FC2ブログ

NTTデータ、従業員1万人にPC 夏の在宅勤務促す

  • 2011/04/30(土) 19:45:33

日経新聞に、「NTTデータ、従業員1万人にPC 夏の在宅勤務促す」というタイトルの記事が掲載されましたので、この夏の節電対策の代表的な事例という位置づけでこの記事をみていきたいと思います。

いろいろな企業が節電策を発表していますが日本を代表する企業のNTTデータの取り組みは参考になりますし、何よりもIT企業の模範事例となることから、業界関係者も注目していることでしょう。

記事によると

NTTデータは今夏、首都圏で働く約1万人の従業員全員にノートパソコンを支給し、全員が在宅勤務できる体制を整える。オフィスをフロア単位で輪番操業する試みと併せて電力需給が逼迫する今夏の節電対策とする考えだ。稼働するオフィスのフロア面積は常時25%減らす方針で、業務効率を落とさずに節電協力できる体制を整える。

(引用ここまで)

節電を徹底するために、今夏は首都圏にある全てのオフィスのフロア面積の約25%を使わない方針の下、節電策を詰めているようでこれはかなり負担の大きいと思われるような取り組みだと思います。

温度の設定などにも注意を払い、15%の電力削減を目指すということです。

この夏は、いずれにしても会社に来るまでの電車に乗っている時間はかなり厳しくなることは確かで、これを機会に在宅勤務をすすめるのはいいことだと思います。

課題は、労働時間管理と情報の流出ということで、中小企業がどのようにマネジメントしていくかは、難しいと思いますが、今回のNTTデータの事例も一部参考にしたほうがいいところもありそうです。

もともとNTTデータは、自宅勤務制度の試験運用を2006年から実行し、2008年度には、自宅勤務制度の運用を開始したと発表していました。

その当時の発表によると、

全社員を対象に上司の承認を得れば、原則として月8回まで自宅勤務できる。自宅勤務では会社が貸し出すPCによるシンクライアント環境でのみ業務が可能。紙媒体の使用を禁止するなど、自宅に情報を残さないようにする。

かなり環境は整っており、今回もすぐに対応できる体制にはなっていたということです。いずれにしても1万人ですから、この人数分のパソコンだけでも大変そうです。

今日は在宅勤務制度について、お届けしました。ワークライフバランスと在宅勤務制度は、切り離せないことから過去にもこのようなテーマについては取り上げてきましたが、今後も節電対策のニュースは多めに取り上げていくことになると思います。

会社バナー 2


マイベストプロ
読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する