FC2ブログ

十六橋  八重の桜 ゆかりの地を観光

  • 2013/08/15(木) 07:05:45

十六橋 国土交通省


少し前になりますが、八重の桜に出てくる会津のマニアックな名所をまわってみました。
大河ドラマ八重の桜は、視聴率や構成、内容も含めていろいろいわれ
いますがやはり、いいものはいいですし、涙なしではみられない
シーンも多数ありました。方言指導、男性俳優陣も演技が素晴らしく
容保を演じた綾野剛は、役にほんとうに入り込んでいました。

さてゆかりの地をめぐる第一弾は、無難に鶴ヶ城といいたいところ
ですが、ちょっと変化球で攻めました。それでも八重の桜ファンの方なら
ご存知のあの十六橋です。写真は国土交通省から引用ですが
水門とセットになっています。

十六橋は、福島県耶麻郡猪苗代町と会津若松市に跨る一級水系阿賀野
川水系日橋川に架かる橋。猪苗代湖にほど近い場所にあり、
、名前の由来は、弘法大師が16の塚を作り橋を
作ったといわれています。

野口英世がその昔、やけどの治療をするために猪苗代から
会津若松へ向かったときもこの橋を通っていたということですから
この橋は、要所であったことは確かです。

さて、肝心の戊辰戦争のその後の運命を左右した十六橋の戦いについては、
わかりやすく書いてあるサイトを紹介しておきます。


http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/6618/honmon/19.html

http://www.yae-mottoshiritai.jp/ashiato/battle-juurokuhashi.html


しばらく経ったら次回は、日新館をアップしたいと思います。




会社バナー 2







参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する