FC2ブログ

厚生年金基金脱退の相談

  • 2012/07/12(木) 02:41:25

算定の調査の相談に加えて厚生年金基金の脱退
をしたいという相談がありました。

ただ、厚生年金基金を脱退することはなかなかできないですし、脱退する
としても難しい。そしてお金がかかるので、なかなか現実には実行できな
いという企業も多いです。

もちろん財政状況が比較的いい基金の場合それほど抜ける際にお金はかかりません。

これは過去の債務に対して企業単位に平等で負担するお金であって従業員数が少ないから、
お金が少なくて済むということではありません。

簡単に代行をしてもらいたいといってもいろいろ事前に調査をしないといけないですし
専門的な知識も必要ですが、今回もどこか安易に考えているようで、そのあたりを
理解してもらえたのかどうかちょっと心配でした。

社長と社員1人とか、あるいは社長1人だけとかの零細企業の場合、まず基金を
脱退することがいいのかどうかという判断をしなければなりません。

世間の間違った情報やニュースなどにあおられて正しい判断をできないのは
やむを得ないとしてもこのような状況で信用できる専門家のアドバイスなし
あるいは、丸投げで全部代行してくれというようなことではなく、一緒に
なって窓口に足を運び、資料も一緒に読み解き、問題を解決していく
必要があるのだと思います。

したがって書類1枚書いて終わりということではありません。
複雑な問題解決コンサルティングサービスでありますので、そこを
今回の相談者にもよくわかっていただけないような
感じでしたので、誤った判断をされないといいなあと
ちょっと心配しています。

いずれにしても基金の特徴、決算内容を細かく見ることが必要なのは
いうまでもなく、実際にじっくり対話しコミュニケーションをとりな
がら進めていくと脱退が絶対いいということではないことがわかることも
あります。

もちろん近い将来解散されるかもしれないということであれば
負担金は、安く済むことになるようなのでそれを待つというのも
1つの方法です。

厚生年金基金のことは私もいろいろ事例を勉強していかないと
いけませんが今後このような相談が増えるのは間違いないと
思います。


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング









関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する