FC2ブログ

CKD、生涯現役制度を導入 職人技眠らせず

  • 2011/09/26(月) 07:29:07

9月24日 共同通信


CKD、生涯現役制度を導入 職人技眠らせず 

工業用機械大手のCKD(愛知県小牧市)は、年齢制限を設けず雇用を継続する「生涯現役制度」を来年4月から導入する。これまでの仕事で培った職人技や人脈を眠らせず、会社の戦力として生かす。年齢制限の撤廃は大手企業では珍しく、少子高齢化が進む中、同様の取り組みが広がりそうだ。

 CKDは現在、60歳を定年とし、希望すれば68歳を上限に再雇用している。機械加工の職人や、設計技師、営業マンなど職種を問わずに雇い続け、2010年度は33人の退職者のうち21人を再雇用した。来年4月からは68歳の上限を撤廃する。

(引用ここまで)

今回のニュースは、明るいニュースであり、大手企業の中ではあまりない事例であり、製造業は参考にしたいところであります。

この企業は、定年は60歳、再雇用は68歳までが上限だったのを撤廃したということ。

働きたい人が働ける環境を提供できる企業は素晴らしいと思います。実際に賃金は、大幅に下がっても仕事がしたくてたまらない人もいるわけです。

問題は、体力的に仕事を続けてもらうのが難しい職種の場合です。これは、60歳の定年のときから、いろいろぶつかる問題です。法律では継続雇用と言っても、なかなか中小企業には難しいというのが本音でしょうし、従業員側もよく理解しているところがほとんどです。

しかしながら法律で定めるところがある以上、企業側から一方的な定年退職の通知では問題ありです。場合によっては、トラブルになり、企業側が不利になることもあります。

いろいろな状況がありますが、今回の生涯現役制度はちょっと明るいニュースで「ほっと」させられる何かを感じ取っていただければと思います。

会社バナー 2

マイベストプロ

読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する