FC2ブログ

パソナグループ ボランティア休職制度 4月1日より開始

  • 2011/04/27(水) 23:59:50

パソナグループ ボランティア休職制度 4月1日より開始  パソナグループプレスリリースより

総合人材サービスを展開する株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役 南部靖之、http://www.pasonagroup.co.jp/)は、国内外の社会福祉活動や災害支援を希望する社員を対象に、国内3ヶ月以内・海外2年以内の休職を認める『ボランティア休職制度』を4月1日付に開始いたしました。


パソナグループでは、社員のキャリア形成や夢の実現を支援するため、社員が一定期間休職することを認める『ドリカム休職制度』を2009年に開始しました。制度では、進学や起業・政治活動などのコースを設け、社員それぞれのキャリアデザイン・ライフデザインを支援しています。

そしてこの度、東北関東大震災をきっかけに、新たにボランティア活動での休職を認める『ボランティアコース』を新設いたしました。

パソナグループはこれからも、社員一人ひとりがソーシャル・アクティビストとして社会に貢献していけるよう、多様な人事制度を通じてバックアップしてまいります。


(引用ここまで)

ポイントは、ボランティア休暇ではなく、ボランティア休職であるということ。

休職ということで、期間は少し長めで、国内で3ヶ月以内。


大手企業は、90年代にボランティア休暇制度などをもうけはじめましたが
なかなか利用者が増えず、企業側も悩んでいる企業もありました。

また中堅企業や中小企業なども大手にならって導入するケースもありましたが、
実態が伴わず、制度としてあるだけという悲しい状況になっていましたが
今回の震災をきっかけに、利用者が増えればそれは、喜ばしいことです。

今回パソナは東日本大震災をきっかけに、新たにボランティア活動での
休職を認める『ボランティアコース』を新設したわけですが時代の変化に
すぐに対応したということで、評価すべきです。

パソナグループ NEWS
http://www.pasonagroup.co.jp/news/company/2011/p11040401.html

パソナに関しては、ヤギ入社のニュースもありましたのでご紹介しておきます。
http://mbp-tokyo.com/iwave/column/5274


会社バナー 2


マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング









関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する