FC2ブログ

解雇をする際の注意点 解雇しても権利濫用で解雇無効といわれることがあるので要注意

  • 2012/10/03(水) 23:59:37

解雇をする際の注意点ですが、
会社は勤務態度が良くないので
解雇しました。しかしその理由では
解雇が無効になってしまう可能性
もありますので注意しましょうと
いう話です。

経営者の方があまりよく理解できて
いない点ですので法律に照らし
あわせて解説します。

30日前に解雇予告しているから大丈夫だと
思っていたらトラブル発生。どうしましょう???

そのような中小企業の社長ももうちょっとだけ
知識があったらこのようなことにならなかったのに
ということがよくあります。

さて解雇について、労働契約法では

 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当で
あると認められない場合は、その権利を濫用したもの
として、無効とする。

と明確に規定しています。

すなわち合理的理由を欠いているもの、一般的な常識で
考えて解雇するには無理があると思われるような場合
権利濫用と判断されることです。

勤務態度が悪いといっても、その内容、注意の過程
改善の期待、その勤務態度が企業経営していくうえで
深刻な影響をもたらすくらいのものといえるかどうかと
いうところまで考えて、解雇しないとトラブルになる
ことがあるということです。

解雇に関しては過去の判例からも余程のことがないと解雇が
有効と判断されないのでその点は注意しないといけません。


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング






関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する