FC2ブログ

誕生日をどう活用するか 企業の人事施策 

  • 2013/10/22(火) 20:00:21

企業が従業員への福利厚生として誕生日に何かをしてあげたいと
いう話をよく聞くのですが、なかなか実現していないあるいは
人数が増えすぎてできなくなったとか、部署単位でのイベントに
縮小されたという話はよくあります。


それでは企業はせっかくの従業員の誕生日という記念日を
どのようにいかせばいいのでしょうか?

考えられるのは、

1 特別休暇を与える
2 誕生日会という名目で飲み会をする。(会社費用補填)
3 社長と食事し、意見交換できる場を与える
4 プレゼントを贈る
5 お祝いのカードを贈る
6 お花を贈る(本人ではなく、奥さんあるいは家族へ)
7 書籍を贈る(例えばタイトルが「30代に読んでおきたい本」など)


そもそもの目的はコミュニケーションの活性化と本人には感謝の気持ちを
表現することです。

いずれにしても100人くらいまでの中小企業であれば、お金はあまりかけずに
本人への効果があって職場の雰囲気が良くなれば、いいのです。

コミュニケーションが今まで以上に
とれるようになることを期待して
投資と考えて思い切って
上記2つくらいを組み合わせたりしてもいいかもしれません。

いずれにしてもアニバーサリーは大切にするとともに会社の創立記念日は
経営者自らが強く意識して、1年ごとの区切りをしっかりつけるように
したいところであります。


会社バナー 2





参考になったと
思われた方は、お手数ですが
応援のクリックを
お願いします。

     ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

社内での誕生日のお祝いの飲み会  本音は迷惑?

社内での誕生日のお祝いの飲み会  本音は迷惑? 先日、社員の誕生日をどのように有効に活用するか というブログを人事部の人、経営者向けに 書いたつもりでありますが、その後、いろいろ調査 したり、ヒアリングしたところ、いろいろ本音が 出てきて、おもしろいネタにもなるものが ありました。 ネット上だと書きたい放題で今は、はっきりと時間外で 義務がないなら、興味ないので帰りま...

  • From: 日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長のブログ |
  • 2013/10/29(火) 16:01:11

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する