FC2ブログ

「飲み」は社業、「シャッフル飲み会」で活性化図るIT企業の“組織戦略”

  • 2013/05/10(金) 22:44:08

msn産経ニュース west より

ギャラクシーエージェンシーの「シャッフル飲み会」。

社員同士の情報共有が大きな目的だ=大阪市中央区

 求人サイト運営などインターネットメディア事業などを手掛けるギャラクシー
エージェンシー(大阪市西区)は毎月、金谷元気社長を含めた全社員を対象に
「シャッフル飲み会」を実施している。

社員を1グループ5~6人に分けてランダムにシャッフルし、そのメンバーが会社
負担で飲み会を行い、社員同士の情報共有を図る。誰と当たるかが分からない飲み
会で、親睦を深めようという仕掛け。お酒は会社の“潤滑油”として機能しているようだ。


別の部署が顔を合わせてざっくばらん

 「お互いのことを知ることで、社内でわからないことがあっても、適任者に相談することができる」

 今年4月に入社したばかりの新入社員、同社広報グループの森村優香さんは、シャッフル飲み会のメリットをこう説明する。

 毎月、月初に大阪本社の社員約35人を抽選で5~6グループ(1グループは5~6人)に分ける。その際、同じ部署の社員が同一グループに入らないように配慮している。各グループは1人当たり3千円の予算で飲み会をするが、費用はすべて会社が負担するのが特徴だ。

続きはこちらから



ここまで引用


今まででも似たようなことをやっている企業はあると思いますが
なかなかこのように詳細を聞く機会はなかったので大変参考に
なります。

弊社がサポートする中小企業にもこのような飲み会があったら
いいと思う企業がたくさんあります。

社員30人から40人くらいの会社の場合、仲のいいグループのなかで
交流すればすむので、意外にも話をしたこともない人もいます。

しかしそれでは、コミュニケーションが活発にはなりません。
活性化するための努力をしていないと、相手の仕事を理解する
ことができず企業としての団結力や組織力で他社に負けてしまい
それらが大きな差となってあらわれます。

いざというときは、皆で助け合い、
顔をあわせて積極的な意見交換をして、いい方向にベクトルを
もっていくためにも企業経営者はこのような企画を参考に
してみるといいのではないでしょうか。

会社バナー 2



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する