FC2ブログ

高額医療費に年間上限 厚労省、最大60万円の負担減

  • 2012/12/08(土) 07:09:33

少し前の日経新聞からの情報になります。

厚生労働省は高額療養費制度の見直し案をまとめて
発表しましたが、それによると年間の医療費の自己負担額
に新たに上限を設け、がんや難病で長期にわたって医療費
がかさむ患者の負担を軽減することが狙いです。

それでもこの案を実行するには費用の捻出など給付にかかる
部分などいろいろ問題があり、各方面からの反対が避けられず
簡単には進まないのではないかと思われます。

以下一部引用

高額療養費制度は医療機関の窓口で払う自己負担額に
上限を設け、それを上回る部分を健康保険組合など
から償還する制度。

所得に応じて月々の上限額を設定し、年収500万円の
人なら月8万円が上限となる。8万円を超える負担が続く
場合は4カ月目以降の上限がさらに4.4万円に割引される。

厚労省案では新たに年間の上限額を設定する。年収790万円
以上の高所得者は年120万円、年収210万円未満の低所得者は
年33万円を上限とする。

その中間の一般所得者は区分を新たに2つに分けて
年収300万円を超える場合は64万円、300万円以下は53万円を上限とする。

厚労省の試算では新制度を導入した場合、公費負担が20億円増える。
システム改修にも時間がかかるため、消費税8%の引き上げに
合わせて14年度の実施を目指すが、20億円の財源確保は難航しそうだ。
100億円増える給付費は、中小企業の従業員が加入する協会けんぽや
大企業の健保組合などに負担を求める。

(引用ここまで)

会社バナー 2



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する