FC2ブログ

電話番を兼ねているお昼休みは、労働時間として賃金請求される?

  • 2013/07/11(木) 07:52:42

従業員が少ない中小企業などでは、
お昼休みは事務の女性が、電話番を兼ねて
デスクでお昼をとっていたりすることがありますが、
それは大変危険です。

電話番などの手待ち時間は、労働時間としてみなされる
可能性が高いので休憩時間を1時間とすると
2年分全部請求されたら考えただけでこわいですね。

手待ち時間は休憩時間ではなく,労働時間にあたります。
実際に電話がかかってこなかったり,来客がなかったと
しても,手待ち時間として労働していたことになりますので
訴えられたらかなりまずいということです。

そのような従業員側をサポートする弁護士のサイトは
山ほどありますし、未払い残業代の請求に加えられて
いることも増えています。

中小企業にはほんとうに難しいところですが、
電話番が必要であれば、当番制をとり、交替で休憩を
とらせる必要もありますし、留守番電話をきちんとセット
する、秘書電話を活用するなどで対応したいところです。

会社が従業員が休憩時間に外出しないことをいいことに
電話番をさせて、休憩時間の自由を奪っている場合には、
それが命令していなくても債務不履行で損害賠償請求
されることもあるということをよく理解しておいてください。

会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する