FC2ブログ

65歳までの再雇用義務づけを答申…労政審議会

  • 2012/02/27(月) 00:01:15

読売新聞からのニュースです。

ここのところ法改正がたくさんありますが
年金との関連もあり下記の改正案も
大切なところです。

65歳までの再雇用義務づけを答申…労政審議会



 厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会は23日、企業に対して希望者
全員の65歳までの再雇用制度の導入を義務づけることなどを盛り込んだ
高年齢者雇用安定法(高齢法)改正案の要綱を小宮山厚労相に答申した。


 厚労省は3月に改正案を国会に提出し、2013年4月の施行を目指
す。

 厚生年金の支給開始年齢が13年度から25年度にかけて、段階的に6
0歳から65歳に引き上げられることに伴う措置。現在の高齢法では、企
業が定年後に再雇用する人を、勤務評価などで選別する基準を設けること
ができるが、要綱ではこの規定を廃止するとした。

 人件費の増大を懸念する企業側に配慮し、経過措置も設ける。年金の支
給開始年齢を上回る年齢の人については年金収入があることから、13年
度以降も企業が従来の再雇用の選別基準を利用できるとした。

(引用ここまで)

この変更は想定される範囲です。

年金の支給開始年齢の変更とともに働ける期間を長くしなければ
生活に支障が出るのは明らかです。

ただし仕事がない現場も多く、実態としてはなかなかそのような
再雇用者を有効活用できていないことも多いのが現状です。


会社バナー 2

マイベストプロ

読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する