FC2ブログ

<コナカ>残業代支払い逃れ 多くの社員を「店長」に

  • 2007/07/06(金) 02:40:07

只今、ブログランキングに参加中です。
まだランキングに参加したばかりです
ので是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  




■ 7月4日 毎日新聞

<コナカ>残業代支払い逃れ 多くの社員を「店長」に

紳士服販売大手のコナカ(本社・横浜市)が、多くの社員を残業代の支払い対象にならない管理・監督者(店長)にし、事実上残業代支払いを免れていたとして、横浜西労働基準監督署が是正指導していたことが分かった。コナカを巡っては、05年2月から約2年間で、従業員約720人に支払うべき残業代などが約9億円に上っていたことが判明している。同労基署は、店長の職務内容や待遇などを明確にし、8月末までに改善状況を報告するよう求めている。
 同労基署は(1)店長が店舗所属の社員の約4割と多い(2)店長に始業・終業時刻に関する実質的な自由裁量が許されていない(3)パート採用の権限が委任されていない(4)年収で店長に次ぐ主任の一部に逆転現象がある――などの問題点を指摘。「総合的に判断して全店舗の店長を管理・監督者と取り扱うことには疑義がある」と結論付けた。
 コナカは今年3月、従業員への残業代など未払い賃金約9億円については支払うと発表したが、店長については特別賞与という形で支払い、残業代は認めていなかった。このため、全国一般東京東部労組コナカ支部が「普通の社員を管理・監督者として扱うことで、残業時間の規制や残業代支払いを免れているのは労働基準法違反に当たるとして、同労基署に申告していた。(引用ここまで)

コナカの残業代未払いは、約9億円でしたが、これは一般労働者の分ということでした。今回は店長分も実質でみて管理監督者には、あたらないということで労働基準監督署は結論を出しており、このような企業は他にもあるので、今後大きな影響を与えそうです。

中小企業のアパレルショップでも身分は店長として雇っているが、実質は常にシフトに入らないとお店が運営できないような場合は、労働時間の決定裁量がないので労働者とみなされ、このような店長に残業代を請求されてしまう可能性もあります。

いずれにしても実態が重視されるのですが、労働契約書や就業規則が重要になってきますので、残業代問題についてはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

只今、ブログランキングに参加中です。
まだランキングに参加したばかりです
ので是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する