FC2ブログ

両国探訪  両国の地名の由来 

  • 2013/05/26(日) 07:32:17

最近、近所ではありますが両国に行くことが多い気がします。
両国は、相撲関連のイメージでしたが
実はなんだかとても落ち着く街です。

仕事でも行くことがありますが、休日は休日で
街の景色は変るところがいいのかもしれません。

両国同様に清澄白河も好きな街でどちらも
家から徒歩圏なので私のダイエットのための
散歩コースになっているのと同時に、両方には共通する
ある特徴があります。

それは、庭園です。

清澄白河からすぐの清澄庭園は、ご存知の方も
多いと思いますがかなり豪華で広いですし、
入場は有料ですが、一度は行く価値があると
思います。まあまあ年配の方におすすめです。

一方両国には、旧安田庭園という無料で入れる庭園が
あります。

旧安田庭園
旧安田庭園

旧安田庭園の歴史については割愛するとして
その庭園付近にもまた別途公園があり墨田区も
なかなか江東区同様散歩するにはいいところです。

さて両国という街をちょっと気になって調べていると
なかなかおもしろい事実を発見。せっかくなので
ご紹介します。

両国という名前が全国に知られているのは両国国技館に
よるところが大きいと思いますが、その両国は東京都墨田区にあり、
JR総武線の駅名にもなっています。

さて、この両国という地名ですが、その由来は、江戸時代に
明暦の大火があったことで両国橋ができたころに遡ります。

江戸時代当時、隅田川の東側は下総国、西側が武蔵国で、
二つの国に架かる橋ということで両国橋となり、そして
東京になってから二つの国がひとつになり、その橋の
名からこの両国という地名になったといわれています。

なお現在の隅田川花火大会は、以前は「両国花火大会」と
いう名前だったそうなので、せっかくなのでこれを
機会に覚えておくといいですね。

会社バナー 2



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する