有志で集まる 専門家集団の勉強会 in 丸の内

  • 2010/07/31(土) 22:15:41

本日は、もう7月も最終日ということで、あっという間の1ヵ月でしたが
みなさまにとってはどんな1ヵ月でしたか?

さて、もう1ヶ月以上前になりますが
6月のある休日に専門家の有志で集まる勉強会で、僭越ながら
私がセミナーの講師をさせていただきました。

20081202173021.jpg 

これまで2ヶ月に1回ということで開催してきましたが
参加率も高いこの会は、私のライフワークの1つになりました。

先日、「限られた時間の中で定期的に参加するのは決めていて、この会は
その1つです」とを言われたときは同じ思いを持つ仲間に嬉しく思いました。

■ 過去の関連ブログ ■
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-720.html

http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-651.html

http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-484.html

勉強会のあとは、飲み会もありますが、休日ということで
家族との時間も大事にしないといけないので好きな人だけで飲むという
流れになっていますがそれがいいですね。

さてお話したテーマは、「士業という職人と会社経営を両立させるシンプルな成功法則」
おまけとして、年金の基本的知識 を話す予定でしたが、タイムオーバーになりました。

20人~30人も集まる交流会や勉強会がありますが、そういう
ところでは、真のつながりはなかなか難しいというのが私の独立前
からトータル10年間での経験で学んだことです。この10年の経験
は今から必死につくろうとしてもすぐにできないわけですから、
こういう情報は有益なのです。

この会は、同じ信念のもとで向上心の高い、人間力のある仲間が助け合い
利害関係なく付き合えるというのがいいところです。上下関係も
なければ、はっきりいろいろ言いたいことがいえるのもいいですね。

そんなわけで、成功していると自信をもっていえるわけではありませんが
これから開業したり起業したりする人には、参考になる話ができたと
思います。

専門家はプロです。

プロは、職人魂を忘れてはいけませんが、職人として優秀なだけでは会社を
成長させる経営者にはなれません。私自身も日々考えているテーマに今回のような
テーマで話をするというのは、自分の頭の中を整理するうえでも大変いい機会を
いただいたと思っています。

遅くなりましたが、参加された皆様にあらためてお礼を申し上げます。

専門家といえば、 下記 バナーの読売新聞 マイベストプロ東京 のコラムも
ぜひご覧になってください。
コラム数は、他の専門家に比べて、ダントツのトップでは? 

まあトップじゃなくてもコンスタントに書いていこうと思います。
やはり新聞社関連ということでこのブログと違って
かなり神経は使いますね。

マイベストプロ東京
コラムも執筆中

スポンサーサイト

管理職とは? 女性管理職の割合増加へ その5 

  • 2010/07/31(土) 10:00:00

管理職といえば今注目をあびているのは、女性管理職。

こちらに関しては、世間一般の関心も高く、参考になる統計調査が発表されています。

それによると係長相当職以上の女性管理職(役員を含む。以下同じ。)を有する企業割合は66.6%(平成15年度62.5%)で、男女雇用機会均等法施行から3年経過時点の平成元年度(51.6%)と比べ、15.0%ポイント上昇している。

これを役職別にみると、部長相当職は8.8%(同6.7%)、課長相当職は21.1%(同20.2%)、係長相当職は32.0%(同32.0%)となっている。

平成18年度女性雇用管理基本調査」調査結果の概要より


女性管理職の割合は、上昇傾向にあるといってもまだまだ日本は、世界と比べても女性の管理職の割合は低いのが課題でもあるので、今後はその理由などを分析し、政府および各企業が一緒になってさまざまな取り組みを行い、女性が活躍している企業を増やしていかなければ労働力人口が減少していく中で、ますます日本の企業競争力が低下していくようになるのではないかと懸念を抱いています。


マイベストプロ東京
コラムも執筆中


たばこ臭いと扇風機、パワハラ認定146万円

  • 2010/07/30(金) 13:21:07

たばこ臭いと扇風機、パワハラ認定146万円
 
昨日の読売新聞にちょっと変わったパワハラの判決の情報が出ていたので紹介します。

「たばこ臭い」として真冬などに至近距離から扇風機をあてられるなどのパワーハラスメント(職権による人権侵害)を受けたとして、外資系消費者金融「日本ファンド」(東京都品川区)の契約社員3人が、同社や元部長の男性に慰謝料など計約736万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。


 石井浩裁判長は「嫌がらせ目的で不快感を与え続け、著しい精神的苦痛を与えた」とパワハラを認定し、同社と元部長に計約146万円の支払いを命じた。

 判決によると、元部長は2007年12月、喫煙者の契約社員2人に向け、一日中、風が直接当たるように扇風機を固定。約半年間にわたって風を受け続けた1人は抑うつ状態との診断を受け、約1か月休職した。また、元部長は3人に「給料をもらっていながら仕事をしていませんでした」という内容の文書を提出させたり、怒りにまかせて突然殴ったりしていた。

(引用ここまで)

企業内部では退職勧奨に退職させるために嫌がらせ目的でかなり悪質なものが目立っています。パワハラは、法律での定めがありません。セクハラは、1997年に男女雇用機会均等法が改正された際に条文化されたわけですが、この10年でかなり認知されるようになりました。パワハラも同じ道をたどるのではないかと思います。

今回は判決だけを読んでいるとものすごい内容ですが、実際のところはどうなのかわかりませんのでコメントは控えます。このようなハラスメントは今後増えていくものと思いますし、簡単に訴訟されてしまうので、エスカレートしている上司の行動には、周囲がきちんと声をかけていかなければなりません。

企業イメージのダウンは、お金だけの問題ではなく、社員の志気にも影響します。また売上げにも大きな影響を与えることになります。

ちょっと珍しいパワハラ関連のニュースだったので取り上げてみました。

それでは、マイベストプロ東京のコラムも5本ほど書きましたのでご覧になっていただければとおもいます。

マイベストプロ東京
コラムも執筆中

読売新聞のマイベストプロ東京に専門家として紹介されました。

  • 2010/07/29(木) 07:30:10

少し前に朝日新聞さんの取材に協力させていただき名前入りでコメントさせていただきましたが、その際には各方面から応援や激励のメッセージをいただきました。皆様ほんとうにありがとうございました。それがきっかけでまた久しぶりに連絡が来てお会いしたりする方もいました。

さて、今回は、ご縁があって読売新聞運営の街の専門家サイトで私が紹介されています。来社してもらって90分ほどインタビューを受けて、その後撮影をして、自然体でまとめてもらっています。ちょっと恥ずかしい気がしますけど、初めてこのサイトを見た人に興味をもっていただいて気軽に問い合わせをしていただければ幸いです。
http://pro.mbp-tokyo.com/iwave/



7月29日には、サイトのグランドオープンの日ということで東京地区の読売新聞には、80人の写真入りでサイトの案内が紙面一面を使って案内があります。



読売新聞をとっている東京地区の人は、ぜひ私の顔を探してみてください。

いずれにしてもコラムも書いておりますので、下記のバナーからご覧ください。

マイベストプロ東京
コラムも執筆中

管理職とは ?  課長以上が一般的  その4

  • 2010/07/28(水) 07:30:10

管理監督者は、時間外労働や休日労働手当の対象にはなりませんが、深夜割増の対象にはなります。当然ながら労働時間管理をしなければならず、管理監督者だから何時間でも労働させてもいいということではなく、健康面に配慮する義務が企業側にはあるのです。

管理監督者と管理職の範囲は違うとはいえ、結局のところ同じとみなして、運用している会社も多いようです。さて、管理職の範囲は、企業によって基準も違います。

課長以上を管理職としているところもあれば、課長代理以上というところもあります。また係長相当以上を管理職としているところも稀にあります。

基本的には、役職で分類するのが多いようですが、いろいろ調べてみるとおもしろい会社もあるようです。

でもそもそも管理職は、部下を管理するのが仕事なんですから、管理する人がいない課長が管理職というのもおかしいと思うのですが、日本の組織では一般的になっていますね。

それでは、次回も管理職についてお届けしますのでよろしくお願いします。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


 




手書きのチラシは、人を魅了するのか?

  • 2010/07/27(火) 03:07:58



先日、通販で雑貨を買ったときの箱の中に、上記のようなチラシが入っていました。

商品のことや購入してくれたお礼を手書きで書いているものでしたが
なんだか親近感を感じて、たちまちこの会社のファンになりました。

もちろんこのチラシは印刷したものですが、きれいにパソコンで作成された
チラシよりも温かみを感じました。

そのチラシをつくっている人は、きっと購入してくれる人の喜んでいる
顔を思い描いているから、真心が込もったすばらしい言葉が書かれているのだと
思いました。


話は変わって、イタリアンやフレンチのお店でも、ランチのメニューが入り口に黒板などに手書きでメニューが書いてあると毎日いろいろ工夫しているんだなあと思い、つい興味をもって見てしまいます。

黒板に色をつけて絵なんかが横に描いてあると、その華やかさというかお洒落なところだとすぐに女性は魅かれてしまうことでしょう。


手書きのチラシと手書きのメニューのことがたまたま気になったので、メモ代わりに記録しておきたいと思いますが、他の業種にもいろいろ応用できそうですね。もちろん私たちの業界でもいろいろ応用しています。ただ事務所便りは手書きは、ちょっと厳しいかなと思います。もちろん配布するターゲットによってはありだと思いますので臨機応変に対応するのが良いと思います。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


 




管理職とは ?  名ばかり管理職問題  その3

  • 2010/07/26(月) 07:29:03

前回のブログでは、世間一般で「管理職」といわれている人の範囲と労働基準法で定めている「管理監督者」の範囲は必ずしも一緒にはならないということを解説しました。

それゆえに「名ばかり管理職」の問題が起き、世間を騒がせることにもなったわけです。

代表的なのは、マクドナルド店長の事例です。

店長ということで社内では当然管理職なので、残業代は支払わないという(管理監督者とみなしている)実務をしてきました。

しかしながら、店長からの提訴を受けて、残業代の支払いを免除される管理監督者ではないということで残業代を支払いなさいという判決が出てしまったのでその後社会問題になってしまいました。

職務権限や待遇が不十分なのに管理監督者とみなされ、長時間働いても残業代が出ない「名ばかり管理職」の問題で、すかいらーくや大庄なども未払い残業代の請求を受けて、支払ってきた経緯があります。

厚生労働省は、チェーン展開する飲食・小売業の店長らを対象に、管理監督者にあたるかどうかの具体的な判断基準を示す通達を出しました。


過去のブログ 「名ばかり管理職」指導強化 厚労省が店長らの判断基準


参考ブログ
残業代未払い マクドナルドが原告と和解

そもそも残業代を払っていないことよりも長時間労働そのものが問題なわけですが、なんだか論点がずれてしまったような気がしてなりません。

そもそも労働基準法には、管理監督者とひとことで示している条文はないのです。

私もブログ その1で 労働基準法第41条では、「監督若しくは管理の地位にある者」(以下「管理監督者」)については、「労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用しない」となっています。

とまとめています。しかしながら「監督若しくは管理の地位にあるもの」と書いてありますので、「若しくは」でつながっていますが、それぞれ別に考えないといけなかったのですが、あいまいな形になってしまい、あのような通達がでてしまったようです。

いずれにしても、この騒ぎ以降、賃金制度の改定や組織の変更や役職の変更などが行われて、チェーン展開する飲食・小売業の店長らは、大部分ははっきりと残業代の計算の対象となる労働者となりました。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


 


管理職とは?  管理監督者の範囲を把握する その2 

  • 2010/07/23(金) 07:30:29

前回のブログは、管理監督者については、時間外労働と休日労働の適用を免除されることを書きました。

そうなると、管理監督者とはどういう人のことをいうのかその範囲が大事になってきます。

だから国は、通達で基準を定めているわけです。


管理監督者の範囲について、行政通達は、経営と一体的な立場にある者の意であり、これに該当するかどうかは、名称にとらわれず、その職務と職責、勤務態様、その地位にふさわしい待遇がなされているか否か等、実態に照らして判断すべき(昭22.9.13基発第27号、昭63.3.14基発第150号)としています。

具体的には

■経営方針の決定に参画しまたは労務管理上の指揮権限を有しているか、

■出退勤について厳格な規制を受けず自己の勤務時間について自由裁量を有する地位にあるか否か、

■職務の重要性に見合う十分な管理職手当等が支給されているか否か、等が判断の目安になります。 役職にふさわしい規模の部下を使用していること、

等により、実態を鑑みて総合的に判断されることになっています。

したがって、1つの書店の店長であっても管理監督者には該当しない場合もありますし、また同じようにたとえ工場長であっても管理監督者には該当しないということもあります。

世間一般で「管理職」といわれている人の範囲と労働基準法で定めている「管理監督者」の範囲は異なっているので、「名ばかり管理職」の問題が起き、世間を騒がせることにもなったわけです。

それでは、次回は名ばかり管理職の問題についてもまとめてみたいと思います。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


 

管理職とは? その範囲について   その1

  • 2010/07/22(木) 07:30:47

「おまえは、管理職なんだから、経営者サイドで何でも考えてもらわないと困るんだよ。」などと上司から毎回説教され、「管理職って何だろう?」などと 深く考えたことがあるまじめな中堅サラリーマンの人も、きっといることでしょう。

「管理職とは、一体何?」 という疑問についてここではわかりやすくゆっくりと順番にまとめていきたいと思います。


「管理職」とは、部下を管理し、組織を運営する立場にある上級の役職者のことというのがふさわしい言葉かもしれません。

一般的には課長以上を管理職にしている企業が多いのですが、実は法律で定めもなければ、管理職の定義というものも決まっていません

 「管理職」については、残業代の支払いの対象としていない会社が多いのですが、課長=管理職だから、残業を支払わなくてもいいと解釈することはできないのです

労働基準法第41条では、「監督若しくは管理の地位にある者」(以下「管理監督者」)については、「労働時間、休憩及び休日に関する規定は適用しない」となっています。

つまり週40時間・1日8時間といった制限や、週1日は休日を与える義務があるといった労働基準法の規定が適用されません。だから管理監督者には、時間外労働手当や休日労働手当を支払わなくても良いということになっているわけです。

それゆえに企業側にとっては、管理職は、全員管理監督者としたいところですが、管理監督者の範囲は、行政通達によりその基準が設けられているのです。

まずは管理職は、管理監督者の範囲とは、必ずしも一緒ではないということを覚えておいてください。

それでは次回以降に、管理監督者の基準、名ばかり管理職、管理職の役割や理想的な管理職の姿、女性管理職の実態などについて書いていきたいと思います。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


 

仕事を「見える化」する その2

  • 2010/07/21(水) 07:30:09

仕事を「見える化」する前に、やらなければいけないこと

それは誰がみてもわかる業務の簡単なマニュアルをつくることです。

例えば、商品の注文票を受けるところからはじまり
お客さんに納品されるまでにはさまざまな工程が
ありますよね?

それを流れに沿って注意点などを書き込み、マニュアルが
できるわけです。マニュアルというとおおげさですので
ワークフローといったほうがいいですね。ワークフローなどというと
中小企業にハードルが高いので、仕事の流れ図とでもいうのが
いいでしょうか。

もちろん本格的なマニュアルは別なのでそこはふれないで
くださいね。


あるメーカーの販売店とのやりとり 仕事の流れ図

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 注文票がFAXされてくる
確認事項 記入漏れがないか? 商品記号があっているか?
        
        ↓

2 コンピューターに入力する
確認事項 半角全角注意、記号の入力ミス 指差し確認
違う人にもチェックしてもらう。

        ↓

3 在庫の確認、在庫がなければ発注、納期確認
確認事項 色違いで在庫があるなら、それも調べておく
ポイント 在庫がわずかであれば、まずは入力して仮押さえする
        
        ↓

4 お客様に連絡(メールまたは電話)
     
■お客様と連絡がとれないときどうする?

        ↓

5 トラックで納品 
配送会社に連絡事項はないか?
入口の養生に注意とか
権限をもっている副社長に必ずお礼の挨拶をするとか
納品受け取りサインをもらうよう指示        

        ↓

6 請求書の発行 
■状況により子会社の名前で請求を求められるから注意

        ↓

7 お礼の挨拶または手紙 経理との連動で入金確認
■ 過去に売掛滞留した実績あり 
■ 入金を早めに確認すること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝手に事例をつくってみましたので、ぴったりあてはまることは
ないかもしれませんが、誰がみても今どこの段階で、何が確認事項
なのか、クレームが起きたときにどこに問題があるのかを確認しやすく
なるというのは大事なことです。

仕事の進捗状況をわかるようにするのは、見える化の1つであり
誰もが急に仕事を引き継いでも代わりがつとまるようにしておくこと
が必要です。


関連ブログ 仕事を見える化する その1


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

 

社長必読  最近のおすすめ記事 ベスト 7

  • 2010/07/20(火) 07:30:13

「継続は力なり」ということで、時間の許す限りこのブログ
を書くようにしています。

おかげさまで、たくさんの人にご覧になっていただいていて、
ブログの記事のことで、会話がはずんだり、知り合いから
気軽に連絡をいただくことが増えました。

アクセス解析をしているのでよくわかるのですが、訪問者は
某日本を代表する企業の人だったり、官の色合いが残る某巨大
グループ企業の人も多数訪問しており、検索ワードにかかリ過
ぎるのも問題があると思っています。

それも仕事時間中のアクセスだから結構まずいと思うのですが、
そういう調査担当している部署の人かもしれませんからね。

さて、ちなみにブログの1つの記事を書くのに、長いと1時間以上。
短いときは、20分ぐらいだと思います。ブログの内容は、
人事・労務の情報や仕事の話など経営者をはじめとして、
人事・総務担当者向けに役立つという視点で書いています。

裁判の判決などについて、私の思うところを結構気軽に書いていますが
ごくまれに反発をかうこともあるようです。コメントやメールをいただく
こともありますが、不愉快なメールにはお返事しません。

またコメント掲載(承認制にしています)について
も弊社の判断で掲載しないものもありますのでご了承ください。

それでは 社長に読んでいただきたい おすすめの人気記事 ベスト5 をご紹介いたします。


第1位 変化の先頭に立つ

第2位 退職する社員の問題言動にどう対応すればいい?

第3位 ベンチャー企業のマネジメント

第4位 仕事を「見える化」する  その1

第5位 人事部は、社内スパイ?


第6位 社長から「退職させたい社員がいるけどどうすればいい」の相談

第7位  賃金制度の見直しをしている会社が増加


今後もより、経営者目線で役に立つ情報、覚えてほしいことや
お得な情報、斬新なサービス、リスク回避のノウハウなど
ご紹介していきたいと思いますので今後とも宜しくお願いします。



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

 

セクハラを見逃さない日常の着眼点

  • 2010/07/18(日) 07:30:59

社内でセクハラが起きていると知れば、企業は対策を
しないといけません。

しかしながら、水面下で起きると発覚まではなかなか
時間がかかり、相談してもらうまでには何もできない
というのが、人事部だったりセクハラ担当部門の本音です。

かなり前ですが、セクハラに関してまとめたものがあったので
セクハラを見逃さない日常の着眼点についてまとめておきたいと
思います。

■理由なく配置転換を希望してくる

■元気がない

■日中、長時間行き先がわからなくなる

■仕事上のミスが目立つようになる

■付き合いが悪くなる

このような状況がいくつかあてはまっていたら、可能性あり。


これは、パワハラでも一緒ですが、上司は、注意深く観察していないと
こういったセクハラの被害を受けているというサインに気づくことができません。

最悪なのは上司がセクハラしている場合で、その場合はどうしようもないので
周りの同僚が気づいてあげないといけません。

セクハラは、予防がすべて起きてからでは手遅れのことがほとんどで
経営に大きな影響を与え、従業員の雇用問題にも発展しかねません。

このような時代だからこそ、セクハラ対策にはきちんと時間をかけ
投資する必要があるのです。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2

6月末の打ち上げは、うな重

  • 2010/07/17(土) 20:50:34



弊社は、毎月末日に経営会議で、区切りをつけるために
ちょっとおいしいものを食べながらいろいろな計画について
話し合いをする決まりがあります。

たまに非常勤の役員や複数のパートナーコンサルタントと一緒に会議をすることも
ありますが、そのときはお酒も入ります。

そうではないときは基本は、お酒は飲みません。なぜなら戻ってから仕事をするから
というのと、基本的に経営陣はあまり飲めないからです。

本来であれば気分転換も兼ねているので地元ではないほうが
いいのですが、7月末は人形町の会社から歩いて
5分ほどの うなぎの大和田さんでした。

日本家屋の店構えとちょっと高級そうですが、敷居は
高くなく、思ったより庶民的です。

注文してから、出てくるまで15分以上かかりましたが
うな重  と きも吸い を頼んでも1人当たり3000円
でおつりがくるぐらいですから、あの質とうなぎの量を考えれば
かなりリーズナブルです。

もちろんうなぎは、できたてのほっかほかで最高です。たれの好みはわかれ
るところですが私はまた行きたいと思った次第です。

人形町には、うなぎの名店がありますが、こちらの店もかなり
おすすめの1つです。あえてお店の名前は書きません。

もちろん私も名店のほうには、お客さんと一緒に食べにいったことが
ありますが、やはり好みもあると思いますが、私は意外と
今回のお店のほうが好きでした。そもそもお店のコンセプトが
違いますから、比較してはいけないのだと思います。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


仕事の案件は、ゴールの設定のイメージを大切に

  • 2010/07/16(金) 23:48:41

仕事があるということは幸せなことです。

どんなにものすごい量であっても、終わらない仕事は
ありませんから。




さて、上記写真は、ある案件の膨大な資料です。会議室に
一時避難させました。

ものすごい枚数でなおかつ重要資料です。

このような仕事に着手することをためらってはいけません。

嫌な仕事ほどあとにまわしてしまいがちですが
それではいけないというようなことを社内で
先日も話していました。

着手しないと問題もみえてこないし、意外といい方法がでてくる
かもしれないからです。

覚悟を決めてゴールをイメージをして、一気にすすめると
なんとかなるものです。

まずは着手すること。着手する前に頭でいろいろ考えすぎないこと。

あとはどのくらい時間がかかるのか感覚で理解できる
判断力が大事です。この仕事がトータル10時間なのか30時間なのか
それとも50時間なのか。もちろん1人だけの問題ではないので
あらゆる周辺の環境を把握して協力体制をあおぐのも大切です。

さて、今回は結構苦戦しましたが、終わってしまうとまあこんなもの
といった感じで、次の案件が楽しみです。難易度の高い仕事は苦しいですが
やりがいとそのあとの達成感がたまりません。

高い志を忘れることなく、クライアントの成長を支援できる最高の
サービスを考えていかなければとふと思った次第です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2







オススメする中堅・中小企業ランキング ナンバー1は、この会社

  • 2010/07/13(火) 11:11:18

ビズリーチ年収1000万円研究所では、年収1000万円以上のビジネスパーソンに対してさまざまなアンケートを取り、“年収1000万円を稼ぐビジネスパーソンの考え方”を調査しています。

すでに大手企業の採用は終了し、中堅・中小企業の採用も終盤に近付いていますが、内定を獲得していない学生は多数いるのが現状です。そこで今回は、年収1000万円のビジネスパーソンにアンケートを実施して分かった、「まだ内定を獲得していない来春卒業予定の就活生にオススメする中堅・中小企業ランキング」をご報告します。

就活生にオススメしたい中堅・中小企業ランキングはこちらです。

順位 会社名 事業内容
1 株式会社ディー・エヌ・エー モバゲータウンなどインターネットサービス
2 株式会社ミスミグループ 機械加工製品の製造販売
3 浜松ホトニクス株式会社 電子部品、電子機器の製造販売
4 株式会社ニトリ インテリア小売業
5 株式会社王将フードサービス 中華料理レストランチェーン
6 株式会社エス・エム・エス 介護・医療・シニア層向けサービス
7 グリー株式会社 ソーシャルネットワークサービス
8 株式会社キーエンス 各種センサ、測定機器などの製造販売
9 株式会社星野リゾート リゾート運営事業
10 楽天株式会社 インターネットサービス事業
11 アニコムホールディングス株式会社 ペット専門損保事業
12 株式会社シマノ アウトドアスポーツ用品店
13 未来工業株式会社 電気・ガス・水道設備資材の製造販売
14 マニー株式会社 医療機器の製造販売
15 サイボウズ株式会社 ソフトウェア開発会社
16 ワタミグループ 外食産業、農業、介護事業等
17 ライフネット生命保険会社 生命保険会社
18 ファナック株式会社 工作機器、多関節ロボットなど電気機器会社
19 クックパッド株式会社 レシピコミュニティサービス

■1位は、会員数1700万人を超え躍進を続ける「株式会社ディー・エヌ・エー」
さまざまな業界の企業がランクインした中でトップに輝いたのは、ソーシャルゲームを中心に順調に業績を伸ばしている株式会社ディー・エヌ・エーでした。主力事業のモバゲータウンは会員数1700万人、月間ページビュー500億(2010年2月現在)を超え、ユーザーから絶大な支持を受けています。好調な業績に加え、マッキンゼー出身の女性社長・南場氏の元「自分たちの信じたことをとことんやり抜く」という姿勢で、失敗も成功も経験している同社に期待が寄せられたようです。

上位3社が選ばれた理由を抜粋していきます。

【1位、株式会社ディー・エヌ・エー】
・仕事をしている人が楽しそうだから(50代、男性、金融コンサルティング、役員)
・経営陣が魅力的なので逆境も乗り越えられるし、魅力的な人のもとでは働きがいがある(30代、女性、証券会社、投資助言)
・DeNAは一旦ダウンしたものの成長しているし、いろいろなことができる可能性がある。(30代、女性、小売業、広報)
【2位、株式会社ミスミグループ】
・独自の経営方針の下、堅実な経営を行っているので。(50代、男性、飲食事業、部長)
・セグメントされた市場においてのNo.1プレイヤーであることと、経営者が人財育成に力を入れていること。(40代、男性、メーカー、役員)
・汎用性の高い問題解決能力が身につく(30代、男性、コンサルティング企業、コンサルタント)
【3位、浜松ホトニクス株式会社】
・独自技術を持ち、自社の強みを理解している会社(50代、男性、保険会社、部長)
・株価堅調。経営陣の判断が早い。(40代、男性、証券会社、ディレクター)
・地域の製造業、且つ海外進出をしているところ(30代、男性、投資会社、アソシエイト)

■業界指名は、飲食・環境・ITが多数
今回のアンケートでは社名ではなく業界を指名する声も多数見られました。中でも多くの支持を集めていたのが、飲食に関わる事業(小売や流通含む)、環境事業(電池やバイオ系含む)、IT事業。会社のネームバリューよりも社会貢献性や、今後の成長性を考えた上でのアドバイスと言えます。

(引用ここまで)

カテゴリーをどのジャンルに分けようか迷いましたが、一応採用にいれておきました。

年収1000万円以上のビジネスパーソンのおすすめということで信用度は高いと思いますが
このアンケートに出てくる会社は、結構有名どころも多く、私でも3社ほど除いて
大体知っている会社でした。

私のお薦めは、ミスミグループとクックパッドあたりでしょうか。
独自のビジネスモデルは、やはり魅力的で可能性を感じます。
あとはサイボウズは、働きやすい会社で、ワークライフバランス的にも
魅力あふれる会社です。

もちろん楽天は、今後のグローバルな展開を考えると、自分を成長
させる機会がたくさんある企業だと思います。

トップをかざったディー・エヌ・エーは、すでに東証1部に上場して
おり、ベンチャーマインドはあふれる会社で魅力もあるが、どちらかというと
中堅というような言葉は失礼かなと思うぐらい大きな会社です。

社員数は、連結で800人以上います。資本金は43億。
22年3月時点での年間売上高は、連結で481億ぐらいでした。

やはりコメントにもあるようにこの会社は可能性を秘めているという点と
南場社長と働いてみたいと思う人が多いからだと思います。

私は、ずっと前に書かれた南場社長のコラムが結構お気に入りです。

かなり長くなってしまいましたが、今回はここらあたりでおしまいとします。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




三菱ふそう 育児介護制度拡充 

  • 2010/07/11(日) 18:11:49

6月28日 msn 産経ニュース

三菱ふそう 育児介護制度拡充

三菱ふそうトラック・バスは28日、社員の育児・介護休業制度を30日から大幅に拡充すると発表した。子育てしやすい環境を整えることで、優秀な人材を確保し、女性社員の退職などを減らしたい考えだ。
 改正育児・介護休業法の施行に合わせ、自社の制度もより使いやすい内容に見直した。

 子供の看護休暇については、従来「小学校就学前の子」が対象だったが、「小学校3年生までの子」に広げ、有給休暇扱いにした。業界初という。

 また、育児休業の取得できる期間も「子が1歳6カ月まで」から「3歳まで」に拡大。育児中の短時間勤務は「小学校就学前」を「中学校就学前」に変更した。

(引用ここまで)

三菱ふそうトラック・バスは、現在ドイツのダイムラーの連結子会社です。
株式関係は、三菱グループ資本もある程度残っているようです。

ダイムラーの子会社ということですが、よく聞くダイムラーとは
世界のトラックの販売では業界1位の会社です。ブランドは、あのメルセデスベンツ
を保有しています。

ダイムラーは、米国のクライスラーと合併しましたが、9年ほどたった2007年
解消することになりました。

さて、今回は肝心の育児・介護休業制度の拡充がテーマですが、ちょうど
6月30日に法改正が施行されたこともあり、アピールにはなると
思います。

詳細をみていくと

「短時間勤務」を「小学校就学前」から「中学校就学前」に変更したということ
ですが、実際にどのくらいの人がこの枠をうまく利用することになるのか
興味があります。

小学校に入学しても、塾への送り迎えだったり、スポーツ(野球とかサッカーなど)
少年団の活動支援などに時間を使っているママさんたちも多いようですから
状況によっては、かなりありがたい人も多いことと思います。

実際は、短時間勤務を選択したら、基本的には賃金もその分だけは
下がるというのが通常なので、そのあたりを考えるとどういう働き方が
いいのかは、本人たちにとっても悩むところだと思います。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2






カジュアルフードのホールドバゲットを食べました。

  • 2010/07/10(土) 07:25:30

先日、新橋に用事があったので、汐留シティセンターにも
寄って、以前から食べてみたかった下記の写真のホールドバケット
というヨーロッパでは当たり前のフードを食べてみました。

お店のサイトによると

北欧ではフレンチドックと呼ばれ大人気のカジュアルフード-それ
がホールドバゲット。焼きたてバゲットにソーセージやチーズを詰
めて召し上がれ。

片手で食べれて、しかも中身がはみ出してこないから、歩きながら、仕
事をしながら手軽にほおばれます。専用加熱器で焼かれる姿もユニークで、
なんとなくヨーロッパの街角を散歩している気分になれる・・・ちょっと
お洒落なバゲットの登場です。






ホールドバケット


時間が夕方の5時30分ごろということであまり人は
いませんでしたが、フードコートになっているので
テーブルに座って落ち着いて食べることができます。

さて、肝心のホールドバケットですが
フランスパンの中に穴をあけていて、そこに
ソーセージをいれて、歩きながら食べれるという
現代風な食べ物です。私は、あらびきチーズを
注文し、食べました。


パンの食感と質は、グッドでした。ホールド感があり
食べやすいというのもいいです。暖めて出してるので
おいしいですし、いいやわらかさが出ています。

ネックになるのは、中のソースでしょうか?私の好みとは
違っていたのでちょっと残念なのと、やはり人員の関係も
あるでしょうが、他の人が注文したときでしたが、注文か
ら出すまでの時間は5分25秒ということでしたので、
これはちょっとまずいかなと思いました。

こんなときにアイフォンのストップウォッチ機能は便利です。

店員さんも3分ほどお待ちください
と言っていましたので、もう少し仕組みを変えないと
いけないでしょう。ただ、店員さんの愛想のよさとか
コミュニケーション能力は高かったと思います。

あとは価格ですが、私の食べたのは330円です。
これが妥当なのか、高いのかはわかりませんが、比較的
好立地にある場合には商品として十分なCPだと
思います。

現在は弁当なども並べて売っていましたが、ちょっと
私はあまり好きではないスタイルです。

私は、飲食のコンサルティングをしているわけではありませんが
クライアントの関係でいろいろな業態のお店を研究し、
現地に足を運んでいますので、少しみていれば売上げから
損益分岐点なども頭の中で計算するような習慣があります。

そういう意味では、賃借料が高いと思われますので、単価の低い
商売をするうえでは、セットでジュースやサイドメニューを
どれだけ販売できるかが鍵になるのだと思います。

いずれにしても、新しい商品なのでぜひ皆さんも一度食べてみて
感想を聞かせてもらえると嬉しいです。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




自動販売機をオフィス内におく会社のメリット

  • 2010/07/08(木) 07:30:52

弊社のクライアントには、自動販売機を社内に設置している会社が
いくつかありますが、その利用率を聞いてみると結構高いようで
従業員には大変好評のようです。

コンビニに行って、ジュースを買って戻って来るだけで
15分ぐらいは、かかることを考えると会社にとっても
従業員にとっても自動販売機は設置するメリットが
あります。

デメリットといえば、電気代がかかることです。あとは
ジュースの種類はコンビニほど多くはないですが、ある程度ニーズには
答えてくれるようですので、好きなドリンクについては
要望してみるのもいいでしょう。

今の自販機は、お財布携帯を使って買えますのでとても便利です。
これからは小銭はもたない社会になっていくのかもしれませんが

まだまだ私は、お財布携帯やスイカで商品の購入などをしたこと
が一度もありません。何事も経験することが大事なのでまずは
詳細を把握してみたいと思います。



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2


朝礼といえば、やはりこの会社が有名です。

  • 2010/07/06(火) 23:04:54

朝礼については、少し前に沖縄教育出版さんの
事例について、とりあげました。朝礼に関しては
興味をもっている人も多いようですので、今後も
ユニークな朝礼を取り上げてみたいと思います。

もちろんユニークといえば、居酒屋てっぺんの朝礼は
有名です。

参考になるサイトは、

てっぺんの朝礼とは?

いずれにしてもこの朝礼は、夢を語り合い、想いを伝え合ったり
することでチームワークも人間関係がよくなることを目的としています。

いまではこの朝礼は、業界を超えて有名になり
多くの会社が参考にしています。


感謝の気持ちとか、きちんと言葉にして熱く語れる機会はそうないもの
ですので、スピーチテーマなどについてもいろいろ参考に
したいと思います。

この朝礼は、一般の人でも参加できるのもおもしろいところです。

ぜひ皆さんも参加して、ちょっと価値観を変えてみてはいかがですか?

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2




採用と県民性

  • 2010/07/02(金) 12:25:24

県民性の本などがやたらとブームですが、先日あの
プレジデントでも別冊となって特集されていた。


実際によくいわれている県民性は、あたっているのか?

いろいろ考えてみたり、周りの人と話したりすると
確かにあたっている気がする。

私は自社の採用活動をする際には、どこの都道府県出身かと
いうことはよくみて、面接などをしています。いわれている
県民性は一般的にあたっているので、それが会社や仕事内容
にマッチするか、周りの人とうまくやれるかということは
大事です。

同じ静岡でも東部と西部ではまったく違いますし、
長野県の場合は、長野と松本などはライバル意識
むき出しですし、飯田とかの南のほうは名古屋の影響あり
、上田、軽井沢などの東信地域はまたちがう文化があります。

そしてわが故郷も福島も特徴的です。わかりやすい記載
がありましたのでそのまま引用しておきます。47都道府県の
県民性が全部書いてあったのでこれもおすすめです。

ここからは、AGREEN イナカとトカイの橋渡し ブログからの引用

福島県は、中通り、浜通り、会津という3つのエリアに分かれるんですが、その本に書いてあったことは、それぞれのエリア出身者に、出身エリア以外を褒めても効果はない、と。

面白いものですー。


(引用ここまで)

確かに福島は、3つの地方はまったく別の文化ですから、会津の人にいわきの
スパリゾートハワイアンいいですねえ。

などといっても喜ばれませんね。

逆に郡山や福島の人に、修学旅行で
会津の鶴ヶ城に行ったことを延々と話しても、「ああそうなんですか」
どまりでしょう。

営業マンだけでなく、ビジネスに携わっているいる人は、
人と人とのコミュニケーションを円滑にするためには、
こういった県民性やその地方の特徴などを事前に
調べておくとよいでしょう。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2







日本一長い朝礼を続ける会社の理念経営 

  • 2010/07/02(金) 12:00:07

朝礼に関しては、このブログでも取り上げることも
あり、いろいろな事例を研究しているのですが
今回の、沖縄のこの会社は実に素晴らしいのひとこと。

日経ビジネスにとりあげられているので
詳細は、こちらをご覧になっていただきたいと思います。

日本一長い朝礼を続ける会社の理念経営



沖縄教育出版は、労働時間の5分の1を朝礼に費やすが
その根底には理念経営があってのこと。

複数の体操からはじまり、お役立ち報告、そして
「社憲」と「企業理念」を全員で読み上げて朝礼
は終わるわけだが、これで1時間半。

朝礼に使っている時間は、1時間半。長いときは、3時間になる日も
あり、普通に考えるとちょっと無駄ではないか?という疑問が残ります。
もちろん賃金は朝礼時間分支払われます。

しかし記事を読んでいくと朝礼を続ける
その理由がよくわかりました。

この会社は、出版という社名がついていますが
通信販売の会社というほうが正しいです。

記事によると主に健康食品や化粧品などを販売し、売上高18億円前後、
経常利益は3億~4億円。

沖縄を代表する優良企業ですし、働く人がいきいきしている
会社というのが写真からもうかがえます。

最後に社長の深い言葉をご紹介しておきます。

 「事業経営というのは、何のためにやるのというと、やっぱり人間が幸せに暮らすためにやる。仕事が成功するために事業経営をやるわけじゃない。いくら仕事がうまくいっても働いている人たちが幸せ感を感じなかったら、何のために事業経営しているのか、何のために生きているのか分かりません」

いろいろ苦労されているからこそ説得力のある言葉です。

あらためて何のために事業経営をしていくのか? 考えてみたほうが
いい経営者もたくさんいるのではないかと私も含めて思う
日経ビジネスの記事でした。


参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2



近距離出張の移動時間

  • 2010/07/01(木) 07:07:55



先月になりますが、会社から1時間ちょっとかかる現場に行って、仕事を
してきました。昔懐かしい思い出のある東武線にのりましたが、沿線の
地方都市をいろいろ見ていると、かなり厳しいようです。町には活気がなく
、特に地元の名物とか産業がないところはほんとうに苦しいです。

さて今回の移動のように電車に乗っている時間が多くなると、基本的には
1日の生産性は下がってしまうので、その移動時間をどう活用するか
が重要になってきます。

最近は、アイフォンで普通にHPが見れるので、訪問先の情報収集
に力をいれています。そしてスケジュール入力や手書きメモなど
あとは各新聞社の記事の見出しは、ほとんどみれるので
それらをチェックするようにしています。

隙間時間の活用については、支援先に情報発信しているので
私自身が実体験で成果をあげて、信用を得なければなりません。

いずれにしても仕事中の移動時間の電車の中で
マンガなどを読んでいると、取引先などに見られた
場合に印象が悪くなる場合もあるので、そのあたりは
意識しないといけません。

会社のトップがそのようなことまでは話さないので
、現場のリーダーが日頃話をすることで、理解させて
おくことが重要です。会社の営業マンは、会社の顔で
あることを忘れてはいけません。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


     会社バナー 2