FC2ブログ

Google 福利厚生で遺族年金

  • 2012/08/26(日) 22:23:42

少し前にヤフーニュースのトップページにリンクされた
ニュースで興味深かったグーグルの記事をとりあげてみました。

記事によると、
Googleが死亡社員の遺族に「遺族年金」を支払うことが、同社のチーフピープルオフィサーであるLazlo Bock氏に対するForbesのインタビューで分かった。また、同社の社員の最高年齢は83歳だという。

 Bock氏はGoogleの方針について、在勤中の社員が死亡した場合、年間給与の半額を10年間、遺族に毎年支払うと説明している。さらに、社員に付与されていた全てのストックオプションは行使され、子どもは19歳(フルタイムの学生なら23歳)になるまでの間、月額1000ドルを受け取れるという。
(引用ここまで)

グーグルが突き詰めて考えた結果の答えがこのような制度に
つながるのだと思います。このような制度があったら安心して
働くことができると思いますし、かなり手厚い制度だと
思います。

確かにBock氏が言うとおり、

人生で最も過酷かつ確かな事実は、われわれのほとんどはある時点でパートナーの死に直面するということだ」と思いますので、会社としてできることは何かということにつながるのだと思います。

会社はどうあるべきか、社員にとって会社はどういう位置づけなのか
パートナーは、会社をどのように思っているのか?

いろいろ考えさせられるニュースでした。

会社バナー 2






参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング





関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する