FC2ブログ

大企業の4割、女性管理職ゼロ…製造業ほど遅れ

  • 2013/08/14(水) 19:51:16

大企業の4割、女性管理職ゼロ…製造業ほど遅れ

このたび帝国データバンクから貴重なデータが発表されました。
ヤフーニュースのトピックスにもなっていますが、
その内容をみてみるとちょっと残念でした。これが現実であると
いうことを冷静に受け止めざるを得ないのかもしれません。

安倍政権が目指している女性の登用促進はかなり険しい道のりです。

調査によると、大企業の40・2%は女性管理職が1人もいなかっただけでなく
、今後、女性管理職の増加を見込む企業は22・0%にとどまり、59・7%は
「変わらない」と答えています。

これでは将来的にみても、のぞむような姿には遠く及びませんが
やはり女性管理職を多くしなければいけない理由がいまいち
わかりにくく伝わっていないことにも原因はあると思います。

しかしながら企業の体質がそう簡単に変わるわけでもないですので
私もそもそもどうして?? 女性の役員登用をすすめないといけない
のかということをゼロベースで考えないといけないと思っています。

男性女性に関係なく、優秀なヒトを登用するのが本筋であって
女性は1人役員にいれなさいという、国の押し付けた考え方は
今の時代に理解されないのではないかと思う次第です。


読売新聞より

大企業の4割、女性管理職ゼロ…製造業ほど遅れ


帝国データバンクは14日、全国の1万395社を対象にした調査(7月19日~31日実施)によると、管理職(課長職相当以上)のうち女性社員の割合が10%に満たない企業が全体の81・1%に達することが分かった。安倍政権が成長戦略の柱として掲げる女性社員の活用がなかなか進んでいない実態が裏付けられた。

 女性管理職の割合が10%に満たない企業を規模別でみると、大企業で88・7%、中小企業が78・8%、小規模企業71・6%となり、大企業ほど登用が遅れている。業種別では農林水産が97・3%、建設85・8%、製造85・3%など製造業ほど遅れが目立った。女性の登用が比較的進んでいる小売りは67・8%だった。

 安倍政権は上場企業に対して女性役員を少なくとも1人以上は登用するように求めている。だが、大企業の40・2%は女性管理職が1人もいなかった。また、今後、女性管理職の増加を見込む企業は22・0%にとどまり、59・7%は「変わらない」と答えた。




会社バナー 2






参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する