FC2ブログ

ゴルフ場の従業員の多能化 

  • 2012/06/03(日) 12:40:07

先日のワールドビジネスサテライトで、今後のゴルフ人口が
少なくなることを予想した上で、さまざまな対応をしている
様子を特集として取り上げていました。

その中の1つで
従業員をマルチ化した事により
人件費を2割削減できたゴルフ場の例がありました。

クローク、フロント、食堂と次から次へといろいろな
仕事をしているのですが、働いている本人も意欲が
あがるということを番組ではおっしゃっていました。

従業員のマルチ化というのは以前は旅館の事例が取り上げられる
ことが多かったのですが、今回は栃木県のゴルフ場の事例で
ちょっと意外に思ったのですが、従業員のマルチ化はどの業種でも
必要だと思っています。

このゴルフ場では、客と接する機会が増えて、従業員が
名前を覚えるようになり、親密になり客の満足度も向上
した結果、売上もアップし、人件費も下がったといういいこと
ばかりでした。

ゴルフ場は、サービス業の典型的な事例ですが、真のサービスとは
何かということを考えるとこれこそが、お客の求めているもので
あると私は思います。

その結果としてさらにプレー料金を下げることができればさらに
リピーターが増えることになり、プレーヤーに満足してもらう
ことができるようになります。

工場でも多能化が進んでいるところがありますが、これからは
このマルチ化というのはキーワードになるかと思いますので
ゴルフ場だけでなく、他の業界も参考にしてみるべきといえます。

栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部
http://www.tgc18.com/



会社バナー 2

マイベストプロ

読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する