FC2ブログ

再度読みたい本、読む必要のない本

  • 2012/03/30(金) 10:36:31



上記書籍は、ちょっと固めの内容でハードカバーのものですが
タイトルに書いたとおり再度読みたい本の部類に入るので、今やっと
再度読み始めているところです。

見える化や人材育成につきましては、やはりワーク
ライフバランス推進にも関連する項目であり、
お客様にも伝えていきたいことがよくまとまっているので
参考にしています。

社会保険労務士の理論と実際という本は、
10年以上実務をしてきたうえで一度私の考え方を整理して
原点に帰るという意味でも再度読みたい本です。

特に審査請求や再審査請求の事例や解説は、さすがに素晴らしいと
思います。健康保険などの給付、特に傷病手当金などでは計算方法や
労務不能の考え方などで支給決定について
役所とこちらの見解が違うこともあり、給付を受ける権利を
守るためにも法的思考を常に意識していなければなりません。

そのような意味でこの本はわかってはいても何度も読んで理解を
深めることが必要といえます。

一方で、再度読む必要がない本として、役所のリーフレットと変わらない
ような内容が書かれている本があげられます。

たくさんの本が発売されますが、残念ながら上記のような本も人事労務
関連ではたくさんあります。

いざというときに便利なときもありますが、ただ置いておくだけでは
意味がありません。

最近読んでいない書籍もたまるばかりですが、昔に購入した大事な
書籍は、いいものは何度も読んでいこうと思います。

仕事関連だけでなくさまざまなジャンルの本を
バランスをとって読みたいと思います。

会社バナー 2

マイベストプロ

読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する