FC2ブログ

非正規雇用者、厚生年金加入条件を緩和…首相

  • 2011/03/06(日) 13:54:05

非正規雇用者、厚生年金加入条件を緩和する方針ということを首相が
会議で語ったことで、メディアが多数記事としてとりあげました。

運用3号の問題もあり、最近年金に関してはいろいろと話題になっています。

パートの厚生年金加入の適用範囲は拡大したいというのは、10年も前から
語られていましたが、スーパーなどパートを多数活用している事業主から
抵抗があり、実現できていませんでした。

今回、菅首相はほとんど合意はできていると語っていますが
実態はよくわかりません。

私はこのような企業の支援をする側ですので、基本的には
反対です。だからといって国民年金の3号制度には問題もいろいろ
あると考えているので、今後の動きには注目していきたいと
思います。

以下、一番わかりやすかった読売新聞の記事を
代表的に取り上げてご紹介しておきたいと思います。


3月5日 yomiuri online

非正規雇用者、厚生年金加入条件を緩和…首相

菅首相は5日、首相官邸で開かれた社会保障改革に関する集中検討会議で、パートや派遣社員など非正規雇用者の厚生年金への加入拡大について、「ほとんど合意はできている。事業主の理解を得られるように全力を挙げたい」と述べ、実現を急ぐ方針を表明した。

 国の基準では、非正規雇用者は労働時間や労働日数が正社員の4分の3以上でなければ、厚生年金に加入できない。厚生年金は保険料を事業主と労働者が折半していることを踏まえ、首相は「過去の政権ではパートの多い職種、スーパー関係などの反対が強くて実行できなかった」と語り、事業主の理解を得て加入条件を緩和する考えを示した。

 与謝野経済財政相も会議後の記者会見で、「相当数の方が低年金、無年金の世界に自動的に追いやられてしまうのが正しいのか。公平性、将来の社会コストの両面から考えないといけない」と強調した。

(引用ここまで)


会社バナー 2


マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する