セクハラ:労災認定基準見直し 一歩前進も現実とひらき

  • 2011/06/26(日) 12:21:02

6月23日 毎日新聞

セクハラ:労災認定基準見直し 一歩前進も現実とひらき

 セクハラによって退職に追い込まれたうえ精神疾患で通院を余儀なくされ、再就職もままならない。なのに声すら上げられない--。そうした女性が後を絶たない中、厚生労働省が23日、セクハラによる精神疾患を積極的に労災認定するよう基準の見直しを決めたことは、被害者には一歩前進だ。とはいえ、セクハラは依然「対人関係のトラブル」とみなされ、当人の深刻さがなかなか理解されない現実がある。労災申請そのものをためらう人も多い。

 「最初は申請書さえ受け取れなかった」。北海道の元派遣社員、佐藤香さん(43)は、セクハラによる労災認定の壁の厚さをこう振り返る。

 佐藤さんは03年末、派遣先の上司から一方的に好意を寄せられた。「愛している」とのメールが届き、たびたび食事や旅行にも誘われた。「おまえたちの代わりはいくらでもいるんだ」と脅された。

 要求を拒否すると、今度は嫌がらせが始まった。社内の研修を受けさせないなど業務にも支障が出てきたため、派遣会社や派遣先の会社に相談した。が、具体的な対応は取られなかった。

 04年6月にはストレスによる適応障害と診断された。その後、通勤も困難になり、06年7月、退職した。自傷行為や摂食障害なども経験し、今も就職できる状態にない。

 佐藤さんは07年7月に労働基準監督署に労災認定を申請したが、ストレス強度は「2」(中程度)と評価され、不認定だった。10年1月には国を相手取り、セクハラを巡る労災不認定の取り消しを求めた初の行政訴訟を起こした。国は今年2月、判決を待たずにセクハラ被害を認め、休業補償の一部支給を決めた。退職から5年が過ぎていた。

 佐藤さんのような場合、認定基準が見直されると、セクハラを繰り返し受け、会社に相談しても改善されなかった点が強いストレス(3)と評価され、労災と認められやすくなると見られる。

 ただ、労災認定の判断対象を「発症前6カ月以内の出来事」とする点は以前と変わりがない。発症は初診日とされることが多く、セクハラから半年を過ぎて診断を受けた人ははじかれてしまう。セクハラ被害者の相談に応じている個人加盟の労組「北海道ウイメンズ・ユニオン」の小山洋子委員長は「セクハラの内容を他人に話すのはつらいこと。打ち明けるのに時間のかかる人もいる」と指摘する。佐藤さんは「今回の見直しが、当たり前に労災認定されるきっかけになってほしい」と話す。【山崎友記子】

(引用ここまで)

現実は、難しいということを象徴するような過去の事例の紹介です。

やはり問題は労災認定判断対象を発症前の6ヶ月以内の出来事としている
点ではないでしょうか。



会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング







スポンサーサイト

手当に関する調査 (みずほ総合研究所)

  • 2011/06/24(金) 23:00:24

みずほ総合研究所株式会社では、みずほグループ取引先企業を対象に運営する法人会員制度「FORUM-M(フォーラム・エム)」の役職員を対象に、「各種手当」に関するアンケートを実施しました。

その調査結果によると

①比較的見直しが進み、支給要件が厳格化されたのは出張手当

②手当てを削減する場合、2割未満の幅で減額されることが多いということ

②削減の理由は「経費削減」のほか、「社員の処遇の平等化」「基本給への一本化」となっており必ずしもマイナス要因だけによるものではない

④社員は「モチベーションが低下する」とする回答が多い。「時勢もありやむをえない」とする回答も多く従業員の多くは手当削減を不可避なものとして容認している

手当の削減や減額は、やはり中小企業においても進んでいますし、相談を受けることが増えていますのでこのような調査結果は大変貴重なものであり、おおまかな最近の傾向や今後の動きをつかんでおくことが大切です。

会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング










ユニークな社内制度  goo 調査ランキング 有給休暇の連続取得で10万円支給

  • 2011/06/18(土) 10:35:58

gooのランキング調査からの引用です。

ユニーク制度は、よく話題になりますが
実際にその効果が出ているかどうかは
わかりません。

社員に福利厚生などを手厚くすればいいというのは間違いです。
ほんとうに求められている制度を会社ができる範囲で行うのが
いいと思います。

奇をてらったりしても、長続きはしません。
ほんとうにいい会社は、休みが多い会社でもなく
福利厚生施設が充実していたりするということ
だけではありません。

働きやすい職場づくりは、ソフト面も大事にしないと
駄目なんですが、なかなか理解できていない企業が
多いです。

以下goo より

社員は会社の宝です

 近年に始まった話ではありませんが、ここ数年メディアで取り上げられる機会が増えて大いに注目を集めているのが、特定の会社だけで採用されている独自社内制度。調べてみると世の中にはビックリするような制度を取り入れている会社が幾つもあるものですが、今回は中でも特にユニークな制度について、どの制度が最もおもしろいと感じたかを聞いてみました。

 一番人気となったのは、リクルートエージェントが採用している《有給休暇の連続取得で10万円支給》でした。この制度は年に一度有給休暇を連続で4日以上取得するというもの。会社にとって社員が連続して休暇を取ることの影響は小さくないはずですが、社員がまとまった休暇を取ることでリフレッシュできて、結果として仕事に対するモチベーションが向上すれば良しとする同社の考え方もまたうなずけるものがあります。

 続いての人気はスパイシーソフトの《自分や家族の誕生日に特別休暇》。同社ではこのほかにも「新婚旅行ボーナス&休暇」や「奥さん出産休暇」といったさまざまな休暇制度を取り入れていますが、自分たちの大事な人材だと考えてくれていることが、このように制度という形ではっきりと見えると、「この会社のためにがんばろう!」という気持ちになりますよね。

 このほかにも《バーゲン半休》や《デート支援金制度》など、ユニークな制度を挙げればきりがありませんが、いずれの制度にも共通しているのは「社員は会社にとって大事な存在。だから気持ちよく働いてもらいたい」という考え。もちろん、こうした制度を取り入れることで会社側の負担が大きくなる可能性はありますが、結果としてそのコストを上回るリターンが帰ってくるのであれば、採用してみる価値はあるのではないでしょうか。

(引用ここまで)

自分の会社にも取り入れて欲しい、オモシロ制度ランキング
ランキングをすべてみる



会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング







終身雇用をのぞむ割合 今年は過去最高74.5%

  • 2011/06/17(金) 00:10:35

産業能率大学が発表したところによると、
終身雇用を望む割合はこの10年間、ほぼ上昇する推移を辿り、
今年の新入社員は過去最高の74.5%に達しました。

2000年前後の前回の就職氷河期では、終身雇用を望む割合が
5割強に留まっていましたが、今年の新入社員は、近年の傾向と
同様にひとつの会社に長く勤めようとする意識があるようです。


このことからどういうことが考えられるのか? 

厳しい就職活動を終えて、入社した会社でできるだけ安定した
生活を送りたいということ、そして震災の影響からも、そして
時代背景からもやはり安心して働くことができ、簡単に倒産しな
いような会社がいいと思っているのではないでしょうか。

これも数年たつと会社への不満もたまりはじめて、だんだん転職志向
も強くなるから不思議なものです。


会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング







「心の病」で労災、最多308人=請求は1181人―厚労省

  • 2011/06/14(火) 23:18:16

時事通信社からの情報になりますが、心の病で労災認定された人が過去最高の308人となったことが厚生労働省の発表により明らかになりました。

心の病に関しての労災認定が増加に転じた理由として考えられるのは、人間関係の悪化などです。請求件数が増えており、認定率も若干上昇しているので件数も増加しました。

あとは社会環境の大きな変化によるもの、組織の再編などによる雇用環境の変化、仕事量の増加による過重労働が一部に進んでいることなども考えられます。

いずれにしても平成18年度は819件の請求件数であったものが、平成22年度は労災請求した人が1181人もいるということだけを考えても、今後も増加することが予測されます。各企業はこのようなデータを他人事だと思わずに、自社の労務管理の状況を再度見直すことも大切といえます。


会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング








横浜ベロタクシー アニメ車発見

  • 2011/06/13(月) 07:29:19



ベロタクシーをご存知ですか?

先日横浜市関内地区を歩いていたら、なんとも不思議な乗物
発見ということで、調べてみるとベロタクシーというものです。

タクシーだけど、三輪車(自転車扱い)のようで、結構横浜では
なじんでいる気がしました。

これを見ていてら京都嵐山の人力車も思い出しましたが
一度くらいは乗ってみたいと思ったものでした。

さてベロタクシーですが

ドイツが発祥の地のようで、日本では2002年に京都で初めて
走行を開始。2007年3月、横浜に登場したとのことです。

今回は、アニメ広告があってとても目立っていて広告効果は
高いのではないかと思ってみていました。ついつい写真も撮って
しまいました。

環境にやさしいことは賛成です。また企業広告やイメージアップにも
最適だと思います。

肝心の利用する人はといえば、観光目的の人が多いと思います。

料金は、ホームページなどを参考にしてもらえればと思います。


横浜アニメベロタクシー(写真がたくさんあっておもしろい)
http://ameblo.jp/velotaxi-yokohama/entry-10814241426.html


会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング








ローソン人気商品  お願いランキングから学ぶ商売の基本

  • 2011/06/11(土) 15:11:12

テレビ朝日のお願い!ランキングの人気コーナー、
美食家が選ぶ美味しい順ランキングのことを知っている人も
多いと思いますが、その商品の味がどうかということより、
今回はローソンの戦略と番組のしくみについて考えてみました。

【美味しい順ランキング対決!ローソンのスイーツvs.お弁当】から

先週テレビで見ていてちょっと気になった商品を目当てに
ローソンの弁当とスイーツを買いにちょっとお散歩を兼ねて、
徒歩5分くらいのところにあるコンビニへ。店舗も小さく
きれいではないし、接客サービスも決してよくない。
でも混雑していたたのは放送の影響かも。
立地もあまりよくないのですが周辺に住んでいる人は
結構いるということですね。近くに大型タワーマンション
あるから人口は多いかも。

ちなみに私の家はすぐ隣にセブンイレブンがあるので自宅周辺で
まず他のコンビにに行くことはありません。またお弁当だけ
でなく、やはりすべてにおいてセブンが優れていると思っていますが
スイーツは、ローソンがなかなかいい商品をもっています。

そんなこともありまして、上記番組を見ていました。

しかし実際にローソンで購入したのは、ローソン弁当売上 

2位のショート生パスタチーズクリーム



同じく4位の和ぱすた 牛肉と野菜の和風だし



の2つを購入しました。

美食家の評価は、ある程度はシナリオあっての発言だと思いますので、あまり
気にしないのですが、売れているものは試すというのが基本の行動です。

それで結果は、私の好みだと和パスタはなかなかおいしかったけど
ショート生パスタチーズクリームは、量も少ないし、ショートパスタ
というのが好きでないということもあり、おいしいけど言うほどでは
なかったかもしれません。

さて、このような番組は広告であり、単なる企業の宣伝活動です。
きちんとシナリオがありまして、美食家の言葉など気にしないほうが
いいと思います。もし美食家が最初から最後まで全部文句言っていたら
企業は怒ってしまいますよね。

でも本音はプロの料理人だったらプライドもあるし、コンビニ弁当や
オリジン弁当などをべた褒めするなんていうのは違和感を感じている
はずです。

ただあくまで美味しいというのは、コンビニとしての商品ということで
考えての値段などのバランスからということではかなりプロとして
適切な意見を言っていると思います。

いつも多少非難をするのは想定どおりで、番組に商品が取り上げられるだけで
すごい宣伝なわけですから多少評価が悪くても、購買のきっかけを消費者にあたえること
になるのでいいのです。

美食家も番組出演で自分を売り出し、カップラーメンやパスタの新商品の
プロデュースや監修などの仕事につなげるので露出するわけです、大事なのは本業を
忘れないことで、たとえばイタリアンの名シェフの仕事はおいしい料理を出して
顧客に満足してもらうことであって、万人に好かれる心地いい美食アナリストとか
ではないはず。

気づいたら本業を忘れて、他の事業の方が売り上げが高くなっている
企業もありますが、小手先の怪しい商売などは長続きするものではなく
それまでの基本の事業を疎かにすると、やがて時期がたつと苦戦する
ことになるのです。

この番組はそれぞれの美食家の役割があって、厳しいことを言う人もいますが
最後には、べた褒めして終わりという、水戸黄門のようなお芝居に
なれてしまいがちですが、それでも視聴者には人気番組で
この効果は馬鹿にできません。企業もテレビ局も視聴者も納得する
ものであれば問題ありませんが、私たちは情報に左右されすぎて
正しいものを判断する能力が衰えていくことを避けなければなりません。

ローソンの今後の戦略というものはある程度、わかっていますが、これからの
大競争時代にすることは何か? ということをコンビに本部も
もう1度深く掘り下げて考える必要があるのだと思います。


マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング





解約権留保付労働契約とは?

  • 2011/06/10(金) 08:27:27

リーマンショックや東日本大震災により雇用環境は
大きく変わりました。そんな中で聞いたことがある
かもしれない「解約権留保付労働契約」という言葉。
「始期付解約権留保付労働契約」ともいいます。
今日は簡単にその意味だけを理解していただければと思います。

解約権留保付労働契約とは、ざっくりいって 「採用内定状態」
のことだと思ってください。

採用内定は、解約権を会社が留保した特別な労働契約が成立した
ということであります。解約できるのは、例えば卒業できなかった
ときなどの特別な内定取消事由がある場合だけ解約権を行使すると
いうことなんです。

だから誓約書などをもらっていて、それを安易に内定取消としますと
本人から就業の機会を奪われたということで賠償請求され、解雇と
同じことですからそれなりの解雇予告手当相当の請求を受ける
ことがあるわけです。

 この採用内定の法的性格については多くの議論がなされてきていまして、
一概にひとことで片付けることはできませんが、過去の最高裁の判例がベースに
なっています。

最高裁は「企業からの募集に対し、求職者が応募したのは労働契約の申込であり、これに対する採用内定通知は、右申込に対する承諾であって、求職者の誓約書の提出とあいまって、・・就労の時期を大学卒業直後とし、それまでの間、誓約書記載の採用内定取消事由に基づく解約権留保付労働契約が成立したと解するのが相当である」(大日本印刷事件 昭54.7.20)

会社が誓約書を受領した段階で、労働契約が成立するという考え方を示しています。

難しい話は、さておき社会保険労務士がどのようにこのようなトラブルから守る
か、そして採用フローを工夫できるかということは、社労士としての差別化
できる部分だと思っています。

会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング





東京都庁 サマータイム制度試験導入 本日よりスタート

  • 2011/06/06(月) 11:20:06

東京都は6日、夏の節電対策として、都庁の職員の出勤時間などを早めるサマータイムを試験的に始めました。

公務員のサマータイムに関しては、宇都宮市役所などが積極的に発表していた記憶がありますが、それ以外でも続々と導入をはじめているようです。

千葉県庁もサマータイムを県庁本庁と中庁舎の職員を対象に導入するようです。現行では午前8時半が基本的な出勤時間で、7月から30分~1時間早めるとのこと。


さて東京都はこれまで、通勤ラッシュを緩和するため、出勤時間を8時半から9時半までの3段階に分けていたが、これを7時半から9時までの3段階に早める。東京都庁では6日朝、7時半の業務開始に合わせて出勤する職員の姿が見られた様子。

 涼しい朝のうちに働き始め、暗くならないうちに帰るサマータイムは、冷房や照明の使用を抑える効果が期待されている。こうした取り組みなどで、都は、去年夏のピーク時に比べて25%の節電を目指しています。

 サマータイムは、本庁舎で働く約9500人が対象だが、来月からは、警視庁や消防などを除く出先機関を含めた2万5000人に広げるとのこと。

このようにサマータイムが6月になってどんどん導入されていますが、アフター4は、企業にとってはチャンス拡大です。ホテルや居酒屋は、ビックチャンスです。

特にホテルは、この商機を逃さないように早急に対応しないといけません。逆に消費者もお得なプランをいろいろ見てから上手に利用したいものです。

私が感心したのは、セブンイレブンのクーポンで18時以降24時までに10円から50円くらいのさまざまな売れ筋商品に対応しています。とにかくスピードが速く、ワールドビジネスサテライトに5月31日とか6月1日に取り上げられていましたからすごいものです。

当然他のコンビにも負けていられませんが、セブンの独走を許さないためには何らかの秘策が必要といえるでしょう。


会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


毎日続けることが大切

  • 2011/06/03(金) 23:59:28

みなさま こんにちわ

社会保険労務士の庄司 英尚です。

リンク先のマイベストプロ東京のコラムを毎日書き続けて、
何日経過したでしょうか?
http://mbp-tokyo.com/iwave/column

コラム数は350を超えましたが、1つの無形の財産ともいえます。

ほんとうにあっという間でしたが
正式オープンからもうすぐ1年を迎えようとしています。

私はマイベストプロ東京を上手に活用しようと思い、
当初気合を入れていろいろ試行錯誤していましたが
最近は時の流れに身をまかせて、できることだけを
しています。

それは素直に言われたことを実行するだけと
いうことかもしれません。

その中の1つがコラムを毎日、休日も含めて1日1本は必ず書くということ。
1日も欠かさずというのは大変なことですが、これは記録として
更新し続けているので途中でやめられないと思っています。

コラムの数では負けている人がいるかもしれませんが、毎日書き続けている
人は、ほとんどいないでしょう。

これは「ハナの差理論」の教えを守っているということです。
ハナの差理論については、ここでは省きますが、私が大事に
している信念です。


私は、時には専門からそれた話題のニュースも取り上げますが
基本的には人事労務周りのニュースを中心に経営者に役立ちそうな
ことを丁寧に書いているつもりです。

はっきりいってコラムを書いたからといって売上が増えるわけでないので
優先順位は少し低いのですが、ここまでやると習慣化してしまい
歯磨きをしないと気持ち悪くて寝れないというのと同じようなものなの
かもしれません。

ある1つの行動を習慣化するためには、習慣化するための
仕掛けが必要です。

それは人によって違いますが、私の場合〇〇〇〇だったということです。

〇の中身は、内緒ですが、とにかく今後も読み手に伝わるコラムを
丁寧に書き続けていきたいと思います。

会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


続きを読む

超クールビズがスタート 環境省、アロハもOK

  • 2011/06/01(水) 20:48:01

今日の東京新聞に、スーパークールビズについてわかりやすい記事がありました。

スーパークールビズが節電の切り札になるとまではいきませんが、
ぜひとも各個人の努力が必要ですので力をあわせてこの電力欠乏
時代を乗り越えましょう。


6月1日 東京新聞

超クールビズがスタート 環境省、アロハもOK

アロハシャツやポロシャツ、ジーンズ姿での勤務を認めるなど、従来のクールビズより一層の軽装を促す環境省の「スーパークールビズ」が1日、始まった。中央省庁では初の取り組み。東京電力管内などでの夏場の電力不足解消に向けた節電対策の“切り札”となるか、効果に注目が集まっている。

 同省は、これまでのクールビズでも冷房時の室温28度設定による節電を行政機関や企業などに呼び掛けてきたが、必ずしも徹底されてこなかった。スーパークールビズは、軽装基準を大胆に緩めることで「28度では『暑い』『不快』という先入観を払拭し、楽しく涼しげに夏を乗り切る工夫」(環境省)を提案、節電対策への企業などの幅広い参加を促すのが狙いだ。

 同省のドレスコード(服装規定)では、ポロシャツなどのほか、ジーンズ(破れてだらしないものを除く)、スニーカーの着用も認める。従来認めていたチノパンツや沖縄風のかりゆしシャツに加え、職場内では無地のTシャツやサンダル使用もOKだ。ただ派手な柄のTシャツやランニングシャツ、短パン、ビーチサンダルは認めない。

 クールビズは2005年、男性がネクタイや上着の着用をやめることで冷房を室温28度に設定し、省エネや二酸化炭素(CO2)の排出削減を図ろうと、小池百合子環境相(当時)が提案した。女性の服装に関する規定は、これまでも特に定めていない。

(引用ここまで)



ポロシャツやアロハシャツは、OKということですが、現場はそこまで軽装できる職場は少ないと思います。通常のオフィスでは浮いてしまうでしょうし、企業がこの基準をわざわざ発表するとは思えません。


実際に、テレビ番組の中で放送されていたデータは説得力がありました。

東証一部上場主要50社に「スーパークールビズを採用するか」を問うたという。33社から回答があったなかで、「する」はたった2社。6割にあたる20社が「しない」と回答。残りは「未定」で、今後の気温の上昇具合などを見ながら考えるという。

またジーンズもオッケーな今回のスーパークールビズの基準がちょっとずれていると思うのは、私だけではないはずです。ジーンズは、普通のスーツのパンツに比べたら風通しも悪いですし、プラスの効果はないと思います。


とにかく環境省は、このスーパークールビズの推進のため、今後もイベントなどをいろいろやると思いますので順次紹介していきたいと思います。

会社バナー 2

マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング