FC2ブログ

富士通 早期退職優遇制度 募集より3割多い応募

  • 2013/05/25(土) 07:48:42

富士通が、子会社も含めて募集していた早期希望退職
制度に3割上回る応募があったことを発表しました。

いずれにしても早期退職優遇制度にそれだけ
メリットがあったということも考えられます。

富士通といえば、名門企業で日本の企業においては
一時期憧れの企業ということもありました。

私も会津に工場があったことから富士通にはいいイメージを
もっていましたが、成果主義の話題では必ずといって
取り上げられることもあり、人事関連業務に携わっている
私としては複雑な思いのある企業でもあります。

いずれにしてもスリム化は、避けられない中で今後
どのように立て直していくのか楽しみです。



サンケイビズより

富士通は23日、管理職や半導体子会社で募集していた早期退職優遇制度に合計で2454人が応募した、と発表した。予想していた1900人を3割上回る応募があったが全員に適用、原則として6月30日付の退職とする。早期退職に伴う関連費用は前期(2013年3月期)に特別損失として計上ずみなので、今期の業績には影響しない。

 同社は半導体事業などのリストラの一環として、4月から早期退職を募集していた。主に富士通の50歳以上の管理職を対象にした募集では、想定していた300人程度に対し491人が応募。半導体子会社の富士通セミコンダクターとグループ会社の従業員を対象にした募集では、想定していた1600人程度に対し1963人の応募があった。

会社バナー 2



参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する