長が管理監督者であるとの認識は変わっていない」としている。
(引用ここまで)

労働基準法でいうところの管理監督者とは、出社、退社など勤務時間などの制限がない方であります。したがって、中小企業では経営側の立場にたっているのは役員だけというケースが多いと思いますので、管理職だからということで片付けてしまうのは問題です。

今回は、大手紳士服販売の店長の残業代の請求でしたが、解決金の支払600万ということで和解しました。2年間の残業代で692万円の請求をしたわけですが、約87%ぐらいの600万円を支払う協定を結んだということは、今後の1つの大きな基準にもなりそうだ。

今後は、マクドナルドの店長のサービス残業代の請求事件もありますので、社会保険労務士の私としては大変気になるところでありますが、とにかく社会的にもかなり注目されている事件ですので、また情報が入ってきたらこちらでアップしたいと思います。

明治安田、生保営業「固定給」に・10月から、離職に歯止め

  • 2008/01/19(土) 20:56:44

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



■ 1月15日 NIKKEI NET

明治安田、生保営業「固定給」に・10月から、離職に歯止め

明治安田生命保険は保険を販売する営業職員の給与制度を見直す。いまは契約の獲得額に応じて支払う歩合給中心だが、10月から、月1―2件の契約獲得などを条件に固定給を厚くする。安定した収入を得られるようにすることで優秀な人材を確保、頻繁な離職に歯止めをかける。契約獲得を優先する仕組みをやめれば、アフターサービスへの努力も給与に反映でき、保険金不払い防止につながる。歩合給中心の保険営業のあり方が大きく変わる可能性が出てきた。

 明治安田は見直し案を労働組合に提示した。約3万1000人いる全営業職員が対象。入社5年目までは月1件、入社6年目以上なら月2件の契約獲得などが条件。これを満たせば現在の月7万円弱の固定的な給与を、月17万円に引き上げる。
(引用ここまで)

歩合給重視の賃金体系は、どの業界でも見直し時期に入っています。徐々に安定的固定収入を手厚くするというのは、時代の流れや社会的にも当然といえますので、明治安田生命の事例は特別珍しいわけではありません。しかしながら生保業界ではあたりまえのようで、記事にもあるとおり月7万円弱の固定的給与というのが、実態でした。

最初の1,2年は、歩合給が出なくてもある程度保証されているが、ある期間を過ぎると歩合給がないと生活できないので必然的に退職することになるのです。

その結果、業界内をさまよい、何度も転職を繰り返すことになっています。まあ場合によっては代理店に行ったり、損保業界にも行くこともありますが、いずれにしても保険業界というくくりでは一緒といえます。

生保業界では営業マンとして同じ会社でずっと残っているだけでもすごいといわれます。10人いたら3年後には、1人残ればいいほうなどというのは極端かもしれませんが、そのぐらい成果重視のはっきりしている世界でした。

今回の記事のように離職予防のためにも他社にも続いてほしいものです。



先週の週末に、セミナーに参加してきました。

  • 2008/01/19(土) 19:50:40

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



私は、会社の経営者としてやることもたくさんありますが、その中でもマネジメントやマーケティングについては、日々勉強しなければいけないと思っております。

会計や税務についても弊社の業務外だから勉強しなくてもいいというわけでもないのでいいセミナーや講演があれば時間が可能な限り参加しようと思っています。

そんなわけで新年一発目に選んだのは、 株式会社ジャパンライフデザインシステムズの社長谷口 正和氏のセミナーでした。ちなみに谷口氏は母校の大学院教授でもあり、多数の著書があり、ビジネスの現場においても大活躍されています。テーマは、『21世紀の市場構想力』でした。

■話の中で気になった点
バカラといえばグラスで有名ですが、バカラのグラスは、斜陽の産業であったシャンデリアの技術を応用してつくられたということです。まったく知らなかったことなのでいい勉強になりました。

あとは覚えている範囲だとショップチャンネルのお話も興味深かったです。
ショップチャンネルとは、住商のグループ会社が経営しているテレビショッピング事業者で最大手です。私はテレビショッピングの経験がないので今度ぜひチャレンジしてみたいと思います。

また日本人マーケット感についても中流意識が抜けていない点、まさに納得させられるところでした。そのほかにも新しい気づきがたくさんあり、弊社も新しい商品をどのようにつくっていくか改めて考えるきっかけになりました。

また参加していた方も志の高い方、勉強熱心な方、問題意識が高い方が多くいい刺激になりました。

講師の谷口先生をはじめ運営関係者の皆様、ほんとうにありがとうございました。

       

富士火災、厚生年金保険料1億7000万円未納

  • 2008/01/18(金) 21:48:15

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




■ 1月10日 読売新聞

富士火災、厚生年金保険料1億7000万円未納

社員1841人分 支給減額も
 
東証1部上場の富士火災海上保険(本社・大阪市)が、2004年3月支給のボーナスに関し、社員1841人分の厚生年金保険料約1億7000万円を国に納めていなかったことが9日、分かった。

 勤め先企業の未納で年金が減額された人は数多くいるとみられ、昨年12月に成立した厚生年金保険料納付特例法で、全員が救済されることになったが、未納の企業名が明らかになったのは初めて。

 同社によると、未納となっていたのは、04年3月にセールス専門の正社員に支給されたボーナス分の厚生年金保険料。このうち、社員負担分約8500万円は、当時、ボーナスからそれぞれ天引きしていた。

 通常、会社が個人別の天引きデータを社会保険事務所に届け出て、年金の納付額が決定するが、同社は、天引きデータ自体を届け出ていなかった。その結果、既に年金の支払いを受けている約300人の支給額は、本来の額より減っており、1841人の平均では年約3500円減額される計算だったという。

 昨年7月、一連の年金記録問題で、自分の記録に不安を持った退職者の一人が、社会保険事務所に納付記録を照会。04年3月のボーナス分だけ納付記録がないことに気付き、発覚した。

 同社は未納付について、「担当者の単純なミス」と説明。特例法に基づいて未納付分全額を、さかのぼって納付するほか、1841人には謝罪と説明の文書を送付し、関係者を処分する方針。

(引用ここまで)

このような大きな会社で単純な手続き上のミスということで済ますことはできないでしょう。これは完全に社内の仕組みがまずいわけです。誰が責任をとるのかは定かではありませんが、なんといっても「1億7000万円」ですからね。ちょっとびっくりしますね。

国民は、金額の感覚がだんだんなくなってきてしまうような気がします。国の借金の額、保険金の未払い額、大きすぎるとたとえがないとわからなくなってしまいますね。

私は、牛丼何杯分という計算をしてもらうとわかりやすいと勝手に思っています。

ポチやタマにも扶養手当 「ペットも家族」と共立製薬

  • 2008/01/07(月) 23:41:18

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




■1月2日 asahi.com

ポチやタマにも扶養手当 「ペットも家族」と共立製薬

動物用医薬品メーカー共立製薬(東京都)が、犬・猫を飼っている社員にペット扶養手当の支給を始めた。昨年12月の給与で約100人が月額1000円を受け取った。同社は「人生の伴侶となっているペットが家族の一員と考えるのは自然の流れ」と判断した。

 同社によると、昨年11月に社内規定を見直し、正社員が犬か猫を飼っている場合、基準外給与として支給することを決めた。数にかかわらず一律1000円を支給する。希望者は名前、種類、年齢などを会社に申請する。

 ペットフード工業会によると、犬は約5世帯に1世帯、猫は約6世帯に1世帯が飼育していると推測され、増加傾向にある。一方で、捨てられるペットも後を絶たない。同社によると、年31万匹が殺処分されており、「一生つきあって欲しい」として、社員の勤続表彰にならい、5年、10年、15年と飼育年数に応じて表彰する制度も導入する予定。

 導入にあたり、犬・猫以外のペットを飼っている社員がいるほか、マンションの規約上飼えない場合も想定し、社員間で不公平感が生じないよう配慮して手当の額を決めたという。

 社員の一人は「金額ではない。正式に家族だと認められたことが大きい」と喜ぶ。

 ペットフードメーカー日本ヒルズ・コルゲート(東京都)は05年から、犬・猫を新たに飼い始めた時に、「家族を迎え入れた」として1匹につき1万円の祝い金を支給している。ペットが死んだ場合は忌引休暇(1日)を取得でき、3人が利用した。
(引用ここまで)

ペットの扶養手当とは、とてもユニークな制度の導入ですね。

発想がとてもいいと思いますし、真似する企業がでてきても
いいのではないでしょうか。

月額1,000円といっても、会社側にとっては100人もいれば、大きいと
思います。会社の理念などがよく伝わるきっかけになればメリットも
大きいでしょうし、メディア効果も少しはあるのではないでしょうか。

家族手当の件では、たくさんの会社から相談を受ける私ですが
今までペットの扶養手当についてはさすがに事例がありませんでしたし
提案もしてきていません。

今後は、話のネタにでも使ってみようと思います。
皆さんも口コミでこの話題を広げていただけると嬉しいです。



新年あけましておめでとうございます。

  • 2008/01/03(木) 18:31:19

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

ふりかえってみると昨年は、とんだ事件にまきこまれて私も被害を被りました。
それでもその損害をカバーできたのは、お客様や従業員や家族や親友がいたからだと思います。ほんとうにありがとうございました。

一方で昨年は、新しい出会いがたくさんありまして、ビジネスにおいてもプライベートでも今後にいいことが起きるような予感がしています。そのためにもまずは深く考えずに行動することを重視したいと思います。

まだまだ余裕をもっていろいろなところに顔を出すところまでは出来ていないので
今年こそ時間をつくりだして、積極的に多方面に動いてみたいと思います。関係者のいろいろなお誘いを楽しみにしています。

さて早いもので独立して7年目を迎えました。常に初心を忘れず、コツコツと努力を惜しまず、そして、わかりやすく伝えるということを大事にしていきたいと思います。

弊社は、皆さんのおかげで何とかここまで成長することができました。あらためて感謝いたします。

ここで本音をちょっとだけお話しますと、中小企業の社長と同じように弊社内にもヒトの悩みはいろいろあります。だからこそ自社の問題と同じように考えて、精一杯問題解決に取り組むことができるのです。ちょっとしたことでもお気軽にお声をおかけください。(1日早ければ何とかなるということもたくさんあります)

人事労務の分野に限らなくても、お悩みや相談したいことなどある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。話を聞いてくれるだけで嬉しいと先日、ある社長にいわれてあらためて自身の役割を再確認できました。

私たちは、弊社で解決できない問題でもさまざまなネットワークをもっておりますので、ご安心ください。お客様のためには、最善の努力をしたいと思っております。

最後に今年1年が皆さんにとって幸せな年になりますよう心からお祈りいたします。

PS
このブログも人事労務のニュースのウェイトを少なくして、私自身の活動などももっとたくさん書けたらいいなあと思っていますので、たまには見に来ていただけると嬉しいです。

和風のモンブラン

  • 2008/01/02(水) 23:45:20

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



昨年末に手土産でいただいた和風のモンブランですが、これがとてもおいしかったのでこちらでも紹介したいと思います。もちろんこれまで食べたことがなかったので、ふたを開けてから食べるまでドキドキでした。ふたを開けると・・・・ 写真のとおりです。

モンブラン


こちらは、鎌倉五郎の銀座三越限定の和菓子屋のモンブランです。スポンジやタルトは使わず栗と芋と生クリームだけでつくられているのが特徴です。

そして金箔などが あしらわれており上品な形をしています。9つに分けてあって、とても食べやすかったです。1つ1つ味わってじっくり全部食べたいところですが、社員にも少しだけあげました。まあ私同様、絶賛していましたので今後は三越へ行って3つぐらい買ってみたいと思います。


故郷会津に帰省しました。

  • 2008/01/01(火) 17:06:54

年末年始にひさしぶりに実家のある会津若松に帰省しました。会津若松市は、福島県にあるのですが、県庁所在地の福島市や産業の中心の郡山市とは、違って冬はとても寒く雪が多いエリアです。

福島県は、3つに分かれており会津地方は、中通り地方、浜通り地方とはまったく天候は違います。

そして今回は雪がものすごいタイミングに帰ってしまい、駅から帰るだけでも大変でした。
新聞によると積雪55センチとのっていましたが、実際そのくらい積もっていたと思います。
こちらは、東京に帰る前に撮影した写真です。

雪


雪といえば、私は社会人時代にも結構スキーに行っていました。
正月や休みには福島に行くことが多く、コブ斜面を攻略するために、モーグラーとしてプロ級の腕前をもつ高校時代の後輩に、指導をしてもらっていました。しかし社会保険労務士の資格の勉強をはじめてから一切滑りにいくことがなくなりました。(犠牲にするものはたくさんありました)

その後輩は、中学時代から一緒に過ごしてきた仲間なので、今は連絡がとれていないことが残念です。今どこにいるのか?元気にしているか? などちょっと心配です。偶然見かけたら連絡くださいね。K.K君

彼は、学校の先生になったので、やりがいをいろいろ語ってくれていたのが印象的でした。今私がこのような仕事についていることは、知らないかもしれないですが、ひさしぶりに会ってくだらない話とかをできればいいなあと思っています。

さて、わたしの中学、高校時代の仲間は、学校の先生、銀行員、市役所、県庁、医者、あとは地元の大手企業に勤務している人が多いのですが、仲の良かった友人でもどうしているか行方がわからなくなっている人もいます。その中でも首都圏にいる人はほんとに少ないわけですから、年賀状だけでなくリアルな付き合いも大事にしたいなあとふと思いました。

さて、会津といえば、昨年は高校の後輩で新しいビジネスパートナーができました。とにかく同じ校舎であの学生時代を過ごしたわけですから、話もはずみますし、なんといっても人がいいのが会津人らしくて、それに甘えていつもお世話になってばかりいます。
いつもありがとうございます。

最後に会津の名物「おきあがりこぼし」の写真をアップしておきます。何が何でも諦めない精神を大事にして雪国根性で困難を乗り越えたいと思います。




おきあがりこぼし