FC2ブログ

子育て家庭の妻 86%が就労希望

  • 2012/06/11(月) 00:01:40

社会保険労務士の庄司英尚です。

今日は、ワークライフバランス関連で子育て家庭の
調査結果の中で興味深い記事を拝見しましたので
ご紹介します。

サンケイビズより

子育て家庭の妻 86%が就労希望


 子育て家庭の妻の86%が正社員やパートで仕事に就くことを希望していることが、政府の調査結果で分かった。近く閣議決定する2012年版「子ども・子育て白書」に掲載される。長引く景気低迷で賃金水準低下に加え、リストラ、非正規雇用拡大など雇用の不安定さが増す中、夫婦共働き志向が顕著になった。

 調査は11年11月、18歳以下の子供がいて、夫婦で子育てをしている20~49歳の女性を対象に、インターネットを通じて行い、1万2289人から有効回答を得た。回答者の中には、就労中の人と無職の人の両方がいる。

 就労に対する意向を聞いたところ「今後はパートで働きたい」が最多の45.3%。「今後は(今後も)正社員で働きたい」25.8%、「最初はパート、ゆくゆくは正社員で働きたい」14.9%と続き、何らかの形で働きたいと考えている人が計86%に上った。「今後は(今後も)働かない」は11.6%だった。

 地域別でみると、「正社員で働きたい」は、東北35.6%、北陸33.8%、中国・四国28.2%の順。「働かない」は、近畿13.8%、北海道13.5%、首都圏12.8%の順で多かった。

(引用ここまで)

子育て家庭の妻の86%が正社員やパートで仕事に就くことを希望していることが
調査からわかりました。問題は、この希望にこたえることができるように
企業側がどのように対応していくかということです。

働きやすい勤務体系、職場環境、仕事内容、職種などにより
状況はさまざまですが、現実には首都圏と地方でも違います。

夫婦共働き社会が顕著になることにより、産業も変わってきて
新しいビジネスもいろいろうまれることと思います。

限られた時間を有効活用するために、子育てしながら働く女性
向けのニーズをうまくつかみ、新たなビジネスチャンスを
作り出し、経済が活性化することになるといいと思います。

2012年版 平成24年版「子ども・子育て白書」
http://www8.cao.go.jp/shoushi/whitepaper/index-w.html



会社バナー 2



マイベストプロ

読売新聞運営のサイト 「マイベストプロ東京」で街の専門家として紹介されています。コラムも執筆中です。

参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する