FC2ブログ

「さん」の女、「ちゃん」の女

  • 2007/07/16(月) 14:06:54

只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング


株式会社アイウェーブのHP  



今日は、今までのカテゴリーになかったおすすめの本、商品ということでブログを書いてみようと思います。

最近ビジネス本ばかり読むことが多く、なかなか他のジャンルの本を読むことができなかったので、今回読んだ本は、大変新鮮でした。新しい視点で考えることができました。

女性だけでなく男性にもぜひともおすすめの本ですのでぜひ読んでみてください。

その本とは、 「さん」の女、「ちゃん」の女  衿野未矢さん

アマゾンの出版社、著者の紹介によると 女性には「さん」付けと「ちゃん」付けで呼ばれる2種類が存在する。「さん」の女は「一人でも生きていけそう」と言われ「ちゃん」より損をしている!? 「さん」の代表である著者が、多くの女性を取材し「さん」の女が充実した人生を送る指針を提案する。

と書いている。 実際読んでみて、取材にもとづくより細やかな描写が印象的で著者の人間関係の広さもよくわかりました。

私個人的には、第6章の男の目から見た「さん」の女と「ちゃん」の女が、「なるほど。なるほど」の連発で、「そりゃ仕方がないよなあ」とか「似たようなシチュエーションがあったなあ」とか、とてもおもしろく、そして今後に生かしたいと思いました。

それから人事コンサルタントの視点からみると、やはり男性上司の人事評価なども同じようなことがいえるのではないか。仕事ができるコンサルタントの女性(さんタイプ、ちゃんタイプ)が2人いても、ちゃんの女がうまいこと上司を転がしていれば、仕事の評価は一緒だったとしても、結果的には「ちゃんの女」がいい評価を得ていることが多いはずだ。こういった評価にならないようにするために管理職の評価者訓練が行われるのだが、実際は・・・・。

今回は、ちょっとした縁で著者である衿野さんにお会いしたこともあって本をぜひとも読もうと思ったのですが、ほんとうに読んでみてよかったです。きっかけは大事ですが、やはり行動するかどうかは、本人しだいで、これは私のビジネスにおいても一緒であるということを再確認できました。



只今、ブログランキングに参加中です。
是非、応援のクリックを
お願いします↓
ブログランキング



 
関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する